エコチル調査とは、子どもたちが健やかに成長できる地球環境を未来に残すため
環境省が2011年から実施している大規模調査です

エコチル調査でわかってきたこと

毎年開催されている「エコチル調査シンポジウム」では、エコチルでわかってきたことや調査の進捗状況が発表され、その動画も公開されています。

エコチル調査シンポジウム(環境省エコチル調査のサイトへ)



たとえば、アレルギーについてこんなことがわかっています

<エコチル調査の自記式質問票の回答による集計結果(2015年11月20日時点のデータに基づく暫定的な結果)>

年齢を重ねるごとに、ぜん息、アトピー性皮ふ炎、花粉症を経験したお子さんが増えています。
また、花粉症のお子さんの数は、地域によって差が見られます。

※環境省主催のエコチル調査5周年記念シンポジウムで公表されたデータ

エコチル調査でわかってきたこと
ページトップへ