エコチル調査とは、子どもたちが健やかに成長できる地球環境を未来に残すため
環境省が2011年から実施している大規模調査です

遊ぼう 学ぼう

ぴよきちクッキング♪

桜えびのチャーハン
(レシピ&栄養のお話)千葉大学大学院 管理栄養士:佐藤 由美

離乳食を卒業したお子さんのための はじめてレシピ

お酒や瓶の持ち運びに
■材料(お母さんとお子さんの分)

ごはん・・・・・・・・・・300g
卵(食塩少々を加える)・・ 1コ
小松菜(みじん切り)・・・ 2株
桜えび(あらきざみ)・・・ 大さじ2
ごま油・・・・・・・・・・ 小さじ1
鶏がらだし・・・・・・・・ 少々
食塩・・・・・・・・・・・ 少々
こしょう・・・・・・・・・ 少々

つくり方

① 熱したフライパンにごま油をひき、卵を炒めます。
② 卵が半熟状になったらごはん、小松菜、桜えびの順に加えてよく炒め合わせます。
③ 鶏がらだし少々で薄味をつけ、1/3量をお子さんの分として取り分けます。
④ 残りの2/3量を、鶏がらだし、食塩、こしょうで味付けしてお母さんの分とします。
⑤ 小さいお子さんの分は小さく丸めておにぎりにすると、手づかみ食べができます。

ポイント

生のえびよりも、桜えびのような乾燥品の方がアレルギー症状は出にくいと言われています。
また、桜えびはカルシウムが豊富で、大さじ2杯で120mgのカルシウムが摂れます。

ページトップへ