栄養代謝医学分野

 栄養代謝医学分野では、栄養と代謝をキーワードに研究を行っています。人の体はその人が食べたものからできており、食事あるいは栄養が人の健康に与える影響はとても大きいです。また、近年は食事が腸内細菌を介して人の健康に関わっていることも明らかになってきています。当研究室では、千葉大学予防医学センターが行なっている複数の出生コホート研究を用いて、栄養-腸内環境-健康の関係を研究しています。出生コホートでは妊娠中の母親からスタートするため、胎児期の影響も解析できます。胎児期や生後早期の環境因子が成人後の健康に影響をあたえるというDevelopmental origins of health and disease(DOHaD)説も注目を集めており、ライフコースを通じて健康や疾病を研究する必要があります。このような視点から、出生コホート研究により得られる結果は重要であり、人々の健康に寄与できるものと考えています。また、臨床の場面においても栄養の果たす役割は大きく、当研究室では臨床栄養学的な研究も行っています。現在、千葉大学医学部附属病院と共同で研究を進めており、今後さらに発展させる計画です。

1. ヒトの腸内細菌叢が健康に及ぼす影響

 ヒトの健康に腸内細菌叢が大きな影響を与えていることが報告されています。当研究室では、妊娠中の母親と生まれた後のお子さんにおいて、腸内細菌叢が母子の健康にどのような影響を与えているのかを調べています。現在までに、妊娠中の母親の腸内細菌叢が胎児の成長やアレルギー素因に影響を与えることを報告してきました。また、妊娠中の腸内細菌叢と糖代謝の関連についても報告しています。現在、生まれたお子さんの腸内細菌叢を経時的に調べて、その変化や子供の腸内細菌叢の確立に影響を与える因子について研究を進めています。

2. 胎児期環境とDNAメチル化

 妊娠中の環境因子が生まれた後のお子さんの健康に大きな影響を与えることが示されており、Developmental origins of health and disease説(DOHaD説)として注目されています。このような現象のメカニズムの一つにエピジェネティックな変化が想定されています。当研究室では、エピジェネティックな変化の一つである、DNAのメチル化に着目して研究を進めています。臍帯(へその緒)は胎児の細胞のみからなる組織であり、胎児が受けた環境因子の影響を反映する組織と考えられます。さらに、出産時に侵襲性なく採取可能な組織の一つです。そこで、この臍帯をもちいて、妊娠中の母親の状態とDNAメチル化の関連を調べています。母親の妊娠中の体重増加や栄養状態と臍帯のDNAメチル化の関連について研究を進めています。

3. DNAメチル化が細胞機能に及ぼす影響

 妊娠中の母体の栄養環境がH19遺伝子のDNAメチル化と関連することが報告されています。疫学調査で妊娠中の母体の栄養環境が子供の肥満と関連することが報告されています。H19遺伝子は脂肪細胞に発現することが知られており、当研究室ではH19遺伝子のDNAメチル化と脂肪細胞の機能の関連をDOHaD説の観点から研究を進めています。

4. 臨床栄養学研究

 当研究室では千葉大学医学部附属病院臨床栄養部と協力して、臨床栄養学研究も行っています。現在、化学療法前の栄養状態が治療の中断に及ぼす影響について研究を進めています。パイロット研究では興味深い知見が得られており、今後より詳細な検討を行う予定です。最近では医療における4次予防という概念が提唱されており、栄養状態は4次予防においても重要と考えられます。臨床現場において、栄養は治療成績を左右する重要な因子であり、当研究室では4次予防及び栄養の面から治療を支える栄養治療学的視点を持った研究を行っています。

共同研究機関

千葉大学医学部附属病院臨床栄養部

千葉大学大学院医学研究院小児病態学

帝塚山学院大学 人間科学部

群馬大学生体調節研究所

メンバー

准教授 櫻井健一

大学院生 博士課程 野本尚子(3年)

     博士課程 鶴岡裕太(1年)

OB・OG 佐藤由美(2019年 博士課程修了)

     杉田明穂(2020年 千葉大学医学部卒業)

千葉大学予防医学センター Copyright(C) 2010 Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University. All rights reserved.