業績

2020年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Nishizawa-Jotaki S, Sakurai K, Eguchi A, Tanabe H, Watanabe M, Mori C.
Association between mercury in cord serum and sex-specific DNA methylation in cord tissues.
J Dev Orig Health Dis. 2020 Apr 3:1-8. doi: 10.1017/S2040174420000161. Epub 2020.4.3. PMID: 32241331.

Tanoue Y, Nomura S, Yoneoka D, Kawashima T, Eguchi A, Shi S, Harada N, Miyata H.
Mental health of family, friends, and co-workers of COVID-19 patients in Japan.
Psychiatry Res. 2020 Sep;291:113067. doi: 10.1016/j.psychres.2020.113067. Epub 2020.5.6. PMID: 32535504.

Derakhshan A, Peeters RP, Taylor PN, Bliddal S, Carty DM, Meems M, Vaidya B, Chen L, Knight BA, Ghafoor F, Popova PV, Mosso L, Oken E, Suvanto E, Hisada A, Yoshinaga J, Brown SJ, Bassols J, Auvinen J, Bramer WM, López-Bermejo A, Dayan CM, French R, Boucai L, Vafeiadi M, Grineva EN, Pop VJM, Vrijkotte TG, Chatzi L, Sunyer J, Jiménez-Zabala A, Riaño I, Rebagliato M, Lu X, Pirzada A, Männistö T, Delles C, Feldt-Rasmussen U, Alexander EK, Nelson SM, Chaker L, Pearce EN, Guxens M, Steegers EAP, Walsh JP, Korevaar TIM.
Association of maternal thyroid function with birthweight: a systematic review and individual-participant data meta-analysis.
Lancet Diabetes Endocrinol. 2020 Jun;8(6):501-510. doi: 10.1016/S2213-8587(20)30061-9. Available online 2020.5.20. PMID: 32445737.

Takayuki Kawashima, Shuhei Nomura, Yuta Tanoue, Daisuke Yoneoka, Akifumi Eguchi, Shoi Shi, Hiroaki Miyata.
The relationship between fever rate and telework implementation as a social distancing measure against the COVID-19 pandemic in Japan.
Public Health. DOI: https://doi.org/10.1016/j.puhe.2020.05.018. Available online 2020.5.22.

Shi S, Tanaka S, Ueno R, Gilmour S, Tanoue Y, Kawashima T, Nomura S, Eguchi A, Miyata H, Yoneoka D.
Travel restrictions and SARS-CoV-2 transmission: an effective distance approach to estimate impact.
Bull World Health Organ. 2020 Aug 1;98(8):518-529. doi: 10.2471/BLT.20.255679. Epub 2020.5.28. PMID: 32773897. PMCID: PMC7411317.

Yoneoka D, Kawashima T, Tanoue Y, Nomura S, Ejima K, Shi S, Eguchi A, Taniguchi T, Sakamoto H, Kunishima H, Gilmour S, Nishiura H, Miyata H.
Early SNS-Based Monitoring System for the COVID-19 Outbreak in Japan: A Population-Level Observational Study.
J Epidemiol. 2020 Aug 5;30(8):362-370. doi: 10.2188/jea.JE20200150. Epub 2020.5.30. PMID: 32475884.

Kubo Y, Fukuoka H, Kawabata T, Shoji K, Mori C, Sakurai K, Nishikawa M, Ohkubo T, Oshida K, Yanagisawa N, Yamashiro Y.
Distribution of 5-Methyltetrahydrofolate and Folic Acid Levels in Maternal and Cord Blood Serum: Longitudinal Evaluation of Japanese Pregnant Women.
Nutrients. 2020 Jun 1;12(6):1633. doi: 10.3390/nu12061633. Published online 2020.6.1. PMID: 32492914.

Fröhlich M, Koga C, Bührer C, Mori C, Yamamoto M, Sakurai K, Hinkson L; Japan Environment, Children’s Study Group.
Differences in Rate and Medical Indication of Caesarean Section between Germany and Japan.
Pediatr Int. 2020 Sep;62(9):1086-1093. doi: 10.1111/ped.14340. PMID: 32534466. First published 2020.6.13. PMID: 32534466.

Hino K, Usui H, Hanazato M.
Three-Year Longitudinal Association Between Built Environmental Factors and Decline in Older Adults’ Step Count: Gaining insights for Age-Friendly Urban Planning and Design.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Jun 14;17(12):4247. doi: 10.3390/ijerph17124247. Published online 2020.6.14. PMID: 32545896.

Nakagomi A, Shiba K, Hanazato M, Kondo K, Kawachi I.
Does community-level social capital mitigate the impact of widowhood & living alone on depressive symptoms?: A prospective, multi-level study.
Soc Sci Med. 2020 Aug;259:113140. doi: 10.1016/j.socscimed.2020.113140. Epub 2020.6.26. PMID: 32645611.

Nomura S, Yoneoka D, Tanoue Y, Kawashima T, Shi S, Eguchi A, Miyata H.
Time to Reconsider Diverse Ways of Working in Japan to Promote Social Distancing Measures against the COVID-19.
J Urban Health. 2020 Aug;97(4):457-460. doi: 10.1007/s11524-020-00464-4. Epub 2020.6.30. PMID: 32607842.

Norimichi Suzuki, Hiroko Nakaoka, Yoshitake Nakayama, Kayo Tsumura, Kohki Takaguchi, Kazunari Takaya, Akifumi Eguchi, Masamichi Hanazato, Emiko Todaka, Chisato Mori.
Association between sum of volatile organic compounds and occurrence of building-related symptoms in humans: A study in real full-scale laboratory houses.
Science of The Total Environment. 2021 Jan 1;750:141635. doi: 10.1016/j.scitotenv.2020.141635. Epub 2020.8.15. PMID: 32882497.

Nomiyama K, Tsujisawa Y, Ashida E, Yachimori S, Eguchi A, Iwata H, Tanabe S.
Mother to Fetus Transfer of Hydroxylated Polychlorinated Biphenyl Congeners (OH-PCBs) in the Japanese Macaque ( Macaca fuscata): Extrapolation of Exposure Scenarios to Humans.
Environ Sci Technol. 2020 Sep 15;54(18):11386-11395. doi: 10.1021/acs.est.0c01805. Epub 2020.8.27. PMID: 32786554.

Hoa Thanh Nguyen, Lingyun Li, Akifumi Eguchi, Kurunthachalam Kannan, Eun-Young Kim, Hisato Iwata.
Effects on the liver lipidome of rat offspring prenatally exposed to bisphenol A.
Sci Total Environ. 2020 Nov 10;143466. doi: 10.1016/j.scitotenv.2020.143466. Epub 2020.11.10. PMID: 33243495.

Shiba K, Hanazato M, Aida J, Kondo K, Arcaya M, James P, Kawachi I.
Cardiometabolic Profiles and Change in Neighborhood Food and Built Environment Among Older Adults: A Natural Experiment.
Epidemiology. 2020 Nov;31(6):758-767. doi: 10.1097/EDE.0000000000001243. PMID: 33003147.

Nomura S, Kawashima T, Yoneoka D, Tanoue Y, Eguchi A, Gilmour S, Kawamura Y, Harada N, Hashizume M.
Trends in suicide in Japan by gender during the COVID-19 pandemic, up to September 2020.
Psychiatry Res. 2021 Jan;295:113622. doi: 10.1016/j.psychres.2020.113622. Epub 2020.12.1. PMID: 33290942.

Koga C, Tsuji T, Hanazato M, Suzuki N, Kondo K.
Elder Abuse and Depressive Symptoms: Which is Cause and Effect? Bidirectional Longitudinal Studies From the JAGES.
J Interpers Violence. 2020.12.7. 886260520967135. doi: 10.1177/0886260520967135. Online ahead of print. PMID: 33280484.

Nishigaki M, Hanazato M, Koga C, Kondo K.
What Types of Greenspaces Are Associated with Depression in Urban and Rural Older Adults? A Multilevel Cross-Sectional Study from JAGES.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Dec;17(24):9276. doi: 10.3390/ijerph17249276. Published online 2020.12.11. PMID: 33322467.

Uryu S, Tanoue Y, Nomura S, Matsuura K, Makiyama K, Kawashima T, Yoneoka D, Eguchi A, Kawamura Y, Gilmour S, Sakamoto H, Shimizu K, Ng CFS, Hashizume M.
Trends in emergency transportation due to heat illness under the new normal lifestyle in the COVID-19 era, in Japan and 47 prefectures.
Sci Total Environ. 2021 May 10;768:144723. doi: 10.1016/j.scitotenv.2020.144723. Epub 2021.1.7. PMID: 33454494.

Nishida M, Hanazato M, Koga C, Kondo K.
Association between Proximity of the Elementary School and Depression in Japanese Older Adults: A Cross-Sectional Study from the JAGES 2016 Survey.
Int J Environ Res Public Health. 2021 Jan 9;18(2):500. doi: 10.3390/ijerph18020500. PMID: 33435418.

Nomura S, Kawashima T, Yoneoka D, Tanoue Y, Eguchi A, Gilmour S, Hashizume M.
Trends in deaths from road injuries during the COVID-19 pandemic in Japan, January to September 2020.
Inj Epidemiol. 2021 Jan 18;7(1):66. doi: 10.1186/s40621-020-00294-7. Published online 2021.1.18. PMID: 33256821.

Midori Yamamoto, Kenichi Sakurai, Chisato Mori, Akira Hata.
Participant mothers’ attitudes toward genetic analysis in a birth cohort study.
J Hum Genet. 2021.1.25. doi: 10.1038/s10038-020-00894-7. Online ahead of print. PMID: 33495570.

Yoneoka D, Shi S, Nomura S, Tanoue Y, Kawashima T, Eguchi A, Matsuura K, Makiyama K, Uryu S, Ejima K, Sakamoto H, Taniguchi T, Kunishima H, Gilmour S, Nishiura H, Miyata H.
Assessing the regional impact of Japan’s COVID-19 state of emergency declaration: a population-level observational study using social networking services.
BMJ Open. 11(2):e042002. doi: 10.1136/bmjopen-2020-042002. Published online 2021.2.15. PMID: 33589454.

Neighborhood sidewalk environment and incidence of dementia in older Japanese adults: the Japan Gerontological Evaluation Study cohort.
Tani Y, Hanazato M, Fujiwara T, Suzuki N, Kondo K.
Am J Epidemiol. 2021 Feb 19:kwab043. doi: 10.1093/aje/kwab043. Online ahead of print. PMID: 33604662.

Kanamori M, Hanazato M, Kondo K, Stickley A, Kondo N.
Neighborhood farm density, types of agriculture, and depressive symptoms among older farmers: a cross-sectional study.
BMC Public Health. 2021 Mar 4;21(1):440. doi: 10.1186/s12889-021-10469-6. Published online 2021.3.4. PMID: 33663434.

Eguchi A, Matsukami H, Takahashi A, Kajiwara N.
Simultaneous determination of polybrominated diphenyl ethers and hexabromocyclododecane in plastic waste by short-column gas-chromatography-quadrupole mass spectrometry and electron capture detector.
Chemosphere. 2021.3.18. 277:130301. doi: 10.1016/j.chemosphere.2021.130301. Online ahead of print. PMID: 33794427.

Makiyama K, Kawashima T, Nomura S, Eguchi A, Yoneoka D, Tanoue Y, Kawamura Y, Sakamoto H, Gilmour S, Shi S, Matsuura K, Uryu S, Hashizume M.
Trends in Healthcare Access in Japan during the First Wave of the COVID-19 Pandemic, up to June 2020.
Int J Environ Res Public Health. 2021.3.22. 18(6):3271. doi: 10.3390/ijerph18063271. PMID: 33809955.

Kawashima T, Nomura S, Tanoue Y, Yoneoka D, Eguchi A, Ng CFS, Matsuura K, Shi S, Makiyama K, Uryu S, Kawamura Y, Takayanagi S, Gilmour S, Miyata H, Sunagawa T, Takahashi T, Tsuchihashi Y, Kobayashi Y, Arima Y, Kanou K, Suzuki M, Hashizume M.
Excess All-Cause Deaths during Coronavirus Disease Pandemic, Japan, January-May 2020.
Emerg Infect Dis. 2021 Mar;27(3):789-795. doi: 10.3201/eid2703.203925. PMID: 33622468.

【査読論文】和文

下条直樹.
小児のアトピー性皮膚炎.
臨床免疫・アレルギー科. 75(1), 42-49. 2021年1月.

下条 直樹.
アレルギー疾患とマイクロバイオーム.
アレルギー = Japanese journal of allergology. 70(1), 19-25. 2021年2月17日.

【その他学術論文・プロシーディングス】

櫻井健一, 篠宮正樹, 橋本尚武, 千葉県糖尿病対策推進会議, 三村正裕, 高綱陽子, 栗林伸一, 江本直也, 小谷野肇, 藤田伸輔, 竹本稔, 海村孝子.
千葉県における糖尿病網膜症診療の実態調査―千葉県糖尿病対策推進会議報告―
Survey on the Actual Conditions of Medical Care for Diabetic Retinopathy by Internal Medicine and Ophthalmic Medical Institutions in Chiba Prefecture – A Report from Chiba Council for Promotion of Countermeasures Against Diabetes -.
糖尿病. 2020年4月30日. 63(4), 163-171.

花里真道, 長嶺由衣子.
environmental health science 環境健康科学 : 環境健康科学の2つのアプローチ (特集 Nuts and Bolts of Public Health×総合診療) — (学問分野としてのpublic health概略).
治療. 2020年8月1日. 102(8), 954-957.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

森千里.
環境汚染物質と必須微量元素の曝露によるヒト胎児影響のバイオマーカー検索.
第11回山田養蜂場みつばち研究助成基金成果発表会. 岡山県苫田郡鏡野町. 2020年9月29日.

森千里.
Chiba University-Strategic Initiatives of Industry-Academia Collaboration in Europe.
千葉ドイツ医療機器国際連携WEBセミナー. 2020年10月28日.

【一般発表】国内

髙橋朋子, 田邉裕美, 江口哲史, 渡邉応宏, 櫻井健一, 森千里.
ヒト臍帯組織のテロメア長と母体血および臍帯血polychlorinated biphenyl(PCB)濃度の関連.
第47回日本毒性学会学術年会. Web開催. 2020年6月29日-7月1日. e-Poster P-217.

花里真道.
都市・建造環境と健康 ~研究と社会実装の観点から~.
第75回日本体力医学会大会. Web開催. 2020年9月24日-26日. シンポジウム17-2.

古賀千絵.
高齢者虐待と地域レベルの社会的凝集性との関連マルチレベル横断研究JAGES2016.
第79回日本公衆衛生学会総会. オンライン開催. 2020年10月21日. 口頭発表O-7-1-1.

花里真道.
産官学研究による健康都市・空間デザインのキーテクノロジー開発と社会実装.
第79回日本公衆衛生学会総会. オンライン開催. 2020年10月21日. シンポジウムB8-2.

櫻井健一.
千葉こども調査(C-MACH)について-探索的研究としての役割-.
第79回日本公衆衛生学会総会. オンライン開催. 2020年10月21日. シンポジウムB6-4.

髙橋朋子, 江口哲史, 渡邉応宏, 櫻井健一, 森千里.
千葉子ども調査における臍帯組織テロメア長と母体血・臍帯血中PCB濃度の関連.
日本人類遺伝学会第65回大会. Web開催. 2020年11月18日. 口頭発表O15-3.

【その他の講演(市民講座)】

森千里.
ミッションとパッション(使命と情熱).
千葉大学教育学部附属中学校「附中探Q記」発表会における講演. 千葉県千葉市. 2020年11月30日.

原稿掲載

森千里
「予防原則」で環境汚染物質から子どもを守るもっとも重要な妊娠・胎児期
雑誌食べもの通信596号 2020年10月1日

戸髙恵美子, 森千里.
化学物質に満たされたコップの中の子どもたち
『世界』(岩波書店)2021年3月号「特集:21世紀の公害」 2021年2月8日

報道

【新聞】

予防医学センター
コロナ禍児童に影響は?:心身の健康定期調査
毎日新聞朝刊18面 2021年2月11日

近藤克則
120年後の医学・医療は
毎日新聞 2021年2月25日

近藤克則
孤独・孤立 必要な対策は:政府が省庁横断会議
日本経済新聞 2021年3月13日

予防医学センター
子どもの健康調査:コロナ後生活習慣や環境影響 教育学部付属小と共同で
毎日新聞朝刊24面 2021年3月25日

2019年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Eguchi A, Yanase K, Yamamoto M, Sakurai K, Watanabe M, Todaka E, Mori C.
The relationship of maternal PCB, toxic, and essential trace element exposure levels with birth weight and head circumference in Chiba, Japan.
Environ Sci Pollut Res Int. 2019 May;26(15):15677-15684. doi: 10.1007/s11356-019-05009-0 Epub 2019 4.4. PMID: 30949941.

Amemiya A, Saito J, Saito M, Takagi D, Haseda M, Tani Y, Kondo K, Kondo N.
Social Capital and the Improvement in Functional Ability among Older People in Japan: A Multilevel Survival Analysis Using JAGES Data.
Int J Environ Res Public Health. 2019.4.12. 16(8):1310. doi: 10.3390/ijerph16081310. PMID: 31013681. PMCID: PMC6518128.

Sakurai K, Shioda K, Eguchi A, Watanabe M, Miyaso H, Mori C, Shioda T.
DNA methylome of human neonatal umbilical cord: Enrichment of differentially methylated regions compared to umbilical cord blood DNA at transcription factor genes involved in body patterning and effects of maternal folate deficiency or children’s sex.
PLoS One. 2019.5.7;14(5):e0214307. doi: 10.1371/journal.poD8,D10:W1107. eCollection 2019. PMID: 31063509. PMCID: PMC6504184.

Sato Y, Sakurai K, Tanabe H, Kato T, Nakanishi Y, Ohno H, Mori C.
Maternal gut microbiota is associated with newborn anthropometrics in a sex-specific manner.
J Dev Orig Health Dis. 2019.5.20:1-8. doi: 10.1017/S2040174419000138. PMID: 31106719.

Ikeda T, Tsuboya T, Aida J, Matsuyama Y, Koyama S, Sugiyama K, Kondo K, Osaka K.
Income and education are associated with transitions in health status among community-dwelling older people in Japan: the JAGES cohort study.
Fam Pract. December 2019 18;36(6):713-722. doi: 10.1093/fampra/cmz022. Advance Access publication 2019.5.21. PMID: 31111875.

Saito J, Haseda M, Amemiya A, Takagi D, Kondo K, Kondo N.
Community-based care for healthy ageing: lessons from Japan.
Bull World Health Organ. 2019 Aug 1;97(8):570-574. doi: 10.2471/BLT.18.223057. Epub 2019.6.3. PMID: 31384075. PMCID: PMC6653820.

Watanabe R, Kondo K, Saito T, Tsuji T, Hayashi T, Ikeda T, Takeda T.
Change in Municipality-Level Health-Related Social Capital and Depressive Symptoms: Ecological and 5-Year Repeated Cross-Sectional Study from the JAGES.
Int J Environ Res Public Health. 2019.6.8;16(11):2038. doi: 10.3390/ijerph16112038. PMID: 31181718. PMCID: PMC6604020.

Kei Nomiyama, Akifumi Eguchi, Kohki Takaguchi, Jean Yoo, Hazuki Mizukawa, Tomoko Oshihoi, Shinsuke Tanabe, Hisato Iwata.
Targeted metabolome analysis of the dog brain exposed to PCBs suggests inhibition of oxidative phosphorylation by hydroxylated PCBs.
Toxicology and applied pharmacology. 377 114620-114620. 2019.8.15. DOI:10.1016/j.taap.2019.114620. Epub 2019.6.10. PMID: 31195005.

Tsuji T, Kanamori S, Miyaguni Y, Hanazato M, Kondo K.
Community-Level Sports Group Participation and the Risk of Cognitive Impairment.
Med Sci Sports Exerc. 2019 Nov;51(11):2217-2223. doi: 10.1249/MSS.0000000000002050. Epub 2019.6.13. PMID: 31205226. PMCID: PMC7028475.

Hino K, Taniguchi A, Hanazato M, Takagi D.
Modal shift from cars and promotion of walking by providing pedometers in Yokohama City, Japan.
International journal of environmental research and public health 2019.6.17;16(12):2144 doi: 10.3390/ijerph16122144. PMID: 31212994.

Hirai H, Ichikawa M, Kondo N, Kondo K.
The risk of functional limitations after driving cessation among older Japanese adults: the JAGES cohort study.
J Epidemiol. 2020 Aug 5;30(8):332-337. doi: 10.2188/jea.JE20180260. Epub 2019.6.22. PMID: 31231096.

Abbas H, Aida J, Saito M, Tsakos G, Watt RG, Koyama S, Kondo K, Osaka K.
Income or education, which has a stronger association with dental implant use in elderly people in Japan?
Int Dent J. 2019 Dec;69(6):454-462. doi: 10.1111/idj.12491. Epub 2019.6.27. PMID: 31250446.

Yokomichi H, Kondo K, Nagamine Y, Yamagata Z, Kondo N.
Dementia risk by combinations of metabolic diseases and body mass index: Japan Gerontological Evaluation Study Cohort Study.
J Diabetes Investig. 2020 Jan;11(1):206-215. doi: 10.1111/jdi.13103. Epub 2019.7.2. PMID: 31207179. PMCID: PMC6944839.

Jeong S, Inoue Y, Kondo K, Ide K, Miyaguni Y, Okada E, Takeda T, Ojima T.
Correlations between Forgetfulness and Social Participation: Community Diagnosing Indicators.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Jul 8;16(13):2426. doi: 10.3390/ijerph16132426. Published online 2019.7.8. PMID: 31288464. PMCID: PMC6651557.

Nishizawa T, Morita A, Fujiwara T, Kondo K.
Association between childhood socioeconomic status and subjective memory complaints among older adults: results from the Japan Gerontological Evaluation Study 2010.
Int Psychogeriatr. 2019 Dec;31(12):1699-1707. doi: 10.1017/S1041610219000814. Epub 2019.7.18. PMID: 31317850.

Yamada K, Kubota Y, Tabuchi T, Shirai K, Iso H, Kondo N, Kondo K.
A prospective study of knee pain, low back pain, and risk of dementia: the JAGES project.
Sci Rep. 2019 Jul 23;9(1):10690. doi: 10.1038/s41598-019-47005-x. PMID: 31337809. PMCID: PMC6650603.

Takasugi T, Tsuji T, Nagamine Y, Miyaguni Y, Kondo K.
Socio-economic status and dementia onset among older Japanese: A 6-year prospective cohort study from the Japan Gerontological Evaluation Study.
Int J Geriatr Psychiatry. 2019 Nov;34(11):1642-1650. doi: 10.1002/gps.5177. Epub 2019.7.26. PMID: 31328308.

Hikichi H, Aida J, Kondo K, Kawachi I.
Persistent impact of housing loss on cognitive decline after the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami: Evidence from a 6-year longitudinal study.
Alzheimers Dement. 2019 Aug;15(8):1009-1018. doi: 10.1016/j.jalz.2019.04.016. Epub 2019.8.1. PMID: 31378573.

Eguchi A, Nishizawa-Jotaki S, Tanabe H, Rahmutulla B, Watanabe M, Miyaso H, Todaka E, Sakurai K, Kaneda A, Mori C.
An Altered DNA Methylation Status in the Human Umbilical Cord Is Correlated with Maternal Exposure to Polychlorinated Biphenyls.
Int J Environ Res Public Health. 2019.8.4. 16(15). pii: E2786. doi: 10.3390/ijerph16152786. PMID: 31382687.

Suzuki N, Nakaoka H, Nakayama Y, Takaya K, Tsumura K, Hanazato M, Tanaka S, Matsushita K, Iwayama R, Mori C.
Changes in the concentration of volatile organic compounds and aldehydes in newly constructed houses over time.
International Journal of Environmental Science and Technology. 2020(17):333–342. Published online: 2019.8.16. https://doi.org/10.1007/s13762-019-02503-3

Consortium on Thyroid and Pregnancy—Study Group on Preterm Birth; T I M Korevaar, Arash Derakhshan, Peter N Taylor, Marcel Meima, Liangmiao Chen, Sofie Bliddal, David M Carty, Margreet Meems, Bijay Vaidya, Beverley Shields, Farkhanda Ghafoor, Polina V Popova, Lorena Mosso, Emily Oken, Eila Suvanto, Aya Hisada, Jun Yoshinaga, Suzanne J Brown, Judit Bassols, Juha Auvinen, Wichor M Bramer, Abel López-Bermejo, Colin Dayan, Laura Boucai, Marina Vafeiadi, Elena N Grineva, Alexandra S Tkachuck, Victor J M Pop, T G Vrijkotte, M Guxens, L Chatzi, J Sunyer, A Jiménez-Zabala, I Riaño, M Murcia, X Lu, S Mukhtar, C Delles, U Feldt-Rasmussen, S M Nelson, E K Alexander, L Chaker, T Männistö, J P Walsh, E N Pearce, E A P Steegers, R P Peeters.
Association of Thyroid Function Test Abnormalities and Thyroid Autoimmunity With Preterm Birth: A Systematic Review and Meta-analysis.
JAMA. 2019.8.20. 322(7):632-641. DOI: 10.1001/jama.2019.10931. PMID: 31429897 PMCID: PMC6704759.

Haseda M, Takagi D, Kondo K, Kondo N.
Effectiveness of community organizing interventions on social activities among older residents in Japan: A JAGES quasi-experimental study.
Soc Sci Med. 2019 Nov;240:112527. doi: 10.1016/j.socscimed.2019.112527. Epub 2019.9.11. PMID: 31563760. PMCID: PMC6880785.

Koga C, Hanazato M, Tsuji T, Suzuki N, Kondo K.
Elder Abuse and Social Capital in Older Adults: The Japan Gerontological Evaluation Study.
Gerontology. 2020;66(2):149-159. doi: 10.1159/000502544. Epub 2019.9.12. PMID: 31514199.

Kusama T, Aida J, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K.
Infrequent Denture Cleaning Increased the Risk of Pneumonia among Community-dwelling Older Adults: A Population-based Cross-sectional Study.
Sci Rep. 2019 Sep 24;9(1):13734. doi: 10.1038/s41598-019-50129-9. PMID: 31551442. PMCID: PMC6760190.

Wada H, Furuya S, Maruyama K, Ikeda A, Kondo K, Tanigawa T; Japan Gerontological Evaluation Study Group.
Prevalence and clinical impact of snoring in older community-dwelling adults.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Nov;19(11):1165-1171. doi: 10.1111/ggi.13763. Epub 2019.10.1. PMID: 31571362.

Momosaki R, Wakabayashi H, Maeda K, Shamoto H, Nishioka S, Kojima K, Tani Y, Suzuki N, Hanazato M, Kondo K.
Association between Food Store Availability and the Incidence of Functional Disability among Community-Dwelling Older Adults: Results from the Japanese Gerontological Evaluation Cohort Study.
Nutrients. 2019.10.4;11(10):2369 doi: 10.3390/nu11102369. PMID: 31590318.

Noguchi T, Kondo K, Saito M, Nakagawa-Senda H, Suzuki S.
Community social capital and the onset of functional disability among older adults in Japan: a multilevel longitudinal study using Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES) data.
BMJ Open. 2019 Oct 8;9(10):e029279. doi: 10.1136/bmjopen-2019-029279. PMID: 31597648. PMCID: PMC6797418.

Saito T, Cable N, Aida J, Shirai K, Saito M, Kondo K.
Validation study on a Japanese version of the three-item UCLA Loneliness Scale among community-dwelling older adults.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Oct;19(10):1068-1069. doi: 10.1111/ggi.13758. Published online 2019.10.10. PMID: 31602759. PMCID: PMC6856687.

Hattori S, Yoshida T, Okumura Y, Kondo K.
Effects of Reablement on the Independence of Community-Dwelling Older Adults with Mild Disability: A Randomized Controlled Trial.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Oct 17;16(20):3954. doi: 10.3390/ijerph16203954. PMID: 31627337. PMCID: PMC6843923.

Suzuki N, Nakaoka H, Hanazato M, Nakayama Y, Tsumura K, Takaya K, Todaka E, Mori C. Indoor Air Quality Analysis of Newly Built Houses. Int J Environ Res Public Health. 2019.10.28;16(21):4142. doi: 10.3390/ijerph16214142. PMID: 31661790. PMCID: PMC6862697. https://doi.org/10.3390/ijerph16214142

Hiromi Tanabe, Kenichi Sakurai, Tamotsu Kato, Yohei Kawasaki, Taiji Nakano, Fumiya Yamaide, Naoko Taguchi-Atarashi, Masahiro Watanabe, Shingo Ochiai, Hiroshi Ohno, Hideoki Fukuoka, Naoki Shimojo, Chisato Mori.
Association of the microbial environment of Japanese pregnant women with the cumulative prevalence of dermatitis in early infancy: a pilot study from the Chiba Study of Mother and Child Health birth cohort.
World Allergy Organ J. 2019 Nov 1;12(10):100065. doi: 10.1016/j.waojou.2019.100065. PMID: 31719945. PMCID: PMC6838981.

Sasaki M, Sakurai K, Shimojo N, Yamamoto M, Mori C,; Japan Environment Children’s Study Group.
No association between prenatal antibiotic exposure and atopic dermatitis among Japanese infants.
Pediatr Allergy Immunol. 2019.11.2. doi: 10.1111/pai.13156. PMID: 31679159.

Miura R, Tani Y, Fujiwara T, Kawachi I, Hanazato M, Kim Y.
Multilevel analysis of the impact of neighborhood environment on postpartum depressive symptoms.
Journal of Affective Disorders. 2020 Feb 15;263:593-597. doi: 10.1016/j.jad.2019.11.033. Available online 2019.11.11. PMID: 31784116.

Takahashi S, Ojima T, Kondo K, Shimizu S, Fukuhara S, Yamamoto Y.
Social participation and the combination of future needs for long-term care and mortality among older Japanese people: a prospective cohort study from the Aichi Gerontological Evaluation Study (AGES).
BMJ Open. 2019 Nov 11;9(11):e030500. doi: 10.1136/bmjopen-2019-030500. PMID: 31719076. PMCID: PMC6858158.

Sakurai K, Kato T, Tanabe H, Taguchi-Atarashi N, Sato Y, Eguchi A, Watanabe M, Ohno H, Mori C.
Association between gut microbiota composition and glycoalbumin level during pregnancy in Japanese women: Pilot study from Chiba Study of Mother and Child Health.
J Diabetes Investig. 2019.11.13. doi: 10.1111/jdi.13177. PMID: 31721478.

Kiuchi S, Aida J, Kusama T, Yamamoto T, Hoshi M, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K.
Does public transportation reduce inequalities in access to dental care among older adults? Japan Gerontological Evaluation Study.
Community Dent Oral Epidemiol. 2020 Apr;48(2):109-118. doi: 10.1111/cdoe.12508. Epub 2019.11.15. PMID: 31729067.

Okabe D, Tsuji T, Hanazato M, Miyaguni Y, Asada N, Kondo K.
Neighborhood walkability in relation to knee and low back pain in older people: a multilevel cross-sectional study from the JAGES.
International journal of environmental research and public health. 2019.11.20;16(23):4598. doi: 10.3390/ijerph16234598. PMID: 31756959. PMCID: PMC6926577.

Sato K, Kondo N, Kondo K.
Rotating savings and credit association, its members’ diversity, and higher-level functional capacity: A 3-year prospective study from the Japan Gerontological Evaluation Study.
Geriatr Gerontol Int. 2019 Dec;19(12):1268-1274. doi: 10.1111/ggi.13798. Epub 2019.11.22. PMID: 31758643. PMCID: PMC7003940.

Sato K, Ikeda T, Watanabe R, Kondo N, Kawachi I, Kondo K.
Intensity of community-based programs by long-term care insurers and the likelihood of frailty: Multilevel analysis of older Japanese adults.
Soc Sci Med. 2020 Jan;245:112701. doi: 10.1016/j.socscimed.2019.112701. Epub 2019.11.30. PMID: 31811961.

Tsuji T, Kanamori S, Miyaguni Y, Hanazato M, Kondo K.
Community-Level Sports Group Participation and the Risk of Cognitive Impairment.
Medicine and science in sports and exercise. 2019.11;51(11):2217-2223. doi: 10.1249/MSS.0000000000002050. PMID: 31205226. PMCID: PMC7028475.

Nakamura T, Tsuji T, Nagamine Y, Ide K, Jeong S, Miyaguni Y, Kondo K.
Suicide Rates, Social Capital, and Depressive Symptoms among Older Adults in Japan: An Ecological Study.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Dec 6;16(24):4942. doi: 10.3390/ijerph16244942. PMID: 31817590. PMCID: PMC6949944.

Li X, Aida J, Hikichi H, Kondo K, Kawachi I.
Association of Postdisaster Depression and Posttraumatic Stress Disorder With Mortality Among Older Disaster Survivors of the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
JAMA Netw Open. 2019 Dec 2;2(12):e1917550. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.17550. Published online 2019.12.13. PMID: 31834397. PMCID: PMC6991206.

Yoshitake Nakayama, Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Kayo Tsumura, Masamichi Hanazato, Emiko Todaka, Chisato Mori.
Prevalence and risk factors of pre-sick building syndrome: characteristics of indoor environmental and individual factors.
Environ Health Prev Med.2019.12.17;24(1):77. doi: 10.1186/s12199-019-0830-8. PMID: 31847815. PMCID:PMC6918696.

Sasaki Y, Aida J, Tsuji T, Koyama S, Tsuboya T, Saito T, Kondo K, Kawachi I.
Pre-disaster social support is protective for onset of post-disaster depression: Prospective study from the Great East Japan Earthquake & Tsunami.
Sci Rep. 2019 Dec 19;9(1):19427. doi: 10.1038/s41598-019-55953-7. PMID: 31857658. PMCID: PMC6923367.

Tsuji T, Kanamori S, Saito M, Watanabe R, Miyaguni Y, Kondo K.
Specific types of sports and exercise group participation and socio-psychological health in older people.
J Sports Sci. 2020 Feb;38(4):422-429. doi: 10.1080/02640414.2019.1705541. Epub 2019.12.26. PMID: 31876442.

Sakurai K, Kato T, Tanabe H, Taguchi-Atarashi N, Sato Y, Eguchi A, Watanabe M, Ohno H, Mori C.
Association between gut microbiota composition and glycoalbumin level during pregnancy in Japanese women: Pilot study from Chiba Study of Mother and Child Health.
J Diabetes Investig 2020 May;11(3):699-706 doi: 10.1111/jdi.13177. Epub 2019.12.28. PMID: 31721478.

Ikeda T, Aida J, Tsuboya T, Sugiyama K, Kondo K, Osaka K.
Psychosocial Factors and Knee Pain Among Older People in Japan: The JAGES Cross-Sectional Study.
Clin J Pain. 2019 Dec;35(12):983-988. doi: 10.1097/AJP.0000000000000761. PMID: 31513058.

Sasaki Y, Tsuji T, Koyama S, Tani Y, Saito T, Kondo K, Kawachi I, Aida J.
Neighborhood Ties Reduced Depressive Symptoms in Older Disaster Survivors: Iwanuma Study, a Natural Experiment.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Jan 3;17(1):337. doi: 10.3390/ijerph17010337. Published online 2020.1.3. PMID: 31947798. PMCID: PMC6981381.

Isumi A, Fujiwara T, Kato H, Tsuji T, Takagi D, Kondo N, Kondo K.
Assessment of Additional Medical Costs Among Older Adults in Japan With a History of Childhood Maltreatment.
JAMA Netw Open. 2020 Jan 3;3(1):e1918681. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.18681. Published online 2020.1.8. PMID: 31913494. PMCID: PMC6991253.

Ide K, Tsuji T, Kanamori S, Jeong S, Nagamine Y, Kondo K.
Social Participation and Functional Decline: A Comparative Study of Rural and Urban Older People, Using Japan Gerontological Evaluation Study Longitudinal Data.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Jan 18;17(2):617. doi: 10.3390/ijerph17020617. PMID: 31963645. PMCID: PMC7013913.

Kawachi I, Aida J, Hikichi H, Kondo K.
Disaster resilience in aging populations: lessons from the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami.
Journal of the Royal Society of New Zealand. 2020 Feb 04;50(2):263-278. doi: 10.1080/03036758.2020.1722186

Tani Y, Fujiwara T, Kondo K.
Association Between Adverse Childhood Experiences and Dementia in Older Japanese Adults.
JAMA Netw Open. 2020 Feb;3(2):e1920740. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.20740. 2020.2.7. PMID: 32031646.

Yamakita M, Kanamori S, Kondo N, Ashida T, Fujiwara T, Tsuji T, Kondo K.
Association between childhood socioeconomic position and sports group participation among Japanese older adults: A cross-sectional study from the JAGES 2010 survey.
Prev Med Rep. 2020 Feb 17;18:101065. doi: 10.1016/j.pmedr.2020.101065. PMID: 32123650. PMCID: PMC7038007.

Watanabe M, Shobugawa Y, Tashiro A, Ota A, Suzuki T, Tsubokawa T, Kondo K, Saito R.
Association between Neighborhood Environment and Quality of Sleep in Older Adult Residents Living in Japan: The JAGES 2010 Cross-Sectional Study.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Feb 21;17(4):1398. doi: 10.3390/ijerph17041398. PMID: 32098114. PMCID: PMC7068387.

Kanamori S, Tsuji T, Takamiya T, Kikuchi H, Inoue S, Takagi D, Kai Y, Yamakita M, Kameda Y, Kondo K.
Size of company of the longest-held job and mortality in older Japanese adults: A 6-year follow-up study from the Japan Gerontological Evaluation Study.
J Occup Health. 2020 Jan-Dec; 62(1): e12115. doi: 10.1002/1348-9585.12115. Published online 2020.2.25. PMID: 32515877. PMCID: PMC7176136.

Hoshi M, Aida J, Kusama T, Yamamoto T, Kiuchi S, Yamamoto T, Ojima T, Kondo K, Osaka K.
Is the Association between Green Tea Consumption and the Number of Remaining Teeth Affected by Social Networks?: A Cross-Sectional Study from the Japan Gerontological Evaluation Study Project.
Int J Environ Res Public Health. 2020 Mar 20;17(6):2052. doi: 10.3390/ijerph17062052. PMID: 32244856. PMCID: PMC7142926.

Sato K, Amemiya A, Haseda M, Takagi D, Kanamori M, Kondo K, Kondo N.
Post-disaster Changes in Social Capital and Mental Health: A Natural Experiment from the 2016 Kumamoto Earthquake.
Am J Epidemiol. 2020 Mar 30:kwaa041. doi: 10.1093/aje/kwaa041. Epub ahead of print. PMID: 32232321.

【査読論文】和文

藤田伸輔.
患者安全の保証につなげるためのパス (特集 第19回学術集会) — (シンポジウム1 患者安全の保証につなげるためのパスの作成と運用)
日本クリニカルパス学会誌(Journal of Japanese Society for Clinical Pathway). 2019年6月10日. 21(2):99-102.

藤田伸輔.
特集『高齢者医療におけるAIの活用』によせて.
日本老年医学会雑誌. 2019年7月25日. 56(3):241.

藤田伸輔.
人工知能(AI)が高齢者医療に果たす役割.
日本老年医学会雑誌. 2019年7月25日. 56(3):260-264.

伊藤大介, 斉藤雅茂, 宮國康弘, 近藤克則.
91市区町における地域組織参加率と要支援・介護認定率の関連 地域組織の種類・都市度別の分析 JAGESプロジェクト.
厚生の指標. 2019年8月. 66(8): 1-8.

櫻庭唱子, 赤崎美冬, 亀田義人, 長嶺由衣子, 近藤克則.
都市型介護予防モデルの開発 JAGES「松戸プロジェクト」の概要.
保健師ジャーナル. 2019年8月. 75(8): 688-694.

辻大士.
介護予防の実現に向けた地域づくり.
体力科学. 2019年10月1日. 68(5):337-344.

金洪稷, 樋野公宏, 薄井宏行, 花里真道, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則.
高齢者の趣味活動・スポーツ参加と近隣施設密度の関係-名古屋市におけるJAGESのパネルデータを用いて.
都市計画論文集. 2019年10月25日. 54(3): 1490-1495.

花里真道.
健康な都市に向けたランドスケープデザイン:緑の健康まちづくりとエビデンス 予防医学の視点からみた健康まちづくりと自然環境・緑地の可能性.
ランドスケープ研究. 2019年10月31日. 83(3)250-253.

島津明人, 稲水伸行, 花里真道, 荒川豊, 石井香織.
働き方の近未来:働き方の多様化とポジティブメンタルヘルス.
産業ストレス研究. 2019年10月31日. 26(4), 369-371.

金洪稷, 樋野公宏, 薄井宏行, 花里真道, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則.
高齢者の趣味活動・スポーツ参加と近隣施設密度の関係.
都市計画論文集. 2019年10月. 54(3), 1490-1495.

林尊弘, 竹田徳則, 加藤清人, 近藤克則.
通いの場参加後の社会参加状況と健康情報・意識に関する変化:JAGES通いの場参加者調査.
総合リハビリテーション. 2019年11月10日. 47(11): 1109-1115.

花里真道.
Walkabilityを高める地域デザイン:柏の葉ウォーカブルデザインガイドラインを通じた取り組み.
日本不動産学会誌. 2019年12月26日. Vol.33 No.3(130).

渡邉翔太郎, 赤木龍一郎, 小野嘉允, 小川裕也, 貞升彩, 木村青児, 山口智志, 大鳥精司, 佐粧孝久.
人工膝関節単顆置換術と高位脛骨骨切り術のForgotten Joint Score 12 を用いた術後成績の比較.
日本人工関節学会誌. 2019年第49巻. 82-83. 2019年12月.

中村廣隆, 堀内康世, 近藤克則, 大田康博.
住民主体の地域づくりによる「新しい介護予防」の取り組み 行政・多機関・多職種・研究者と住民との連携.
保健師ジャーナル. 2020年2月. 76(2): 144-150.

【その他学術論文・プロシーディングス】

近藤克則.
健康格差社会と転倒予防.
日本転倒予防学会誌. 2019年4月5日. 6(1): 5-13.

近藤克則.
心身医学と社会疫学.
心身医学. 2019年5月1日. 59(4): 294-301.

近藤克則, 近藤尚己.
JAGES調査 市民活動の盛んな地域抑うつで所得格差顕著.
保健衛生ニュース. 2019年5月10日. 1973:30-3.

中村恒穂, 近藤克則.
【高齢者の自殺・自死とその辺縁問題】総論的報告 高齢者の自殺に関する社会的要因 ソーシャルキャピタル、経済格差、地域要因・地理的要因.
老年精神医学雑誌. 2019年5月20日. 30(5): 492-498.

長嶺由衣子, 近藤克則.
「地域づくり」を学ぼう!介護予防を契機とした都市型地域づくりモデル「松戸プロジェクト」.
Journal of Clinical Rehabilitation. 2019年5月. 28(5): 468-472.

柏原誠, 中岡宏子, 戸髙恵美子, 川波亜紀子, 志賀里美, 森千里.
千葉大学のドイツ・ベルリン拠点形成:2018年までの取り組みと今後の計画.
千葉医学 Chiba medical journal. 2019年6月10日. 95(3):79-84.

佐粧孝久.
特集 変形性膝関節症 病態・評価・治療 バイオマーカーからみた評価法.
関節外科. 2019 38(6): 581-586. 2019年6月.

八木明男, 近藤克則, 早坂信哉, 尾島俊之.
高齢者の浴槽入浴頻度と抑うつ傾向発症との関連 JAGES縦断分析.
日本健康開発雑誌. 2019年6月. 40:67-73.

辻大士.
健康・介護・医療データ連携による要介護リスク指標の作成と利活用モデルの構築.
長寿科学の最前線Vol.6長寿科学研究者支援事業平成30年度研究報告集. 2019年7月. 23-26.

高谷里依子, 皆川真規.
偽性副甲状腺機能低下症.
新薬と臨牀. 2019年8月10日. J. New Rem. & Clin. Vol.68 No.8 2019:67(1055)-70(1058).

井手一茂, 近藤克則.
「人生100年時代」の健康寿命を延ばすまちづくり.
ガバナンス (221). 2019年8月22日. 9:23-25.

藤原聡子, 近藤克則.
認知症の人にやさしい地域づくりの課題.
認知症の最新医療. 2019年10月. 9(4): 200-205.

近藤克則.
健康格差縮小と21世紀型健康教育・ヘルスプロモーション.
日本健康教育学会誌. 2019年11月. 27(4): 369-377.

井手一茂, 近藤克則.
「通いの場」づくりによる介護予防施策への期待と展望.
地域保健. 2019年11月. 50(6): 30-33.

近藤克則.
心に残ったできごと リハビリテーション科の現場から 生きる希望が湧く処方.
Journal of Clinical Rehabilitation. 2019年12月. 28(13): 1331-1333. 2019年11月28日.

横山芽衣子, 近藤克則.
生活習慣及び社会環境の整備 健康を守るための社会環境の整備とソーシャルキャピタルの醸成.
医学のあゆみ. 2019年12月. 271(10): 1072-1077.

諸隈誠一, 辻真弓, 山本緑, 小林澄貴, 中山祥嗣.
妊娠と重金属.
産婦人科の実際. 2020年1月20日. 69(1):27-31.

長嶺由衣子, 武藤剛.
IoTや遠隔システムを活用した地域/高齢者保健と地域包括ケアシステム.
保健の科学. 2020年1月. 62(1): 23-29.

山本緑.
エコチル調査:概要と最近の知見について.
子どもの健康科学. 2020年2月. 20(1):5-10.

近藤克則.
子どもたちを取り巻く環境をどうするか 子どもの貧困と健康 健康格差社会への処方箋.
子どもの健康科学. 2020年2月. 20(1):21-27.

渡邉良太, 井手一茂, 近藤克則.
ソーシャルキャピタルと介護予防・生活支援: 2040年に向けて.
老年内科. 2020年3月. 1(3): 351-358.

尾島俊之, 堀井聡子, 横山由香里, 相田潤, 近藤克則.
認知症にもやさしいまちづくり.
老年内科. 2020年3月. 1(3): 359-368.

田島明子, 近藤克則, 慶徳民夫, 幸信歩.
ヘルスプロモーションを目指した介護予防における作業療法士の間接的支援の支援構造 住民運営通いの場への参加促進要因についての作業科学の視点からの一考察.
リハビリテーション科学ジャーナル. (15):1-12. 2020年3月31日.

【著書】

近藤克則編
住民主体の楽しい「通いの場」づくり:「地域づくりによる介護予防」進め方ガイド
日本看護協会出版会 2019年4月5日

亀田義人
「病院経営層のための人工知能入門」 井上貴裕編著 『病院経営財務マネジメント:財務基盤強化のための実践テキスト』
ロギカ書房 2019年6月6日 128-144

近藤克則編, 横山芽衣子(編集委員)
国民の栄養白書 2019年度版:人生 100 年時代到来! 「食べる力」「動く力」「暮らす力」を創る 予防栄養の時代
日本医療企画 2019年12月18日

近藤克則ほか編
当直医マニュアル2020 第23版
医歯薬出版 2019年12月27日

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

森千里.
千葉大学予防医学センターにおける最近のAI研究について.
千葉大学医学研究院附属治療学人工知能(AI)研究センター設立記念シンポジウム‐医療とともに進化するAI・数理-. 千葉県千葉市. 2019年4月27日. 講演.

森千里.
環境予防医学各論Ⅲ.
日本アンチエイジングフード協会. 千葉県柏市. 2019年5月18日. 講演.

Sasho T, et al.
Clinical implication of osteophytes at the posterior femoral condylar notch in the early osteoarthritis of the knee: A proposal for Kellgren and Lawrence 1.5 grade.
第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS2019). 北海道札幌市. 2019年6月13日. ISY4-4.

田邉裕美.
妊娠母体腸内細菌叢と次世代のアレルギー発症との関連性について.
第29回日本DOHaD学会 寺子屋研究会. 東京都新宿区. 2019年10月5日. 講演.

高谷里依子, 皆川真規, 窪田拓生, 井上大輔, 杉本利嗣, 福本誠二, 大薗恵一, 中村好一.
偽性副甲状腺機能低下症とその類縁疾患および副甲状腺機能低下症の全国アンケート調査.
第37回日本骨代謝学会学術集会. 兵庫県神戸市. 2019年10月13日. 臨床プログラム推進委員会企画1

森千里.
千葉大予防医学センターでの出生コホートについて.
エコチル調査国際シンポジウム. 千葉県千葉市. 2019年11月3日. 講演.

森千里.
環境と子どもの健康~予防原則で未来世代を守るために.
家庭栄養研究会. 東京都杉並区. 2019年11月16日. 講演.

【一般発表】国外

Sakurai K, Eguchi A, Watanabe M, Yamamoto M, Mori C.
Serum metabolome reflects the status of glucose metabolism of Japanese pregnant women.
The 79th American Diabetes Association Scientific Session. San Francisco, USA. 2019.6.7-11. Published Only.

Katsunori Kondo.
An overview of JAGES initiative.
The 11th International Society for Sosial Capital Research (ISSC) meeting. Edinburgh, UK. 2019.06.14. Oral presentation.

Tsuji T.
Why older people living in community where sports group is active are healthy also for non-participants? A multilevel cross-sectional study from the JAGES.
The 11th International Society for Social Capital Research (ISSC) meeting. Edinburgh, UK. 2019.06.14. Oral presentation.

Koichiro Shiba, Masamichi Hanazato, Ichiro Kawachi.
Is neighborhood food environment causally related to cardiometabolic risks? – Natural experiment from the 2011 great east japan earthquake.
Society for Epidemiologic Research 2019 Annual Meeting. Minneapolis, USA. 2019.6.20.

Chisato Mori, Akifumi Eguchi, Shino Jotaki, Hiromi Tanabe, Masahiro Watanabe, Hidenobu Miyaso, Emiko Todaka, Kenichi Sakurai.
Alteration of DNA Methylation by Transplacental PCB Exposure in Human.
IUTOX ICTXV2019. Honolulu, USA. 2019.7.16. Poster.

Akifumi Eguchi, Takashi Fujimori, Takanori Nishida, Masaki Takaoka.
Simplified analytical methods for commercial mixtures of short-chain chlorinated paraffins.
DIOXIN 2019 The 39th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants. Kyoto, Japan. 2019.8.29. Poster presentation 3-PS-258.

Takanori Nishida, Takashi Fujimori, Akifumi Eguchi, Masaki Takaoka.
Characteristics of High-Temperature-induced Destruction of Short-Chained Chlorinated Paraffins in Wax.
DIOXIN 2019 The 39th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants. Kyoto, Japan. 2019.8.29. Poster presentation 3-PS-270.

Nishizawa-Jotaki S, Sakurai K, Eguchi A, Tanabe H, Watanabe M, Todaka E, Mori C.
Association between heavy metals in umbilical cord serum and DNA methylation ofcord tissues in human.
EUROTOX2019. Helsinki, Finland. 2019.9.9. Poster.

Chisato Mori.
Trans-placental exposure of PCBs and heavy metals alters DNA methyation status in human umbilical cord.
The 18th Pacific Basin Consortium for Environment and Health international Conference. Kyoto, Japan. 2019.9.17. Speaker Symposium4.

H. Nakaoka.
Exposure to indoor air pollution and health: Chemiless Town Project.
Japanese-German Workshop on Birth Cohorts and Healthy Town. Munich, Germany. 2019.10.17.

Yumi Sato, Kenichi Sakurai, Hiromi Tanabe, Tamotsu Kato, Yumiko Nakanishi, Hiroshi Ohno, Chisato Mori.
Sex-specific association between maternal gut microbiota and fetal growth.
DOHaD2019. Melbourne, Australia. 2019.10.21. Presentation.

Saito T, Murata C, Saito M, Kondo K.
Availability of informal and formal supports and their correlates among Japanese older men and women.
11th IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2019. Taipei, Taiwan. 2019.10.24. Oral presentation.

Koga C, Hanazato M, Suzuki N, Tsuji T, Kondo K.
Elder abuse and social capital in older adults: The Japan Gerontological Evaluation Study.
16th International Conference of Urban Health. Xiamen, China. 2019.11.6-7. Poster.

Hanazato M, Koga C, Suzuki N, Kondo K.
Are walkable sidewalks associated with a homebound status among communitydwelling older people in Japan? Results from JAGES2010 study.
16th International Conference of Urban Health. Xiamen, China. 2019.11.6-7. Poster.

Nishigaki M, Koga C, Hanazato M, Kondo K.
The relationship between types of green space and depression in older adults: JAGES cross-sectional study.
16th International Conference of Urban Health. Xiamen, China. 2019.11.7-8. Poster.

Okabe D, Tsuji T, Hanazato M, Asada N, Kondo K.
Neighborhood walkability related to knee and low back pain for older people: A multilevel analysis.
12th European Public Health Conference Building bridges for solidarity and public health. Marseille, France. 2019.11.22.

Watanabe S, Akagi R, Ono Y, Ogawa Y, Sadamasu A, Kimura S,Yamaguchi S, Ohtori S, Sasho T.
Comparison of UKA and HTO in medial knee OA by Forgotten Joint Score 12.
40th SICOT Orthopaedic World Congress. Muscat, Oman. 2019.12.5.

Ryuichiro AKAGI, Yuta MURAMATSU, Takahiro ENOMOTO, Shotaro WATANABE, Yoshimasa ONO, Aya SADAMASU, Yuya OGAWA, Seiji KIMURA, Satoshi YAMAGUCHI, Seiji OHTORI, Takahisa SASHO.
Arthroscopic surgery versus conservative treatment for avulsion fractures at the tibial attachment of posterior cruciate ligament.
40th SICOT Orthopaedic World Congress. Muscat, Oman. 2019.12.5.

Watanabe S, Akagi R, Shinohara M, Hosokawa H, Horii M, Ono Y, Ogawa Y, Sadamasu A, Yamaguchi S, Ohtori S, Sasho T.
Comparison of the outcome after UKA and HTO in medial knee OA by Forgotten Joint Score 12.
ORS 2020 Annual Meeting. Phenix, USA. 2020.2.10-11. Poster No.2000.

Akifumi Eguchi.
A rapid analysis of polybrominated siphenyl ethers (PBDEs) and hexabromocyclododecane (HBCD) in plastic solid wastes using a short length GC column.
6th 3RINCs 2020. Tsukuba, Japan. 2020.3.17. Session B-5-4.

【一般発表】国内

佐粧孝久, 赤木龍一郎, 小川裕也, 木村青児, 貞升彩, 小野嘉允, 渡邉翔太郎, 山口智志, 田原正道, 大鳥精司.
超早期変形性膝関節症に対する画像バイオマーカーである顆間窩骨棘の陽性率.
第92回日本整形外科学会学術総会. 神奈川県横浜市. 2019年5月12日. 4-7-11.

久保佳範, 福岡秀興, 川端輝江, 庄司久美子, 森千里, 櫻井健一, 西川正純, 大久保剛, 押田恭一, 山城雄一郎.
妊娠母体及び臍帯血の葉酸及びメチオニン代謝関連物質の包括的評価.
第73回日本栄養・食糧学会大会. 静岡県静岡市. 2019年5月18日.

櫻井健一, 加藤完, 田邉裕美, 佐藤由美, 渡邊応宏, 大野博司, 森千里.
母体腸内細菌叢と児の臍帯血アディポカイン濃度の関連.
第62回日本糖尿病学会年次学術集会. 宮城県仙台市. 2019年5月25日. 口頭発表:Ⅲ-8-29.

江口哲史, 藤森崇, 西田崇矩, 高岡昌輝.
塩素化パラフィン製剤の分解率算出に関する簡易分析法の検討.
第28回環境化学討論会. 埼玉県さいたま市浦和区. 2019年6月12日-14日. ポスター発表:P-012 C000023.

西田崇矩, 江口哲史, 藤森崇, 高岡昌輝.
高温加熱処理による短鎖塩素化パラフィン類の分解特性の初期検討.
第28回環境化学討論会. 埼玉県さいたま市浦和区. 2019年6月12日. 口頭発表:1B-07 C000069.

本平航大, 池中良徳, 池中良徳, BEYENE Yared, 中山翔太, WEPENER Victor, SMIT Nico, VAN VUREN Johan, 江口哲史, SOUSA Ana Catarina, 石塚真由美.
野生ラットを用いたDDT汚染状況の評価,毒性機序の解明.
第28回環境化学討論会. 埼玉県さいたま市浦和区. 2019年6月13日. 口頭発表:2A-06 C000234.

渡邉翔太郎, 赤木龍一郎, 木村青児, 小川裕也, 貞升彩, 小野嘉允, 山口智志, 大鳥精司, 佐粧孝久.
Forgotten Joint Score 12を用いた人工膝関節単顆置換術と高位脛骨骨切り術の術後成績の比較.
第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS2019). 北海道札幌市. 2019年6月13日-15日.

田邉裕美, 櫻井健一, 加藤完, 中野泰至, 山出史也, 落合伸伍, 下条直樹, 大野博司, 森千里.
妊婦の腸内細菌叢の変化と児の乳児湿疹発症について.
第68回日本アレルギー学会学術大会. 東京都千代田区. 2019年6月14日. ミニシンポジウム19:MS19-6.

近藤克則.
健康格差縮小と健康教育・ヘルスプロモーション.
第28回日本健康教育学会学術大会. 東京都文京区. 2019年6月29日.

田邉裕美.
乳児湿疹と臍帯血CCL17/TARC値、及び妊娠中母体腸内細菌叢との関連性 -千葉子ども調査によるパイロット研究.
第9回オルソオルガノジェネシス検討会. 石川県加賀市. 2019年7月6日. 口頭発表.

上瀧(西沢)紫乃, 櫻井健一, 江口哲史, 田邉裕美, 渡邉応宏, 森千里.
臍帯血中水銀濃度と臍帯組織のDNAメチル化との関係.
第8回日本DOHaD学会学術集会. 東京都中央区. 2019年8月9日. ポスターセッション:P-8.

久保佳範, 福岡秀興, 川端輝江, 庄司久美子, 森千里, 櫻井健一, 西川正純, 大久保剛, 押田恭一, 柳沢尚武, 山城 雄一郎.
妊娠中の葉酸サプリメント摂取がワンカーボン代謝に及ぼす影響.
第8回日本DOHaD学会学術集会. 東京都中央区. 2019年8月9日. 口頭発表.

津村佳余, 中山誠健, 鈴木規道, 松下和彦, 田中眞二, 岩山遼太郎, 花里真道, 中岡宏子.
住環境から次世代の健康を考える その1 住環境および個人属性によるシックハウス症候群症状の発生に関するアンケート調査.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月3日-6日.

中山誠健, 鈴木規道, 花里真道, 中岡宏子, 津村佳余, 松下和彦, 田中眞二, 岩山遼太郎.
住環境から次世代の健康を考える その2 住環境および個人属性によるシックハウス症候群予備軍の発生確率.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月3日-6日.

中岡宏子, 津村佳余, 中山誠健, 松下和彦, 田中眞二, 岩山遼太郎, 花里真道, 鈴木規道.
住環境から次世代の健康を考える その3 シックハウス症候群予防と健康増進し向けた短期滞在型実験実証プロトコル.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月3日-6日.

鈴木規道, 中山誠健, 津村佳余, 花里真道, 松下和彦, 田中眞二, 岩山遼太郎, 中岡宏子.
住環境から次世代の健康を考える その4 空気質配慮型住宅のシックハウス症候群症状の発症リスクの分析.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月3日-6日.

西田恵, 原裕介, 古賀千絵, 西垣美穂, 吉田紘明, 石川敦雄, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その12:オフィスビル改修の自席環境、行動、WE、健康への影響.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40515.

花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 鈴木規道, 原裕介.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その13:自席における自然要素とワーク・エンゲイジメントとの横断分析.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40516.

原裕介, 古賀千絵, 西垣美穂, 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その14:自席以外のひとり作業スペースの数とワーク・エンゲイジメントとの関連.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40517.

吉田紘明, 原裕介, 古賀千絵, 西垣美穂, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その15:自席以外のひとり作業スペースの数と心理的ストレスとの関連.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40518.

西垣美穂, 吉田紘明, 原裕介, 古賀千絵, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その16:打合せスペースの種類数および打合せ回数とワーク・エンゲイジメント.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40519.

古賀千絵, 原裕介, 西垣美穂, 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その17:職場のソーシャル・キャピタルが高い者の自席環境とは?
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40520.

石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その18:階段利用の変化と職場のソーシャルキャピタルとの関連.
2019年度日本建築学会大会. 石川県野々市市. 2019年9月5日. 講演:40521.

藤森崇, 小倉正裕, 江口哲史, 西田崇矩, 高岡昌輝.
金属ナトリウム分散体法による短鎖塩素化パラフィン類の無害化処理: 分解率の技術ガイドライン達成に向けた分析検討.
第30回廃棄物資源循環学会研究発表会. 宮城県仙台市. 2019年9月20日. F2-2-O.

西田崇矩, 藤森崇, 三宅祐一, 王斉, 江口哲史, 高岡昌輝.
高温加熱による短鎖塩素化パラフィンの分解処理の検討.
第30回廃棄物資源循環学会研究発表会. 宮城県仙台市. 2019年9月20日. F2-3-O.

江口哲史.
GC-MSによる廃プラスチック中deca-BDEs,HBCDsの簡易分析検討.
第3回環境化学会 北海道東北地区部会&Chemical Hazard Symposium in 札幌. 北海道札幌市. 2019年9月30日. 口頭発表.

近藤克則.
Knowledge translation for healthy ageing: lessons learnt from the Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES).
第2回日独合同先進予防医学シンポジウム. 石川県金沢市. 2019年10月4日.

古賀千絵, 辻大士, 花里真道, 鈴木規道, 近藤克則.
高齢者虐待とうつはどちらが原因でどちらが結果か?-JAGES3年間の縦断研究-.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月23日. 口演:O-0702-4.

岡部大地, 辻大士, 花里真道, 近藤克則.
近隣のウォーカビリティは高齢者の膝痛と腰痛を抑制か:JAGESマルチレベル横断研究.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月23日. 口演:O-2101-3.

西垣美穂, 花里真道, 古賀千絵, 近藤克則.
高齢者のうつと地域の緑地量及び種類の関連:JAGES2016横断研究.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月24日. 口演:O-0601-2.

吉田紘明, 花里真道, 鈴木規道, 西垣美穂, 古賀千絵, 西田恵, 石川敦雄.
オフィスにおける主観的な自席の天井の高さと1 年後のワーク・エンゲイジメントの関連.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月24日. ポスター:P-2002-5.

花里真道, 吉田紘明, 鈴木規道, 西垣美穂, 古賀千絵, 西田恵, 石川敦雄.
オフィスにおける偶発的な交流とワーク・エンゲイジメントおよび心理的ストレスの関連.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月24日. ポスター:P-2002-6.

西田恵, 花里真道, 近藤克則.
高齢者の地域愛着高さと小学校までの近接性の関連:JAGES2016横断研究.
第78回日本公衆衛生学会. 高知県高知市. 2019年10月25日. ポスター:P-0803-4.

Bahrul Fikri, Yumiko Nakanishi, Midori Yamamoto, Taiji Nakano, Fumiya Yamaide, Chisato Mori, Hiroshi Ohno, Naoki Shimojo.
Association among the presence of siblings, gut microbiota, and Atopic Dermatitis in 2 years old children.
第56回日本小児アレルギー学会学術大会. 千葉県千葉市. 2019年11月2日.

田邉裕美, 櫻井健一, 加藤完, 中西裕美子, 中野泰至, 山出史也, 新奈緒子, 渡邉応宏, 落合伸伍, 大野博司, 福岡秀興, 下条直樹, 森千里.
Association of the cord blood CCL17/TARC levels with the cumulative prevalence of dermatitis in early infancy and the microbiota of Japanese pregnant woman :from the C-MACH birth cohort.
第56回日本小児アレルギー学会学術大会. 千葉県千葉市. 2019年11月3日. 口頭発表:I-PAS3-5.

鈴木規道, 中岡宏子, 中山誠健, 津村佳余, 戸髙恵美子, 森千里.
新築住宅における室内空気中の酸性ガス(ギ酸、酢酸)の実態調査.
2019年室内環境学会学術大会. 沖縄県那覇市. 2019年12月5日. P-03.

中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健, 津村佳余, 高谷一成, 戸髙恵美子, 森千里.
新築住宅における室内空気中のアンモニア濃度の実態調査.
2019年室内環境学会学術大会. 沖縄県那覇市. 2019年12月5日. P-04.

中山誠健, 中岡宏子, 鈴木規道, 津村佳余, 高谷一成, 田中眞二, 岩山遼太郎, 戸髙恵美子, 森千里.
室内空気が作業効率に及ぼす影響 その1 脳波測定による作業効率の定量化
2019年室内環境学会学術大会. 沖縄県那覇市. 2019年12月5日. P-32.

津村佳余, 中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 田中眞二, 岩山遼太郎, 戸髙恵美子, 森千里.
室内空気が作業効率に及ぼす影響 その2 NASA-TLXを用いた主観的評価からみるリラックス効果の検証.
2019年室内環境学会学術大会. 沖縄県那覇市. 2019年12月5日. YP-37.

【その他の講演】

近藤克則.
社会参画がシニアにもたらす効果と民間に期待する役割.
一般社団法人MY STAGE PROJECT会員総会兼設立記念シンポジウム. 東京都港区. 2019年4月23日.

辻大士.
健幸華齢を目指す~地域・人とのつながり.
平成31年度ふなばし市民大学校入学式全体講座. 千葉県船橋市. 2019年4月26日.

近藤克則.
長生きできるまち.
健幸まちづくりシンポジウム~長生きできるまち・多摩へ~. 東京都多摩市. 2019年5月19日.

近藤克則.
学術研究によるゼロ次予防の可能性―暮らすだけで健康になるまちづくり.
第54回横幹技術フォーラム. 東京都千代田区. 2019年5月24日.

近藤克則.
地域包括ケア時代の医師の役割.
習志野市医師会50周年記念式典. 千葉県千葉市. 2019年5月25日.

辻大士.
安心して元気に暮らすための“地域・人とのつながり”.
平成31年度ひまわりスタートアップ研修(高齢者特性編). 千葉県船橋市. 2019年6月8日.

近藤克則.
健康なまちづくり.
NPO法人高齢社会をよくする女性の会. 第15回定期総会. 東京都千代田区. 2019年6月22日.

山本緑.
エコチル調査のお話.
第33回千葉大学予防医学センター市民講座(エコチル調査公開講座). 千葉県木更津市. 2019年6月23日.

近藤克則.
データヘルス時代の健康なまちづくり.
平成31年度千葉県看護協会保健師職能集会. 千葉県千葉市. 2019年6月27日.

山本緑.
いのちについて考えよう 生まれること・大切にしたいこと.
御宿中学校思春期教室. 千葉県御宿町. 2019年7月10日.

近藤克則.
人生100年時代の予防医学・社会医学.
河合塾名駅校文化行事. 愛知県名古屋市. 2019年7月13日.

近藤克則.
データに基づく健康なまちづくり.
北海道後期高齢者医療広域連合. 令和元年度高齢者保健事業推進研修. 北海道函館市. 2019年7月21日, 22日.

近藤克則.
ビッグデータを活用した健康づくり.
ビッグデータを活用した健康づくり講演会. 岐阜県大垣市. 2019年7月25日.

近藤克則.
健康寿命の延伸は可能か?.
健康長寿延伸と介護予防を考える会. 愛知県名古屋市. 2019年7月25日.

中岡宏子, 鈴木規道.
環境と健康影響-安全で健康な街づくりを目指して-.
令和元年度柏市教職員研修講座. 千葉県柏市. 2019年7月26日.

山本緑.
携帯・スマホの身体に与える健康被害について.
君津地方保健主事養護教諭合同研修会. 千葉県君津市. 2019年7月29日.

近藤克則.
データに基づく健康なまちづくり.
高齢者の医療・介護・保険事業に関する研究会. 福岡県福岡市. 2019年8月19日.

近藤克則.
JAGESプロジェクト(健康とくらしの調査)について・JAGESの事業内容周知について・JAGESの結果の活用について.
JAGESプロジェクト(健康とくらしの調査)事業説明会. 埼玉県さいたま市. 2019年8月22日.近藤克則.
高齢者の社会参加と健康長寿のまちづくり.
埼玉県令和元年度介護予防事業研修. 埼玉県さいたま市. 2019年8月22日.

近藤克則.
通いの場等の活用による介護予防の推進.
日本健康会議2019. 東京都千代田区. 2019年8月23日.

近藤克則.
介護におけるエンパワーメントと自立支援のあり方は何か.
いきがい・助け合いサミットin大阪. 大阪府大阪市. 2019年9月10日.

近藤克則.
『健康の社会的決定要因』で、民間企業が果たすべき役割.
ニッセイ基礎研究所 健康・医療・介護研究会. 東京都千代田区. 2019年9月12日.

近藤克則.
健康の社会的決定要因.
2019年度第2回大学院特別講演会. 兵庫県神戸市. 2019年9月13日.

辻大士.
社会参加で健康長寿: 生涯大学校から始める地域活動と健幸華齢.
千葉県生涯大学校外房学園・学園企画講座. 千葉県茂原市. 2019年9月18日.

近藤克則.
自治体における介護予防事業の今後の展開.
エーザイ株式会社hhcソリューション本部における社内勉強会. 東京都新宿区. 2019年9月20日.

近藤克則.
日本における健康格差とその縮小に向けて.
第42回近畿地区市町村保健師研修会. 大阪府大阪市. 2019年9月26日.

辻大士.
清流の国ぎふデータヘルス推進事業による岐阜県関市地域診断ワークショップ. 岐阜県関市. 2019年9月26日.

近藤克則.
認知症予防に今すべきこと ~認知症患者700万人時代への取り組み~.
抗加齢医学の実際2019. 東京都中央区. 2019年9月28日.

近藤克則.
『未病を治す』~社会参加で健康長寿~.
柏の葉・東洋医学健康セミナー. 千葉県柏市. 2019年9月28日.

近藤克則.
①「松戸プロジェクト」について②主要事業への取り組み状況と効果、課題について.
東三河広域連合議会福祉委員会委員 視察. 千葉県千葉市. 2019年10月2日.

近藤克則.
第1部:「人生100年時代の介護予防~データからわかる岡山県の介護予防~」 第2部:4市町村の取組発表への助言.
介護予防交流フォーラム. 岡山県岡山市. 2019年10月7日.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋~保健師活動における地域診断と環境への介入.
令和元年度兵庫県市町保健師協議会研修会. 兵庫県神戸市. 2019年10月10日.

近藤克則.
地域との関わりが高齢者の健康保持につながる.
長寿科学振興財団設立30周年記念シンポジウム. 愛知県名古屋市. 2019年10月12日.

近藤克則.
「食」と「運動」-健やかに みんなで つながる.
第9回世界健康首都会議. 長野県松本市. 2019年10月17日.

近藤克則.
健康格差社会からの処方箋.
和歌山市保険医協会第42回定期総会記念講演. 和歌山県和歌山市. 2019年10月19日.

近藤克則.
ヘルシーエイジングと認知症への備え.
日経認知症シンポジウム. 東京都千代田区. 2019年10月28日.

近藤克則.
国民健康保険の安定を求めて―保険者に期待される地域デザイン―.
国保トップセミナー. 埼玉県さいたま市. 2019年10月31日.

辻大士.
清流の国ぎふデータヘルス推進事業によるヘルスデータを活用した地域づくりの実践例.
清流の国ぎふデータヘルス推進事業レベルアップ研修. 岐阜県各務原市. 2019年11月7日.

近藤克則.
JAGESの研究知見とAI活用による地域マネジメントの取組.
NEC『C&Cユーザフォーラム&iEXPO2019』. 東京都千代田区. 2019年11月8日.

近藤克則.
長生きできるまちづくり.
第17回市民医療フォーラム. 兵庫県川西市. 2019年11月9日.

山本緑.
スマホが体に与える影響、健康被害.
嶺南中学校、嶺南小学校健康教室. 千葉県南房総市. 2019年11月14日.

西垣美穂.
環境と健康~緑や絆がもたらす健康効果~.
リソル生命の森 市民講座. 千葉県長生郡長柄町. 2019年11月17日.

山本緑.
メディアと睡眠について(生活実態調査の結果より).
御宿町保健推進会. 千葉県御宿町. 2019年11月19日.

近藤克則.
ゼロ次予防による健康なまちづくり―「人生100年時代」に向けて.
株式会社竹中工務店 研究所公開2019. 千葉県印西市. 2019年11月20日.

近藤克則.
睦沢町がめざす先進予防型まちづくり SDGsと連動した先進予防型まちづくりの取組み.
睦沢町先進予防型まちづくりシンポジウム. 千葉県長生郡. 2019年11月24日.

山本緑.
タバコが体に与える影響、健康被害.
富山中学校講演会. 千葉県南房総市. 2019年12月5日.

近藤克則.
研究の育て方 ~社会人大学生の研究・論文指導.
星槎大学学内共同研究「教育実践研究のカリキュラムと評価に関する研究」. 神奈川県横浜市. 2019年12月7日.

武藤剛.
松戸プロジェクトの成果と未来像.
《通いの場》第2回交流会. 千葉県松戸市. 2019年12月16日.

近藤克則.
地域包括ケアを支える医療・介護・地域の連携.
第7回大分県地域包括ケア推進大会. 大分県別府市. 2019年12月19日.

近藤克則.
生物・心理・社会・生態学的 bio-psycho-social-ecological健康モデル.
公益信託武見記念生存科学研究基金 運営委員会プロジェクト実行タクスフォース(第2回). 東京都千代田区. 2019年12月20日.

近藤克則.
認知症が少ない社会は可能か.
「外に学ぶ」講演会. 東京都国分寺市. 2019年12月20日.

近藤克則.
健康な団地づくり.
独立行政法人都市再生機構研修会. 神奈川県横浜市. 2019年12月23日.

辻大士.
安心して元気に暮らすための“地域・人とのつながり”.
令和元年度船橋市市民ヘルスミーティング. 千葉県船橋市. 2020年1月6,9,10日.

近藤克則.
地域介入研究「武豊プロジェクト」の取り組みとその成果について.
令和元年度千葉県立保健医療大学第2回イブニングセミナー. 2020年1月10日.

近藤克則.
ゼロ次予防による健康まちづくり.
柏の葉健康まちづくりシンポジウム. 千葉県柏市. 2020年1月18日.

山本緑.
タバコの害について 何がよくないのか 知っておこう.
嶺南小学校喫煙防止教室. 千葉県南房総市. 2020年1月27日.

近藤克則.
AIを活用した保険、医療、介護等による重症化予防の取り組み.
ヘルスケアIT2020(第5回). 東京都江東区. 2020年1月28日.

近藤克則.
社会参加は健康長寿の秘訣.
全国老人クラブ連合会都道府県・指定都市労連代表者会議. 東京都千代田区. 2020年1月30日.

森千里.
曝露を中心とした環境要因とDOHaD、そして先制医療.
日本アンチエイジングフード協会AAFMゼミナール. 東京都文京区. 2020年2月1日.

山本緑.
睡眠と健康の関係(スマホやゲーム機と健康について).
御宿小学校メディアに関する親子講習会. 千葉県御宿町. 2020年2月6日.

辻大士.
スポーツが盛んな街では、やらない人まで健康に!?.
生涯スポーツ・体力つくり全国会議2020第3分科会. 島根県松江市. 2020年2月7日.

近藤克則.
社会参加で健康まちづくり.
第15回淡路市地域支援事業市民フォーラム. 兵庫県淡路市. 2020年2月8日.

近藤克則.
長生きできる町をつくろう―健康格差社会縮小をめざして.
第22期自治政策特別講座「2020年度の予算審美―まちづくりと自治体議会」. 東京都墨田区. 2020年2月11日.

近藤克則.
『認知症になりにくい街』とはどんなまちか?~人のつながりが生む力とは~.
認知症予防と認知症の人にやさしいまちづくり講演会第3弾. 兵庫県神戸市. 2020年2月14日.

亀田義人.
日本老年学的評価研究JAGESとまちづくり.
DLLAB Healthcare Day 2020 地域包括ケアとAI. 東京都港区. 2020年2月16日. 

辻大士.
健康長寿なまちをつくるためには.
千葉県袖ケ浦市多職種共同研修会・リハビリテーション職等連絡協議会. 千葉県袖ケ浦市. 2020年2月17日.

近藤克則.
「健康長寿の秘訣、ここにあり!~身近な地域で通いの場を広げよう~.
宇治市健康長寿フェス2020. 京都府宇治市. 2020年2月22日.

近藤克則.
フレイルの予防は可能か.
長崎県国民健康保険団体連合会 令和元年度高齢者の保健事業セミナー. 長崎県長崎市. 2020年2月25日.

【受賞歴】

第78回日本公衆衛生学会総会最優秀口演賞.
辻大士, 金森悟, 宮國康弘, 近藤克則.
運動グループ参加が盛んな地域では、非参加者でも閉じこもりが少ない: JAGES横断研究.
高知県高知市. 2019年10月23日. 優秀口演賞選考会9.

第78回日本公衆衛生学会総会口演賞.
井手一茂, 辻大士, 金森悟, 渡邉良太, 近藤克則.
高齢者の社会参加の種類別頻度と要介護認定の関連: JAGES2010-2016縦断研究.
高知県高知市. 2019年10月23日. 優秀口演賞選考会7.

原稿掲載

近藤克則
毎日新聞コラム「どうする健康格差社会」
(1)「医療費と介護費」は予防でどこまで減らせるか 2019年4月12日
(2)人口も税収も減る“2040 年危機”をどう乗り越えるか 2019年5月16日
(3)「90歳超え日本人女性の7割は認知症」という事実 2019年8月15日
(4)低所得の人はなぜ「不健康な要介護者」になるのか 2019年9月18日
(5)高所得者ほど健康? 格差縮小のためには 2019年10月17日
(6)被災者の健康被害 社会的つながりで緩和を 2019年11月23日
(7)孤立の背景に社会的排除 共生社会の実現を 2019年12月20日
(8)「生きる希望が湧く」社会的処方とは 2020年2月17日

近藤克則
毎日新聞コラム「くらしの明日」
(1)私の社会保障論 2040年の地域共生社会へ 2019年5月1日
(2)私の社会保障論 認知症予防、国内外で動き 「共生」への支援も重要 2019年6月12日
(3)私の社会保障論 健康格差研究の20年 まだ道半ば 2019年7月24日
(4)21世紀型「健康教育21」へ 格差縮小へ三つの見直しを 2019年9月4日
(5)私の社会保障論 災害による健康被害の長期化 社会的つながりで緩和を 2019年10月23日
(6)私の社会保障論 孤立の背景に社会的排除 共生できる社会を 2019年12月4日
(7)私の社会保障論 社会的処方とは 生きる希望が湧く 2020年1月22日
(8)私の社会保障論 新型肺炎 冷静に備えを 見えないウイルス、見える危険 2020年3月4日

報道

【新聞】

森千里
街づくり・健康社会で可能性追求
日刊工業新聞 2019年5月24日

森千里
千葉大学大学院医学研究院環境生命医学教授・千葉大学予防医学センター長 森千里氏に聞く
ヘルスライフビジネス 2019年8月1日

近藤克則
通いの場参加で介護予防に効果 岡山県、65歳以上対象に調査
山陽新聞WEB 2019年10月7日

森千里
Ein Ehrenplatz für Pettenkofers berühmtesten Schüler in Neuburg
Neuburg Rundschau 2019年10月16日

森千里
Landkreis bandelt mit Fernost an
Donaukurier 2019年10月16日

森千里
鷗外「医者の心得」記す
朝日新聞東京版夕刊 2019年10月30日

【テレビ】

近藤克則
BSテレビ東京「日経プラス 10」
認知症の特集番組
2019年5月31日(金)

近藤克則
NHK 首都圏情報 ネタドリ!TV「あなたも健康長寿!食事・生活習慣の極意」
2019年9月20日(金)19:30-

近藤克則
NHK 総合 おはよう日本 TV「スーパー高齢者から探る“いきいき生活”」
2019年9月28日(土)07:30-

森千里
Japanische Delegation zu Gast im Landkreis Neuburg-Schrobenhausen
Ingolstadt TV 2019年10月15日(火)

近藤克則
千葉テレビ「NEWS チバ930」
都市型介護予防モデル「松戸プロジェクト」の共同研究:高齢者支援の移動手段 導入調査
2019年10月29日(火)21:30-

近藤克則
RSK 山陽放送テレビ「人生 100 年時代を元気で暮らす~岡山型介護予防ってなに?~」
岡山県介護予防交流フォーラム
2019年11月17日(日)14:00-14:30, 2019年11月25日(月)01:00-01:30

【その他】

近藤克則
国土交通省「まちづくり×SIB」シンポジウム リポート(1)
“暮らすと健康になるまち”をソーシャル・インパクト・ボンドで、千葉大・近藤教授 日経BP総研ウェブサイト「新・公民連携最前線PPPまちづくり」 2019年4月19日

近藤克則
年収の高い人がかかりやすい病気、低い人がなりやすい病気 傾向と対策
女性セブン 2019年10月31日

近藤克則
東浦町が政令都市に混じるワケ、データに見る健康まちづくり:暮らしているだけで健康になれるまちづくりの在り方とは
日経 BP Web メディア Beyond Health 2020年2月17日

武藤剛
特集:健康資本主義 寅さんとホモ・サピエンス
一般社団法人チーム医療フォーラム発行季刊誌「ツ・ナ・ガ・ル」No.34 2020年3月1日

近藤克則
特集 コミュニティをつくる
Fitness Business No.107 2020年3月25日

2018年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Lin H R, Tsuji T, Kondo K, Imanaka Y.
Development of a risk score for the prediction of incident dementia in older adults using a frailty index and health checkup data: The JAGES longitudinal study.
Prev Med. 2018 Jul;112:88-96. doi: 10.1016/j.ypmed.2018.04.004. Epub 2018.4.4. PMID: 29626553.

Miyako Suzuki, Magali Millecamps, Seiji Ohtori, Chisato Mori, Laura S Stone.
Anti-Nerve Growth Factor Therapy Attenuates Cutaneous Hypersensitivity and Musculoskeletal Discomfort in Mice with Osteoporosis.
PAIN Reports 2018 May;3(3):e652. doi: 10.1097/PR9.0000000000000652. Published online 2018.4.10. PMID: 29922744.

Otake M, Sakurai K, Watanabe M, Mori C.
Association Between Serum Folate Levels and Caffeinated Beverage Consumption in Pregnant Women in Chiba: The Japan Environment and Children’s Study.
J Epidemiol. 2018.4.28. doi: 10.2188/jea.JE20170019. PMID: 29709887.

Li X, Buxton O, Hikichi H, Haneuse S, Aida J, Kondo K, Kawachi I.
Predictors of persistent sleep problems among older disaster survivors: a natural experiment from the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami.
Sleep. 2018.7.1;41(7). doi: 10.1093/sleep/zsy084. Published online 2018.5.3. PMID:29726979. PMCID: PMC6047443.

Sasaki I, Kondo K, Kondo N, Aida J, Ichikawa H, Kusumi T, Sueishi N, Imanaka Y.
Are pension types associated with happiness in Japanese older people?: JAGES cross-sectional study.
PLoS One. 2018 May 21;13(5):e0197423. doi: 10.1371/journal.pone.0197423. eCollection 2018. Published online 2018.5.21. PMID:29782505. PMCID: PMC5962056.

Haseda M, Kondo N, Takagi D, Kondo K.
Community social capital and inequality in depressive symptoms among older Japanese adults: A multilevel study.
Health Place. 2018.5.15;52:8-17. doi: 10.1016/j.healthplace.2018.04.010. Epub 2018.5.26. PMID: 29775833. PMCID: PMC6075939.

Sato Y, Akagi R, Akatsu Y, Matsuura Y, Takahashi S, Yamaguchi S, Enomoto T, Nakagawa R, Hoshi H, Sasaki T, Kimura S, Ogawa Y, Sadamasu A, Ohtori S, Sasho T.
The effect of femoral bone tunnel configuration on tendon-bone healing in an anterior cruciate ligament reconstruction: An animal study.
Bone Joint Res. 2018.6.5; 7(5):327-335. Published online 2018.6.5. PMID: 29922452. PMCID: PMC5987692.

Saito J, Kondo N, Saito M, Takagi D, Haseda M, Tani Y, Tabuchi T, Kondo K.
Exploring 2.5-Year Trajectories of Functional Decline in Older Adults by Applying a Growth Mixture Model and Frequency of Outings as a Predictor: A 2010-2013 JAGES Longitudinal Study.
J Epidemiol. 2019.2.5;29(2):65-72. doi: 10.2188/jea.JE20170230. Epub 2018.6.23. PMID:29937470. PMCID: PMC6336721.

Akifumi Eguchi, Kei Nomiyama, Kenichi Sakurai, Pham Thi Kim Trang, Pham Hung Viet, Shin Takahashi, Hisato Iwata, Shinsuke Tanabe, Emiko Todaka, Chisato Mori.
Alterations in urinary metabolomic profiles due to lead exposure from a lead-acid battery recycling site.
Environmental Pollution. 2018 Nov;242(Pt A):98-105. doi: 10.1016/j.envpol.2018.06.071. Epub 2018.6.26. PMID: 29966840.

Sakurai K, Eguchi A, Watanabe M, Yamamoto M, Ishikawa K, Mori C.
Exploration of predictive metabolic factors for gestational diabetes mellitus in Japanese women using metabolomic analysis.
J Diabetes Investig. 2018Jun29. doi:10.1111/jdi.12887. PMID:29956893.

Hayashi T, Kondo K, Kanamori S, Tsuji T, Saito M, Ochi A, Ota S.
Differences in Falls between Older Adult Participants in Group Exercise and Those Who Exercise Alone: A Cross-Sectional Study Using Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES) Data.
Int J Environ Res Public Health. 2018.7.5;15(7). pii: E1413. doi: 10.3390/ijerph15071413. Published online 2018.7.5. PMID:29976848. PMCID:PMC6068491.

Imai Y, Nagai M, Ohira T, Shirai K, Kondo N, Kondo K.
Impact of social relationships on income-laughter relationships among older people: the JAGES cross-sectional study.
BMJ Open. 2018.7.5;8(7):e019104. doi: 10.1136/bmjopen-2017-019104. Published online 2018.7.5. PMID:29980539. PMCID: PMC6042575.

Enomoto T, Akagi R, Ogawa Y, Yamaguchi S, Hoshi H, Sasaki T, Sato Y, Nakagawa R, Kimura S, Ohtori S, Sasho T.
Timing of Intra-Articular Injection of Synovial Mesenchymal Stem Cells Affects Cartilage Restoration in a Partial Thickness Cartilage Defect Model in Rats.
Cartilage. 2020 Jan;11(1):122-129. doi: 10.1177/1947603518786542. Epub 2018.7.10. PMID: 29989441. PMCID: PMC6921951.

Yamaguchi S, Akagi R, Kimura S, Sadamasu A, Nakagawa R, Sato Y, Kamegaya M, Sasho T, Ohtori S.
Avulsion fracture of the distal fibula is associated with recurrent sprain after ankle sprain in children.
Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019 Sep; 27(9):2774-2780. Epub 2018.7.10. PMID: 29992464.

Kanamori S,Takamiya T, Inoue S, Kai Y, Tsuji T, Kondo K.
Frequency and pattern of exercise and depression after two years in older Japanese adults: the JAGES longitudinal study.
Sci Rep.2018 Jul 25;8(1):11224. doi: 10.1038/s41598-018-29053-x. Published online 2018.7.25. PMID:30046117. PMCID: PMC6060146.

Higuchi M, Suzuki K, Ashida T, Kondo N, Kondo K.
Social Support and Access to Health Care Among Older People in Japan: Japan Gerontological Evaluation Study (JAGES).
Asia Pac J Public Health. 2018 Jul;30(5):425-436. doi: 10.1177/1010539518786516. Epub 2018.8.1. PMID: 30066571.

Koyama S, Aida J , Cable N, Tsuboya T, Matsuyama Y, Sato Y, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K.
Sleep duration and remaining teeth among older people.
Sleep Med. 2018 Dec;52:18-22. doi: 10.1016/j.sleep.2018.07.020. Epub 2018.8.10. PMID: 30195198.

Tsuji T, Kondo K, Kondo N, Aida J, Takagi D.
Development of a risk assessment scale predicting incident functional disability among older people: JAGES longitudinal study.
Geriatr Gerontol Int. 2018 Oct;18(10):1433-1438. doi: 10.1111/ggi.13503. Epub 2018.8.14. PMID: 30105800. PMCID: PMC6220974.

Sakurai K, Eguchi A, Watanabe M, Yamamoto M, Ishikawa K, Mori C.
Exploration of predictive metabolic factors for gestational diabetes mellitus in Japanese women using metabolomic analysis.
J Diabetes Investig. 2019 Mar;10(2):513-520. doi: 10.1111/jdi.12887. Epub 2018.8.31. PMID: 29956893.

Hanazato M, Suzuki N, Koga C, Nakaoka H, Mori C.
A Study of Design for Reduction and Monitoring of Volatile Organic Compounds in Indoor Air: the Case of a Commercial Bank in Japan.
Journal of Asian Architecture and Building Engineering. 2018 Volume17(3), 573-579. Published: 2018.9.15.

Hikichi H, Aida J, Matsuyama Y, Tsuboya T, Kondo K, Kawachi I.
Community-level social capital and cognitive decline after a natural disaster: A natural experiment from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
Soc Sci Med. 2018.9.28:111981. doi: 10.1016/j.socscimed.2018.09.057. PMID: 30293854.

Dissanayake E, Inoue Y, Ochiai S, Eguchi A, Nakano T, Yamaide F, Hasegawa S, Kojima H, Suzuki H, Mori C, Kohno Y, Taniguchi M, Shimojo N.
Hsa-mir-144-3p expression is increased in umbilical cord serum of infants with atopic dermatitis.
J Allergy Clin Immunol. 2019 Jan;143(1):447-450.e11. doi: 10.1016/j.jaci.2018.09.024. Epub 2018.10.9. PMID: 30312706.

Hosokawa R, Kondo K, Ito M, Miyaguni Y, Mizutani S, Goto F, Abe Y, Tsuge Y, Handa Y, Ojima T.
The Effectiveness of Japan’s Community Centers in Facilitating Social Participation and Maintaining the Functional Capacity of Older People.
Res Aging. 2019 Apr;41(4):315-335. doi: 10.1177/0164027518805918. Epub 2018.10.16. PMID: 30326775.

Tani Y, Suzuki N, Fujiwara T, Hanazato M, Kondo N, Miyaguni Y, Kondo K.
Neighborhood food environment and mortality among older Japanese adults: results from the JAGES cohort study.
International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity. 2018.10.19;15(1):101. doi: 10.1186/s12966-018-0732-y. Published online 2018.10.19. PMID: 30340494. PMCID: PMC6194719.

Nakagawa R, Akagi R, Yamaguchi S, Enomoto T, Sato Y, Kimura S, Ogawa Y, Sadamasu A, Ohtori S, Sasho T.
Single vs. repeated matrix metalloproteinase-13 knockdown with intra-articular short interfering RNA administration in a murine osteoarthritis model.
Connect Tissue Res. 2019 Jul; 60(4):335-343. Epub 2018.10.26. PMID: 30345823.

Suzuki N, Nakaoka H, Hanazato M, Nakayama Y, Takaya K, Mori C.
Emission rates of substances from low-volatile-organic-compound paints.
International Journal of Environmental Science and Technology 2019 16:4543–4550
https://doi.org/10.1007/s13762-018-2093-0. Published online: 2018.10.30.

Zaitsu M, Kawachi I, Ashida T, Kondo K, Kondo N.
Participation in Community Group Activities Among Older Adults: Is Diversity of Group Membership Associated With Better Self-rated Health?.
J Epidemiol. 2018.11.5;28(11):452-457. doi: 10.2188/jea.JE20170152. PMID:29709889. PMCID: PMC6192976.

Misawa J, Kondo K.
Social factors relating to depression among older people in Japan: analysis of longitudinal panel data from the AGES project.
Aging Ment Health. 2018.11.8:1-10. doi: 10.1080/13607863.2018.1496225. PMID: 30406670.

Nakagawa R, Yamaguchi S, Kimura S, Sadamasu A, Yamamoto Y, Muramatsu Y, Sato Y, Akagi R, Sasho T, Ohtori S.
Efficacy of foot orthoses as nonoperative treatment for hallux valgus: A 2-year follow-up study.
J Orthop Sci. 2019 May; 24(3):526-531. Epub 2018.12.1. PMID: 30509733.

Sakurai K, Mori C.
Current Findings in a Birth Cohort Study with Omics Analysis: Chiba Study of Mother and Child Health (C-MACH).
Pre-emptive Medicine: Public Health Aspects of Developmental Origins of Health and Disease. Ch. 10, 165-174. 2019. First Online 2018.12.11.

Sato K, Viswanath K, Hayashi H, Ishikawa Y, Kondo K, Shirai K, Kondo N, Nakagawa K, Kawachi I.
Association between exposure to health information and mortality:Reduced mortality among women exposed to information via TV programs.
Soc Sci Med. 2019 Jan;221:124-131. doi: 10.1016/j.socscimed.2018.12.019. Epub 2018.12.12. PMID: 30583269.

Lyman S, Omori G, Nakamura N, Takahashi T, Tohyama H, Fukui N, Ikeda H, Sasho T, Saito T, Hayashi Y, Deie M.
Development and validation of a culturally relevant Japanese KOOS.
J Orthop Sci. 2019 May; 24(3):514-520. doi: 10.1016/j.jos.2018.11.014. Epub 2018.12.24. PMID: 30591399.

Saito M, Kondo N, Oshio T, Tabuchi T, Kondo K.
Relative deprivation, poverty, and mortality in Japanese older adults: a six-year follow-up of the JAGES cohort survey.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Jan 10;16(2). pii: E182. doi: 10.3390/ijerph16020182. PMID:30634562. PMCID: PMC6352140.

Murata C, Saito T, Saito M, Kondo K.
The Association between Social Support and Incident Dementia: A 10-Year Follow-Up Study in Japan.
Int J Environ Res Public Health. 2019 Jan 16;16(2). pii: E239. doi: 10.3390/ijerph16020239. PMID:30654459. PMCID: PMC6352228.

Ikeda T, Sugiyama K, Aida J, Tsuboya T, Watabiki N, Kondo K, Osaka K.
Socioeconomic inequalities in low back pain among older people: the JAGES cross-sectional study.
Int J Equity Health. 2019 Jan 21;18(1):15. doi: 10.1186/s12939-019-0918-1. PMID:30665404. PMCID: PMC6341699.

Hikichi H, Aida J, Kondo K, Tsuboya T, Kawachi I.
Residential relocation and obesity after a natural disaster: A natural experiment from the 2011 Japan Earthquake and Tsunami.
Sci Rep. 2019 Jan 23;9(1):374. doi: 10.1038/s41598-018-36906-y. PMID:30675013. PMCID: PMC6344590.

Rumi Tanoue, Luigi Margiotta-Casaluci, Belinda Huerta, Tamsin J Runnalls, Akifumi Eguchi, Kei Nomiyama, Tatsuya Kunisue, Shinsuke Tanabe, John P Sumpter.
Protecting the environment from psychoactive drugs: Problems for regulators illustrated by the possible effects of tramadol on fish behaviour.
Science of The Total Environment. Volume 664. 2019.5.10. Pages 915-926. doi: 10.1016/j.scitotenv.2019.02.090. Epub 2019.2.6. PMID: 30769315.

Midori Yamamoto, Kenichi Sakurai, Akifumi Eguchi, Shin Yamazaki, Shoji F. Nakayama, Tomohiko Isobe, Ayano Takeuchi, Tosiya Sato, Akira Hata, Chisato Mori, Hiroshi Nitta, the Japan Environment and Children’s Study Group.
Association between Blood Manganese Level during Pregnancy and Birth Size: the Japan Environment and Children’s Study (JECS).
Environmental Research. 2019 May;172:117-126. doi: 10.1016/j.envres.2019.02.007. Available online 2019.2.8. PMID: 30782531.

Tani Y, Suzuki N, Fujiwara T, Hanazato M, Kondo K.
Neighborhood Food Environment and Dementia Incidence: the Japan Gerontological Evaluation Study Cohort Survey.
American journal of preventive medicine. 2019 Mar 56(3):383-392. doi: 10.1016/j.amepre.2018.10.028. Available online 2019.2.15. PMID: 30777158.

Amemiya A, Kondo N, Saito J, Saito M, Takagi D, Haseda M, Tani Y, Kondo K.
Socioeconomic Status and Improvement in Functional Ability among Older Adults in Japan: a longitudinal study.
BMC Public Health. 2019.2.19. 19(1):209. doi: 10.1186/s12889-019-6531-9. Published online 2019.2.19. PMID:30782149. PMCID: PMC6381753.

Nakagomi A, Tsuji T, Hanazato M, Kobayashi Y, Kondo K.
Association between community-level social participation and self-reported hypertension in older Japanese: A JAGES multilevel cross-sectional study.
American journal of hypertension. 2019.4.22. 32(5):503-514. doi: 10.1093/ajh/hpz028. Published 2019.2.22. PMID: 30793745.

Yamaguchi M, Takahashi K, Hanazato M, Suzuki N, Kondo K, Kondo N.
Comparison of Objective and Perceived Access to Food Stores Associated with Intake Frequencies of Vegetables/Fruits and Meat/Fish among Community-Dwelling Older Japanese.
Int J Environ Res Public Health. 2019.3.3. 16(5):772. doi: 10.3390/ijerph16050772. Published online 2019.3.3. PMID:30832455. PMCID: PMC6427395.

Fujihara S, Tsuji T, Miyaguni Y, Aida J, Saito M, Koyama S, Kondo K.
Does Community-Level Social Capital Predict Decline in Instrumental Activities of Daily Living? A JAGES Prospective Cohort Study.
Int J Environ Res Public Health. 2019.3.7. 16(5)828. doi: 10.3390/ijerph16050828. Published online 2019.3.7. PMID:30866468. PMCID:PMC6427449.

Shiba K, Hikichi H, Aida J, Kondo K, Kawachi I.
Long-Term Associations Between Disaster Experiences and Cardiometabolic Risk: A Natural Experiment From the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
Am J Epidemiol. 2019.6.1. 188(6):1109-1119. doi: 10.1093/aje/kwz065. Published online 2019.3.15. PMID: 30874714. PMCID: PMC7301774.

Saito M, Aida J, Kondo N, Saito J, Kato H, Ota Y, Amemiya A, Kondo K.
Reduced long-term care cost by social participation among older Japanese adults: a prospective follow-up study in JAGES.
BMJ Open. 2019.3.30. 9(3):e024439. doi: 10.1136/bmjopen-2018-024439. Published online 2019.3.30. PMID:30928931. PMCID: PMC6475166.

【査読論文】和文

井手一茂, 宮國康弘, 中村恒穂, 近藤克則.
個人および地域レベルにおける要介護リスク指標とソーシャルキャピタル指標の関連の違いーJAGES2010横断研究.
厚生の指標. 65(4):31-38. 2018年4月.

中村廣隆, 尾島俊之, 中川雅貴, 近藤克則.
地域在住高齢者が転出に至る要因-望まない転出を予防するために.
厚生の指標. 65(5): 21-26 2018年5月.

岡部大地, 辻大士, 近藤克則.
高齢者総合機能評価は健診よりも健康寿命喪失を予測する: JAGESコホート研究.
日本老年医学会雑誌. 2018年7月25日. 55(3): 367-377, 2018.

渡邉良太, 竹田徳則, 林尊弘, 金森悟, 辻大士, 近藤克則.
フレイルから改善した地域在住高齢者の特徴:JAGES縦断研究.
総合リハビリテーション. 2018年9月10日. 46(9): 853-862.

井手一茂, 鄭丞媛, 村山洋史, 宮國康弘, 中村恒穂, 尾島俊之, 近藤克則.
介護予防のための地域診断指標 文献レビューと6基準を用いた量的指標の評価.
総合リハビリテーション. 2018年12月10日. 46(12): 1205-1216.

田島明子, 近藤克則.
介護予防を目的とした住民運営の通いの場で支援を行う作業療法士の役割.
リハビリテーション科学ジャーナル. 2019年3月31日. (14): 47-59.

【その他学術論文・プロシーディングス】

佐粧孝久.
ロコモティブシンドロームと予防医学の現状.
医学のあゆみ. 265(4), 303-309. 2018年4月28日.

山本緑.
出生コホート研究-子どもたちの健康を守る環境づくりのために.
医学のあゆみ. 2018年7月14日. Vol.266, No.2, 169-174.

関根章博, 竹田治彦, 山下泰生, 丸澤宏之.
PacBioRSIIを用いたインターフェロンフリー療法無効症例の原因となった変異の検出法:ダクラタスビル+アスナプレビルを例として.
医学のあゆみ. 266(3), 237-242. 2018年7月21日.

近藤克則.
健康格差の実態と対策―JAGES における概要.
公益財団法人長寿科学振興財団,機関誌Aging & Health(86),2018年夏号. 特集:高齢者の健康格差健康格差 6-9. 2018年7月.

藤原聡子, 服部真治, 近藤克則.
地域包括ケアシステムは機能するか- 4. ソーシャルキャピタルと地域包括ケアシステム.
医学のあゆみ. 267(6):479-484. 2018年11月10日.

【著書】

近藤克則
長生きできる町
KADOKAWA 2018年10月6日

近藤克則
研究の育て方:ゴールとプロセスの「見える化」
医学書院 2018年10月22日

花里真道
「オフィス環境のデザインワーク・エンゲイジメントにはどのような関係がありますか」 島津明人編著『Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント』
金剛出版 2018年12月9日

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

森千里.
留学生の旅行医学~留学安全管理者の育成~.
第17回日本旅行医学会大会. 東京都渋谷区. 2018年4月7日. 講演.

森千里.
環境予防医学Ⅰ住居ー住居社会環境と健康ー.
日本アンチエイジングフード協会シンポジウム. 東京都渋谷区. 2018年5月19日. 講演.

佐粧孝久, 山口智志, 赤木龍一郎 他.
超早期変形性関節症に対する顆間窩骨棘のバイオマーカーとしての意義.
日本整形外科学会学術総会. 兵庫県神戸市. 2018年5月25日.

長嶺由衣子.
糖尿病の所得格差:日本の高齢者約1万人の健診データJAGES2010より.
第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 三重県津市. 2018年6月16日.

辻大士, 宮國康弘, 金森悟, 花里真道, 近藤克則.
高齢者における地域レベルのスポーツグループ参加割合と認知症発症: JAGESにおける6年間の縦断コホート研究.
第21回日本運動疫学会学術総会. 東京都新宿区. 2018年6月23-24日.

近藤克則, 井手一茂.
個人および地域レベルにおける要介護リスク指標とソーシャルキャピタル指標‐JAGES2010横断研究.
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会. 福岡県福岡市. 2018年6月28日.

近藤克則.
健康なまちづくり.
健康社会と空間・まちづくりシンポジウム. 東京千代田区. 2018年7月3日.

森千里.
環境ホルモンと生殖・次世代への影響.
第36回日本受精着床学会総会. 千葉県千葉市. 2018年7月26日. 教育講演1.

森千里.
ドイツで学びましょう・曾孫が語る医学者鷗外が見た百年後の日本.
北海道日独協会シンポジウム. 北海道札幌市. 2018年8月4日. 講演.

杉田明穂, 櫻井健一, 田邉裕美, 西澤紫乃, 森千里.
母体の妊娠中体重増加量と臍帯における肥満関連遺伝子のDNAメチル化.
第7回日本DOHaD学会学術集会. 東京都新宿区. 2018年8月17日. ポスター発表:P1-1.

辻大士.
「若手の会」設立の経緯と今後の取り組み.
日本体育学会第69回大会. 徳島県徳島市. 2018年8月24-26日. ランチョンセミナー3.

門間陽樹, 天笠志保, 鎌田真光, 辻大士, 松下宗洋, 山北満哉, 川上諒子, 笹井浩行.
統計相談会(統計解析と研究デザインの狭間 -統計解析に関する素朴な疑問に答えます-).
第4回 運動と健康:分野横断型勉強会. 福井県福井市. 2018年9月6日.

金子惇, 齋藤文洋, 齊藤恵子, 原穂高, 本村隆子, 中島光知子, 川﨑順子, 栗林久子, 西岡大輔, 長嶺由衣子, 近藤尚己, 近藤克則.
医療福祉生協の班会活動への参加と健康因子及び要介護認定の関連:前向きコホート研究.
第3回日本HPHカンファレンス2018. 東京都江東区. 2018年10月13-14日.

斎藤文洋, 金子惇, 齊藤恵子, 原穂高, 本村隆子, 中島光知子, 川﨑順子, 栗林久子, 西岡大輔, 長嶺由衣子, 近藤尚己, 近藤克則.
医療福祉生協の班会活動への参加と健康因子及び要介護認定の関連:前向きコホート研究より-班会参加組合員に見るSDHの現状.
第3回日本HPHカンファレンス2018. 東京都江東区. 2018年10月13-14日.

長嶺由衣子.
被災による高齢者の総死亡への中長期影響:JAGES2010 6年間追跡データより.
第77回日本公衆衛生学会総会. 福島県郡山市.2018年10月24日. 口演:O-0602-4. 抄録集 p195.

横山芽衣子.
通いの場参加割合と要介護リスクのJAGES地域相関研究:可住地人口密度別の検証.
第77回日本公衆衛生学会総会. 福島県郡山市. 2018年10月25日. 示説:P-0801-3. 抄録集 p295.

近藤克則.
参加型研究の最新動向:現場に即役立つエビデンスづくりにむけて. シンポジウム14.
日本老年学的評価研究(JAGES)の概要と7つの重要要素:震災後の自殺・メンタルヘルス対策~研究成果から具体的な対策へ. シンポジウム32.
第77回日本公衆衛生学会総会. 福島県郡山市. 2018年10月26日.

辻大士.
パーソナル・ヘルス・レコードを利活用した通いの場の介護予防効果:2年間の縦断研究.
第77回日本公衆衛生学会総会. 福島県郡山市. 2018年10月26日. 示説:P-0611-7. 抄録集 p293.

森千里.
曾祖父鷗外と予防医学.
第38回日本臨床麻酔学会大会. 福岡県北九州市. 2018年11月2日. 記念講演2.

森千里.
環境予防医学Ⅱ腸内細菌ー体内・体外環境と健康ー.
日本アンチエイジングフード協会シンポジウム. 東京都渋谷区. 2018年11月17日. 講演.

近藤克則.
ゼロ次予防戦略によるWell Active Communityのデザイン・評価技術の創出と社会実装.
【OPERA】Well Active Community 共創コンソーシアム キックオフシンポジウム. 東京都港区AP新橋. 2018年12月4日.

森千里.
留学生の安全管理について.
日本旅行医学会第一回留学安全管理者養成講座. 東京都千代田区. 2018年12月14日. 講演.

田邉裕美.
乳児湿疹と臍帯血TARC値及びアレルギー疾患との関連性.
第14回TAP(Tokyo scientific forum for Atopic Dermatitis and Psoriasis)-乾癬とアトピー性皮膚炎の基礎と臨床を考える会(東京)-. 東京都千代田区. 2018年12月15日. 講演.

近藤克則, Megumi Rosenberg, 長嶺由衣子, 近藤尚己, 相田潤, 尾島俊之, 斉藤雅茂.
疫学研究から実践・政策への橋渡しの方法に関する研究:JAGESの事例検討.
第29回日本疫学会学術総会. 東京都中央区. 2019年1月31日. ポスター:P-014. 講演集 p102.

辻大士, 金森悟, 渡邉良太, 宮國康弘, 近藤克則.
高齢者がグループに参加して実践するスポーツ種目と主観的健康感、抑うつとの関連: JAGES横断研究.
第29回日本疫学会学術総会. 東京都中央区. 2019年2月1日. ポスター:P-134. 講演集 p131.

近藤克則.
まちづくり分野でのソーシャル・インパクト・ボンドの可能性.
「まちづくり×SIB」シンポジウム. 東京都港区. 2019年3月7日.

【一般発表】国外

Sasho T, et al.
Osteophyte formation on medial wall of the intercondylar notch of femur is an early sign of osteoarthritic knee development using osteoarthritis initiative data.
OARSI 2018. Liverpool, UK. 2018.4.27.

Chisato Mori, Akifumi Eguchi, Shino-Nishizawa Jotaki, Hiromi Tanabe, Masahiro Watanabe, Emiko Todaka, Kenichi Sakurai.
Relationship between DNA methylation status in cord tissue and residue levels of PCBs in paired cord serum.
PPTOX Ⅺ. Faroe Islands, Demmark. 2018.5.29. Poster summaries:P041.

H Nakaoka, N Suzuki, Y Nakayama, K Takaya, E Todaka, S Tanaka, K Matsushita.
A preliminary study to investigate the relationship between indoor environment and its effect on physical and mental health.
Air Pollution 2018. Naples, Italy. 2018.6.19. Session4A.

Kenichi Sakurai, Yumi Sato, Masahiro Watanabe, Chisato Mori.
Effects of maternal factors on fetal adipokine levels.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.22. P1-35.

Yumi Sato, Kenichi Sakurai, Hiromi Tanabe, Tamotsu Kato, Hiroshi Ohno, Chisato Mori.
Association between maternal gut microbiota and neonatal growth.
EE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.22. P1-37.

Norimichi Suzuki, Hiroko Nakaoka, Yoshitake Nakayama, Kazunari Takaya, Masamichi Hanazato, Emiko Todaka, Chisato Mori.
Indoor air quality and health -Chemiless Town Project Phase3-.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.22. P1-24.

Akifumi Eguchi, Kenichi Sakurai, Midori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Emiko Todaka, Chisato Mori.
Relationship between residue levels of PCBs, p, p’-DDE, PBDEs and trace elements in maternal and umbilical cord serum from Chiba, Japan.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.22. O3-3.

Masae Otake, Akiko Kawanami, Masahiro Watanabe, Kenichi Sakurai, Chisato Mori.
Effects of dietary patterns and other factors on reports of maternal low energy among pregnant women in Chiba.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.23. P2-33.

Chisato Mori, Akifumi Eguchi, Shino-Nishizawa Jotaki, Hiromi Tanabe, Masahiro Watanabe, Emiko Todaka, Kenichi Sakurai.
Epigenetic indicators of the effects by fetal PCB exposure on DNA methylation status in human umbilical cord.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.24. Oral presentation.

Midori Yamamoto, Chisato Mori, Akira Hata.
Portable Device Use by Three-Year-Old Children and the Mother-Child Relationship.
ISEE/ES AC 2018. Taipei, Taiwan. 2018.6.24. O13-4.

Chisato Mori.
Exploration of Potential Biomarkers and Related Biological Pathways For P, P’-DDE Exposure in Maternal Serum.
ISES-ISEE2018. Ottawa, Canada. 2018.8.28. P02.3210.

Emiko Todaka, Satomi Shiga, Kirsten Poore, Patrick Fenichel, Chisato Mori.
A pilot education program in collaboration with World Health Organization to increase knowledge and awareness amongst medical students of “Environmental Preventive Medicine”.
EUROTOX2018. Brussels, Belgium. 2018.9.4. Poster.

Shota Tajima, Takeshi Ueno, Kenjiro Matsuura, Toru Mitani, Yutaka Iwasaki, Masamichi Hanazato, Masayuki Suzuki.
Multidisciplinary Collaboration in University-Linked Continuing Care Retirement Community (CCRC) in Nagara.
The 12th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA). Gangwon, Korea. pp1351-1355, 2018.10.25. Oral Session:MU2-4.

K Yanase, A Eguchi, M Yamamoto, K Sakurai, M Watanabe, E Todaka, C Mori.
Association between Maternal Exposure to PCBs and Head Circumference of Male Newborns at Birth in Chiba Birth Cohort (C-MACH).
SOT 58th Annual Meeting and ToxExpo. 2019.3.12. #1884-P268 PosterI.

Akifumi Eguchi, Kenichi Sakurai, Tamotsu Kato, Yumiko Nakanishi, Hiromi Tanabe, Yumi Sato, Midori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Hiroshi Ohno, Chisato Mori.
Alterations in Profiles of Metabolome and Gut-Microbiome Due to Exposure of PCBs and p, p’-DDE in C-MACH Cohort.
SOT 58th Annual Meeting and ToxExpo. 2019.3.13. #3087-P628 Poster.

【一般発表】国内

近藤克則.
健康格差社会への処方箋.
船橋二和病院講演会. 千葉県船橋市. 2018年4月10日. 口頭発表.

近藤克則.
社会疫学調査の結果を公衆衛生看護活動に活かす.
日本福祉大学東海キャンパス看護学部講演会. .愛知県東海市. 2018年4月20日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差と歯科.
千葉県小児歯科医会講演. 千葉県千葉市美浜区. 2018年4月22日. 口頭発表.

近藤克則.
「地域栄養経営」という地域における重症化予防をテーマ.
「地域栄養経営」の巻頭特別対談. 東京都千代田区. 2018年5月1日. 対談.

佐藤由美, 櫻井健一, 田邉裕美, 加藤完, 大野博司, 森千里.
妊娠期の食事摂取と腸内細菌叢の関連性.
第72回日本栄養・食糧学会大会. 岡山県岡山市. 2018年5月13日. 口頭発表:3N-05p.

近藤克則.
認知症の少ないまちづくり.
第3回尼崎適塩化フォーラム. 兵庫県尼崎市. 2018年5月13日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋、HPHと私たちの役割.
城南福祉医療協会. 東京都大田区. 2018年5月14日. 口頭発表.

近藤克則.
(1)KDB等利活用部会報告書案(2)KDBにかかる第三者提供の検討案(3)その他.
ビッグデータ利活用推進委員会KDB等利活用部会(第3回). 東京都千代田区. 2018年5月15日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋-他部門連携.
第21回ちば医療連携の会・学術講演会. 千葉県千葉市中央区. 2018年5月16日. 口頭発表.

江口哲史, 榎本剛司, 三上紗弥香, 森千里.
Mini SPE カートリッジを用いた血清中PCBs分析法の検討.
第27回環境化学討論会. 沖縄県那覇市. 2018年5月22日. 口頭発表:1A-08.

野見山桂, 江口哲史, 西川博之, 水川葉月, 山本恭央, 滝口満喜, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 田辺信介.
血清中メタボローム解析によるペットネコ(Felis catus)の有機ハロゲン化合物毒性影響評価.
第27回環境化学討論会. 沖縄県那覇市. 2018年5月23日. 口頭発表:2A-11.

櫻井健一, 江口哲史, 渡邉応宏, 山本緑, 石川耕, 森千里.
メタボローム解析を用いた妊娠糖尿病発症予測マーカーの探索.
第61回日本糖尿病学会年次学術集会. 東京都千代田区. 2018年5月25日. ポスター.

小川裕也, 木村青児, 貞升彩, 榎本隆宏, 佐藤祐介, 中川量介, 赤木龍一郎, 山口智志, 大鳥精司, 佐粧孝久.
早期変形性膝関節症における顆間窩骨棘の臨床的意義. 
第91回日本整形外科学会学術総会. 兵庫県神戸市. 2018年5月25日.

山口智志, 中川量介, 木村青児, 貞升彩, 赤木龍一郎, 村松佑太, 山本陽平, 佐粧孝久, 他.
外反拇趾に対する足底装具の治療成績の検討―2年間の前向き縦断研究―. 
第91回日本整形外科学会学術総会. 兵庫県神戸市. 2018年5月25日.

貞升彩, 山口智志, 木村青児, 中川量介, 赤木龍一郎, 佐粧孝久, 他.
踵骨骨折に伴う腓骨筋腱脱臼症例の検討.
第91回日本整形外科学会学術総会. 兵庫県神戸市. 2018年5月26日.

田邉裕美, 櫻井健一, 中野泰至, 渡邉応宏, 落合伸伍, 下条直樹, 森千里.
乳児湿疹と臍帯血 TARC 値及びアレルギー疾患との関連性.
第67回日本アレルギー学会学術大会. 2018年6月22日. ミニシンポジウム:4-1.

近藤克則.
Social Determinants of Health.
聖路加国際大学公衆衛生大学院講演. 東京都中央区. 2018年6月23日. 口頭発表.

近藤克則.
認知症になりにくいまちづくり―ゼロ次予防を目指して.
NPO法人設立10周年設立記念講演会. 千葉県柏市. 2018年6月26日. 口頭発表.

近藤克則.
Getting from science to policy and practice, How to make sure that your research findings do not get lost in translation?.
健康長寿・地域共生社会づくりと「見える化」. 東京都中央区. 2018年7月5日. 口頭発表.

近藤克則.
食環境と健康-こどもから高齢者まで-.
第5回アマニフォーラムセミナー. 東京都中央区. 2018年7月10日. 口頭発表.

近藤克則.
持続可能な社会に向けて私たちができること~多世代協働の社会づくり~.
千葉県生協共同組合連合会講演会. 千葉県千葉市. 2018年7月12日. 口頭発表.

辻大士.
地域包括ケア「見える化」システムおよび地域マネジメント支援システムを活用した地域診断と効果評価の進め方.
公益社団法人地域医療振興協会講演会. 東京都千代田区. 2018年7月12日. 口頭発表.

亀田義人.
保険者機能強化推進において、今保険者がなすべきこととは.
トーテックアメニティ株式会社. 大阪府大阪市. 2018年7月13日. 口頭発表.

近藤克則.
地域コミュニティの差が健康の差に.
麻生区協働事業第3期「超高齢団地の支え合い」平成30年度第2回講演会. 神奈川県川崎市. 2018年7月14日. 口頭発表.

辻大士.
学位取得と就職の道のりについて.
筑波大学大学院講義. 茨城県つくば市. 2018年7月18日. 口頭発表.

森千里, 江口哲史, 西沢紫乃, 田邉裕美, 渡邉応宏, 戸髙恵美子, 櫻井健一.
母体胎盤経由PCB曝露における臍帯のDNAメチル化変異に関する検討.
日本毒性学会第45回学術年会. 大阪府大阪市. 2018年7月19日. 口頭発表:O-24.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋.
栃木保健医療生活協同組合学習講演会. 栃木県宇都宮市. 2018年7月22日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会における健康なまちづくり.
福祉自治体ユニット記念会. 東京都千代田区. 2018年7月23日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差対策と地域共生社会づくり.
鳥取県市町村保健師協議会. 鳥取県倉吉市. 2018年7月24日. 口頭発表.

近藤克則.
データヘルス新時代の健康なまちづくり.
長野県保健者協議会トップセミナー. 長野県長野市. 2018年7月31日. 口頭発表.

近藤克則.
地域課題の「見える化」と地域マネジメント支援システム.
大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座. 大阪府吹田市. 2018年8月3日. 口頭発表.

近藤克則.
データヘルス時代の健康づくり.
内閣府講演. 東京都千代田区. 2018年8月6日. 口頭発表.

杉田明穂, 櫻井健一, 田邉裕美, 西澤紫乃, 森千里.
母体の妊娠中体重増加量と臍帯における肥満関連遺伝子のDNAメチル化.
第7回日本DOHaD学会学術集会. 東京都新宿区. 2018年8月17日-18日.

近藤克則.
介護・医療保険データの活用による地域づくり~人生100年時代のデータヘルスの推進~.
平成30年度高齢者保健事業推進研修. 北海道札幌市. 2018年08月22日-23日. 口頭発表.

亀田義人.
人のつながりと健康-健康になるまちづくりへの示唆.
城西国際大学. 千葉県東金市. 2018年8月25日. 口頭発表.

近藤克則.
健康 ー個人モデルと生態・環境モデル.
健康脆弱化予知予防コンソーシアム第6回 運動機能の脆弱化予知予防研究会. 東京都中央区. 2018年8月29日. 口頭発表.

近藤克則.
データヘルス時代の健康づくり.
山口国民健康保険団体連合会. 山口県山口市. 2018年8月31日. 口頭発表.

石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道.
社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その1:食行動は若手社員の健康と関連するか?.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

原裕介, 古賀千絵, 西垣美穂, 吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 花里真道.
社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その2:社員寮においてひとりの時間を確保できていることは、社員の主観的健康観と関連するか?.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

西垣美穂, 石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 原裕介, 花里真道.
社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その3:寮内での学習・自己研鑽の影響と職場のワーク・エンゲイジメントの関連.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 鈴木規道, 原裕介.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その9:1年後の心理ストレスと人の声・視線への意識との関連.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 鈴木規道, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント, 健康, 行動にどのように影響を及ぼすか? その10:自席の天井高さ・パーティションの高さ・物品の量と自席の環境との相関分析.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

西田恵, 石川敦雄, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道.
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント、健康、行動にどのように影響を及ぼすか? その11:ワーク・エンゲイジメントに影響を与える休憩行動についての1年間縦断調査.
2018年度日本建築学会大会. 宮城県仙台市. 2018年9月4-6日.

近藤克則.
ジェロントロジーから見た老年医学.
第68回日本老年医学会 関東甲信越地方会. 東京都文京区. 2018年9月8日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋-子ども達と子育て世代を中心に-.
全日本民医連小児医療研究発表会における講演. 福島県福島市. 2018年9月16日. 口頭発表.

近藤克則.
人生100年時代の介護予防.
岡山県介護予防交流フォーラム. 岡山県岡山市. 2018年9月27日. 口頭発表.

近藤克則.
よりよい地域包括ケアシステムとは~医療・介護・福祉連携を考える~.
第14回京都民医連中央病院地域医療連携懇話会. 京都府京都市中京区. 2018年9月29日. 口頭発表.

亀田義人.
河合塾医進特別講演.
学校法人河合塾講演会. 静岡県浜松市. 2018年9月30日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差の社会的処方箋~健康に生活できるまちづくり~.
宇都宮市議会市民連合講演会. 栃木県宇都宮市. 2018年10月5日. 口頭発表.

近藤克則.
健康の社会的要因と農村医学-JAGESプロジェクトからの示唆.
第67回日本農村医学会学術総会. 東京都江東区. 2018年10月10日. 口頭発表.

山本緑, 森千里, 羽田明.
出生コホート調査参加者の遺伝子解析に対する考えと遺伝リテラシーについて.
日本人類遺伝学会第63回大会. 神奈川県横浜市. 2018年10月11日. ポスター:P-137.

辻大士.
人のつながりが生む力とは.
地域医療を考える稚内市民会議講演会. 北海道稚内市. 2018年10月12日. 口頭発表.

亀田義人.
健康格差と社会的処方.
東京保健生活協同組合講演会. 東京都文京区. 2018年10月12日. 口頭発表.

近藤克則.
健康寿命延命伸とその環境作り.
鍋島整形主催の会. 千葉県千葉市中央区. 2018年10月19日. 口頭発表.

近藤克則.
プライマリケア医療の課題と近未来.
医歯薬出版株式会社 第一出版部編集. ①東京都文京区②東京都千代田区. 2018年10月20日. 口頭発表.

亀田義人.
健康格差と社会的処方.
東京保健生活協同組合講演会. 東京都文京区. 2018年10月22日. 口頭発表.

花里真道, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 吉田紘明, 西垣美穂, 鈴木規道.
オフィスにおける健康(その3)~自席の開放性とワーク・エンゲイジメント~.
第77回日本公衆衛生学会. 福島県郡山市. 2018年10月24日. 示説:P-2001-1.

吉田紘明, 石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 西垣美穂, 鈴木規道, 花里真道.
オフィスにおける健康(その4)~自席の開放性と組織への愛着~.
第77回日本公衆衛生学会. 福島県郡山市. 2018年10月24日. 示説:P-2001-2.

西田恵, 石川敦雄, 古賀千絵, 吉田紘明, 西垣美穂, 鈴木規道, 花里真道.
オフィスにおける健康(その5)~休憩行動と1年後のワーク・エンゲイジメント~.
第77回日本公衆衛生学会. 福島県郡山市. 2018年10月24日. 示説:P-2001-3.

石川敦雄, 西田恵, 古賀千絵, 花里真道.
社員寮で共同生活する若手社員の食行動と心理的ストレスとの関連.
第77回日本公衆衛生学会. 福島県郡山市. 2018年10月24日. 示説:P-2001-10.

西垣美穂, 花里真道, 古賀千絵, 鈴木規道, 近藤克則.
高齢者の運動機能の低下・うつと地域の街区公園の関連~JAGES2016横断研究~.
第77回日本公衆衛生学会. 福島県郡山市. 2018年10月25日. 示説:P-0605-6.

山本緑, 羽田明.
幼児における携帯情報端末の利用状況と親の利用に関する取り組みとの関連.
第77回日本公衆衛生学会総会. 福島県郡山市. 2018年10月26日. 口頭発表:O-0402-3.

亀田義人.
健康格差と社会的処方.
東京保健生活協同組合講演会. 東京都文京区. 2018年10月27日. 口頭発表.

近藤克則.
社会参加で健康なまちづくり.
健和会病院講演会. 長野県飯田市. 2018年10月27日. 口頭発表.

近藤克則.
人生100年時代を迎えた今、シニアの社会参加について理解と活動が一層進むような講演.
「長寿たすけ愛講演会2018in飯田」講演. 長野県飯田市. 2018年10月28日. 口頭発表.

近藤克則.
データヘルス時代の健康なまちづくり.
神奈川県国民健康保険運営協議会長等協議研修. 神奈川県横浜市. 2018年10月30日. 口頭発表.

辻大士.
フレイルやサルコペニアの病態と治療・指導の実際について.
医療法人社団たいける会講演会. 東京都足立区. 2018年11月2日. 口頭発表.

近藤克則.
地域づくりによる認知症予防の可能性.
第29回日本老年医学会東海地方会. 愛知県名古屋市. 2018年11月3日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会の処方箋.
医療法人健和会講演会. 東京都足立区. 2018年11月12日. 口頭発表.

近藤克則.
データヘルス時代の健康なまちづくり.
千葉県国民健康保険団体連合会. 千葉県千葉市稲毛区. 2018年11月13日. 口頭発表.

近藤克則.
ソーシャル・キャピタルを活かした医療とまちづくり.
これからの医療とまちづくりシンポジウム. 東京都千代田区. 2018年11月17日. 口頭発表.

近藤克則.
生物・心理・社会モデルと地域保健と社会学.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会関東甲信越ブロック地方会. 千葉県千葉市. 2018年11月18日. 口頭発表.

亀田義人.
河合塾医進特別講演.
学校法人河合塾講演会. 静岡県浜松市. 2018年11月25日. 口頭発表.

辻大士.
地域でつながる介護予防~安心して元気に暮らすための地域づくり~.
大洗町講演会. 茨城県東茨城郡. 2018年11月27日. 口頭発表.

辻大士.
人とつながりが元気な地域を創る~私のまち×私の健康を考えよう.
神戸市保健福祉局講演会. 兵庫県神戸市. 2018年11月29日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差社会への処方箋.
第2回フロリデーション協会講演会. 長崎県長崎市. 2018年12月2日. 口頭発表.

辻大士.
多摩★まち大学「健康づくりと地域コミュニティ」.
多摩区まちづくり協議会講演会. 神奈川県川崎市. 2018年12月4日. 口頭発表.

辻大士.
人とつながりが元気な地域を創る~私のまち×私の健康を考えよう.
神戸市保健福祉局講演会. 兵庫県神戸市. 2018年12月6日. 口頭発表.

辻大士.
人とつながりが元気な地域を創る~私のまち×私の健康を考えよう.
神戸市保健福祉局講演会. 兵庫県神戸市. 2018年12月7日. 口頭発表.

中岡宏子, 鈴木規道, 中山誠健, 高谷一成, 津村佳余, 田中眞.
健康増進を目指した室内空気環境創造の取り組み.
平成30年室内環境学会学術大会. 東京都目黒区. 2018年12月7日. 口頭発表.

Akifumi Eguchi.
Workflow of non-target metabolome analysis for body fluid samples in our study.
2nd Chemical Hazard Symposium. Ehime, Japan. 2018.12.8.

近藤克則.
ソーシャル・キャピタルで健康なまちづくり -高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施の科学的根拠-.
公立大学法人福島県立医科大学講演会. 福島県福島市. 2018年12月10日. 口頭発表.

亀田義人.
まちづくりや社会参加の重要性について.
船橋市講演会. 千葉県船橋市. 2018年12月12日. 口頭発表.

近藤克則.
社会を変える研究の進め方.
平成30年度医学序論「医の原点」. 東京都文京区. 2018年12月13日. 口頭発表.

近藤克則.
健康なまちづくり.
大田区政策勉強会. 東京都大田区. 2018年12月13日. 口頭発表.

近藤克則.
実装科学(implementation research)の可能性と課題ーJAGES(日本老年学的評価研究)の経験から.
国立国際医療研究センター 国際医療協力局. 東京都新宿区. 2018年12月13日. 口頭発表.

辻大士.
まちづくりや社会参加の重要性について.
船橋市講演会. 千葉県船橋市. 2018年12月14日. 口頭発表.

近藤克則.
「見える化」で進める 健康な地域づくり.
加賀市地域包括支援センター講演会. 石川県加賀市. 2018年12月15日. 口頭発表.

久田文, 穴井茜, 李云善, 河井一明, 葛西宏, 加藤貴彦.
妊婦のネオニコチノイド系農薬曝露と酸化ストレス指標との関連.
第21回環境ホルモン学会研究発表. 東京都文京区. 2018年12月15日. ポスター発表.

戸髙恵美子, 木村一, 黒田純子, 曽根秀子, 川口真以子.
女性研究者を応援する会 報告と今後の展望.
第21回環境ホルモン学会研究発表会. 東京都文京区. 2018年12月15日. 口頭発表.

柳瀬加那. 江口哲史. 山本緑. ,櫻井健一. 渡造応宏. 戸高恵美子. 森千里.
胎児期の PCB 及び微量元素曝露と出生時の頭囲との関連一千葉こども調査 (C-MACH).
第21回環境ホルモン学会研究発表会. 東京都文京区. 2018年12月15日. ポスター発表.

高谷一成, 江口哲史, 中岡宏子, 鈴木規道, 戸高恵美子, 森千里.
室内空気環境中 PCB 濃度測定と呼吸による曝露推定.
第21回環境ホルモン学会研究発表会. 東京都文京区. 2018年12月15日. ポスター発表.

Akifumi Eguchi, Kenichi Sakurai, Tamotsu Kato, Yumiko Nakanishi, Hiromi Tanabe, Yumi Sato, Midori Yamamoto, Masahiro Watanabe, Hiroshi Ohno, Chisato Mori.
Relationship between metabolome and gut-microbiome profiles and exposure levels of PCBs and p,p’-DDE in C-MACH cohort.
第21回環境ホルモン学会研究発表会. 東京都文京区. 2018年12月15日. ポスター発表.

近藤克則.
JAGES(健康格差が生じる背景と0次予防の重要性).
日本生活協同組合連合会講演会. 奈良県大和郡山市. 2018年12月21日. 口頭発表.

近藤克則.
長生きできるまちづくり.
三方よし研究会講演会. 滋賀県近江八幡市. 2018年12月22日. 口頭発表.

近藤克則.
地域包括ケア時代のリハビリテーション.
第20回兵庫県総合リハビリテーション・ケア研究大会. 兵庫県神戸市中央区. 2018年12月23日. 口頭発表.

近藤克則.
まちづくりや社会参加の重要性.
船橋市保健所講演会. 千葉県船橋市. 2018年12月28日. 口頭発表.

亀田義人.
まちづくりや社会参加の重要性について.
船橋市講演会. 千葉県船橋市. 2019年1月9日. 口頭発表.

辻大士.
まちづくりや社会参加の重要性について.
船橋市講演会. 千葉県船橋市. 2019年1月10日. 口頭発表.

辻大士.
人々のつながりによる効果.
久留米市講演会. 福岡県久留米市. 2019年1月16日. 口頭発表.

近藤克則.
健康な団地づくり.
一般財団法人高齢者住宅財団講演会. 神奈川県横浜市. 2019年1月21日. 口頭発表.

近藤克則.
健康長寿コミュニティーデザインによるゼロ次予防.
運動機能の脆弱化予知予防研究会. 東京都中央区. 2019年1月25日. 口頭発表.

辻大士.
地域でつながる介護予防・認知症予防~暮らしているだけで健康になるまちづくり~.
千葉県総合スポーツセンター講演会 . 千葉県千葉市. 2019年1月27日. 口頭発表.

辻大士.
まちづくりや社会参加の重要性について.
船橋市講演会. 千葉県船橋市. 2019年1月28日. 口頭発表.

山本緑, 羽田明, 森千里.
生後1か月児の家庭内喫煙状況およびその背景要因に関する検討.
第29回日本疫学会学術総会. 東京都千代田区. 2019年2月1日. ポスター発表.

久田文, 江口哲史, 山本緑, 櫻井健一, 戸髙恵美子, 田中侑樹, 鈴木紀行, 小椋康光, 森千里.
LA-ICP-MSを用いた乳歯切片中の多元素分析.
第89回日本衛生学会学術総会. 愛知県名古屋市. 2019年2月2日. ポスター発表.

近藤克則.
社会参加と介護予防.
名張市講演. 三重県名張市. 2019年2月7日. 口頭発表.

近藤克則.
健康なまちづくりに向けて.
松本市講演会. 長野県松本市. 2019年2月8日. 口頭発表.

辻大士.
平成30年度スポーツ産業の成長促進事業(スタジアム・アリーナ改革推進事業)①スタジアム・アリーナ改革推進事業に係る「第3回スタジアム・アリーナ効果検証モデル検討会」.
株式会社日本経済研究所講演会. 東京都千代田区. 2019年2月8日. 口頭発表.

辻大士.
社会参加で健康長寿~生涯大学校から始める地域活動と健康長寿~.
千葉県生涯大学校講義. 千葉県茂原市. 2019年2月26日. 口頭発表.

近藤克則.
健康格差の処方箋.
第18回健康価値創造研究会開催. 東京都中央区. 2019年3月1日. 口頭発表.

近藤克則.
地域共生社会時代のリハビリテーション.
ALL CHIBA-REHA研修. 千葉県千葉市. 2019年3月4日. 口頭発表.

近藤克則.
まちづくり分野でのソーシャル・インパクト・ボンドの可能性.
「まちづくり×SIB」シンポジウム. 東京都港区. 2019年3月7日. 口頭発表.

辻大士.
社会的要因からアプローチする認知症予防ロジックモデル検討委員会.
一般社団法人日本老年学的評価研究機構講演会. 東京都千代田区. 2019年3月7日. 口頭発表.

横山芽衣子.
社会的要因からアプローチする認知症予防ロジックモデル検討委員会.
一般社団法人日本老年学的評価研究機構講演会. 東京都千代田区. 2019年3月7日. 口頭発表.

辻大士.
ワークショップ「地域分析と地域づくり」.
第4回J-HPHスプリングセミナー. 東京都文京区. 2019年3月9日. 口頭発表.

辻大士.
岐阜県KDB利活用 中間報告会.
一般社団法人日本老年学的評価研究機構講演会. 岐阜県相模原市. 2019年3月11日. 口頭発表.

近藤克則.
中重度 糖尿病が少ないまちづくりは可能か.
Diabetes Seminar. 東京都台東区. 2019年3月12日. 口頭発表.

近藤克則.
介護予防に関するJAGESによるエビデンスと松戸プロジェクト.
ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)におけるロジック・モデルの活用~松戸市の介護予防SIBスキーム研究を事例として~.
東京都千代田区. 2019年3月16日. 口頭発表.

近藤克則.
リソルウェルネスプランの科学的根拠~ウェルネスエイジクラブの活動データより.
リソル生命の森会員を対象とした健康セミナー. 千葉県長生郡長柄町. 2019年3月19日. 口頭発表.

近藤克則.
第一部 元気で長生きできるまち~健康長寿のヒケツとは~ 第ニ部 ①宝塚市おたがいさまのまちづくり縁卓会議の事例紹介.
宝塚市講演会. 兵庫県宝塚市. 2019年3月23日. 口頭発表.

【その他の講演】

森千里.
エコチル調査ってなんだろう.
第30回千葉大学予防医学センター市民講座・エコチル調査公開講座. 千葉県鴨川市. 2018年6月10日. 挨拶.

山本緑.
エコチル調査でわかること.
第30回千葉大学予防医学センター市民講座・エコチル調査公開講座. 千葉県鴨川市. 2018年6月10日. 講演1.

藤田伸輔.
「2050年問題解決するのは君だ!」.
こども見学デイ2018. 千葉大学西千葉キャンパスアカデミックリンクセンター. 2018年8月1-3日.

山本緑.
エコチル調査のお話.
エコチル調査千葉ユニットセンターぴよきちわくわくフェスタ. 千葉県君津市. 2018年9月1日. 講演.

藤田伸輔, 井出博生.
高齢社会の問題把握.
高齢社会医療政策推進セミナー 千葉大学西千葉キャンパスアカデミックリンクセンター. 千葉県千葉市. 2018年10月17日.

佐粧孝久.
ロコモティブシンドロームとは?.
千葉医師会医学会第19回学術大会県民公開講座. 千葉県千葉市. 2018年11月3日.

山本緑.
エコチル調査の取り組み.
ちばエコチル調査講演会 子どもの健康と発達障害を知ろう!. 千葉大学西千葉キャンパス. 2018年11月10日.

山本緑.
スマホやインターネットゲームと健康について.
富山中学校健康教室. 千葉県南房総市. 2018年11月14日.

山本緑.
エコチル調査の取り組み.
ちばエコチル調査講演会 子どもの健康と発達障害を知ろう!. 千葉大学西千葉キャンパス. 2018年12月1日.

森千里.
環境と子どもの健康『最近の話題』.
第32回千葉大学予防医学センター市民講座. 千葉大学西千葉キャンパス. 2019年3月2日.

山本緑.
コホート調査からわかること.
第32回千葉大学予防医学センター市民講座. 千葉大学西千葉キャンパス. 2019年3月2日.

江口哲史.
出生コホート調査における化学物質測定の現状.
第32回千葉大学予防医学センター市民講座. 千葉大学西千葉キャンパス. 2019年3月2日.

藤田伸輔.
「2050年問題解決するのは君だ!」.
こどもセミナー2019春 千葉大学西千葉キャンパスアカデミックリンクセンター. 千葉県千葉市. 2019年3月27日-29日.

原稿掲載

近藤克則
健康格差とは何か、健康格差に対処するにはどうすればよいのか等
潮出版社 潮 2018年5月15日

近藤克則
毎日新聞コラム「くらしの明日」
(1)私の社会保障論 健康の地域格差対策 「見える化」が第一歩 2018年5月30日
(2)私の社会保障論 人工知能の可能性 良質なビッグデータ前提 2018年11月21日
(3)私の社会保障論 予防医学研究に不可欠な追跡調査 2018年12月26日

近藤克則
毎日新聞コラム「どうする健康格差社会」
(1)所得と教育レベルで決まってしまう「命の格差」 2018年9月16日
(2)「経済の格差」は人を分断し社会の健康を損なう 2018年9月30日
(3)社会保障を持続させる「介護予防」の一石四鳥 2018年10月14日
(4)生活習慣病予防は「原因探しより環境作り」で 2018年10月28日
(5)子ども時代の貧困は50年後の健康を損なう 2018年11月25日
(6)「活動量と社会参加」が認知症予防のカギ 2018年11月11日
(7)要介護になりやすい街なりにくい街の違い 2018年12月9日
(8)認知症発症率を「10年で2割減」にした環境変化 2018年12月30日

近藤克則
日本全国の地域間に潜む「健康格差」とは――「健康寿命」ランキング1位は山梨県、最下位は秋田県 『長生きできる町』(角川新書)
文春オンライン 2018年11月23日

報道

【新聞】

辻大士, 近藤克則
高齢者、運動の盛んな地域 参加しない人にも好影響
大分合同新聞 2018年4月2日

辻大士, 近藤克則
運動しない人も好影響か 運動グループ参加多い地域 心の健康状態「良い」
埼玉新聞 2018年4月11日

辻大士, 近藤克則
高齢者の心に地域の恩恵 運動しない人にも好影響か
日本海新聞 2018年4月12日

辻大士, 近藤克則
運動盛んな地域は心も健康
神戸新聞 2018年4月23日

辻大士, 近藤克則
不参加でも健康に好影響か 高齢者の運動盛んな地域
岐阜新聞 2018年4月23日

辻大士, 近藤克則
運動を楽しむ高齢者多い地域 しない人にも健康面で好影響
山陰中央新報新聞 2018年4月25日

辻大士, 近藤克則
運動楽しむ高齢者多い地域 不参加でも心に好影響
山形新聞 2018年4月30日

辻大士, 近藤克則
運動が盛んな地域 高齢者の心も健康
琉球新報新聞 2018年5月2日

近藤克則
たまたま震災前に調査、注目集める岩沼プロジェクト
朝日新聞デジタル 2018年5月3日

辻大士, 近藤克則
運動する高齢者が多い地域 しない人の心も健康
岩手日報新聞 2018年5月4日

今中雄一, 林慧茹, 近藤克則
高齢者 認知症リスク、簡単チェック 関連項目など点数化
毎日新聞デジタル 2018年5月28日

近藤克則
セカンドステージ 認知症とかかわる 介護予防に「サロン」づくり
毎日新聞東京朝刊, 毎日新聞デジタル 2018年6月3日

予防医学センター
テーマは「遺伝子と病気」
房日新聞 2018年6月3日

予防医学センター
子どもの健康と環境学ぶ
房日新聞 2018年6月13日

予防医学センター
発達障害を知ろう
房日新聞 2018年11月16日

予防医学センター
「発達障害」テーマに漫画家の沖田さんらが講演
房日新聞 2018年12月4日

森千里
医学の道 森家につなぐ
中日新聞岐阜県版 2018年12月5日

花里真道
健康意識のきっかけに 気づきを促す空間デザイン プログラム効果検証 竹中工務店
日刊工業新聞 2018年12月17日

花里真道
竹中工務店ら 自分の体に気づき効果 商業施設で健康促す空間
建設通信新聞 2018年12月17日

花里真道
『健康への気づき』促すことを確認 イオンモール宮崎 空間デザイン・プログラム 竹中工務店
日韓建設産業新聞 2018年12月17日

近藤克則
全国398自治体の回答から、「健康自治体」の実態が明らかに
日経BP総研が運営するウェブサイト「新・公民連携最前線」特集・「健康自治体実態調査」 2019年1月23日

近藤克則
地域レベルで自殺防ごう 国内外の研究者対策を議論
山陽新聞他 2019年2月19日

【テレビ】

近藤克則
NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」
第3回健康寿命 および、広報関連の諸番組等(本放送)
2018年10月13日(土)

近藤克則
誰かと交流でうつのリスク低く
NHK名古屋放送局 NHK東海 NEWS WEB 2019年3月17日(日)9:19

【ラジオ】

森千里
シックハウス症候群の対策
NHKひるどき情報千葉 2018年4月19日(木)

【その他】

近藤克則
創刊号スペシャル対談 今こそ地域を語ろう:足で創る、口が拓く、寝たきり知らずな街づくり 秋山和宏 ×近藤克則
地域栄養経営 No.1 2018 年夏号 2018年6月6日

近藤克則
高齢者の社会参画を促す「サロン」を展開し、介護予防の推進と健康格差の縮小を目指す
介護情報ウェブサイト「HELPMAN JAPAN」 JAGESと松戸プロジェクトの取材記事 2018年8月10日

2017年度以前はこちら

千葉大学予防医学センター Copyright(C) 2010 Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University. All rights reserved.