2017年度以前の業績

2017年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Miyaso H, Sakurai K, Takase S, Eguchi A, Watanabe M, Fukuoka H, Mori C.
The methylation levels of the H19 differentially methylated region in human umbilical cords reflect newborn parameters and changes by maternal environmental factors during early pregnancy.
2017 May 10;157:1-8. doi: 10.1016/j.envres.2017.05.006.
PMID: 28500962

Chisato Mori,Emiko Todaka
For a healthier future: a virtuous cycle for reducing exposure to persistent organic pollutants.
J Epidemiol Community Health. 2017 Jul;71(7):660-662. doi: 10.1136/jech-2016-208088. Epub 2017 May 17. Review.
PMID: 28515209

Akifumi Eguchi, Takeshi Enomoto, Norimichi Suzuki, Miho Okuno and Chisato Mori
Development of Simple Analytical Methods of Polychlorinated Biphenyls in Human Serum by Gas Chromatography Negative Ion Chemical Ionization Quadrupole Mass Spectrometry.
Acta Chromatographica, 2017,Received: 05 April 2016; accepted: 12 May 2016,Published Online: May 09, 2017,
DOI: 10.1556/1326.2017.0002

Sato H, Uzu M, Kashiba T, Suzuki R, Fujiwara T,Okuzawa H and Ueno K
Sodium butyrate enhances the growth inhibitory effect of sunitinib in human renal cell carcinoma cells.
Oncol Lett. 2017 Jul;14(1):937-943. doi: 10.3892/ol.2017.6217. Epub 2017 May 19.
PMID: 28693255

Uzu M,Sato H, Shimizu A, Shibata Y, Ueno K, Hisaka A
Connexin 43 enhances Bax activation via JNK activation in sunitinib-induced apoptosis in mesothelioma cells.
J Pharmacol Sci. 2017 Jun;134(2):101-107. doi: 10.1016/j.jphs.2017.05.005. Epub 2017 May 27.
PMID: 28602541

Sasho T, Katsuragi J, Yamaguchi S, Haneishi H, Aizimu T, Tanaka T, Watanabe A, Sato Y, Akagi R, Matsumoto K, Uno T, Motoori K.
Associations of three-dimensional T1 rho MR mapping and three-dimensional T2 mapping with macroscopic and histologic grading as a biomarker for early articular degeneration of knee cartilage.
Clin Rheumatol. 2017 Apr 29. doi: 10.1007/s10067-017-3645-2. [Epub ahead of print] PMID: 28456927

Sadamasu A, Yamaguchi S, Nakagawa R, Kimura S, Endo J, Akagi R, Sasho T.
The recognition and incidence of peroneal tendon dislocation associated with a fracture of the talus.
Bone Joint J. 2017 Apr;99-B(4):489-493. doi: 10.1302/0301-620X.99B4.BJJ-2016-0641.R1.
PMID: 28385938

Miki T, Lee EY, Eguchi A, Sakurai K, Sawabe Y, Yoshida T, Saito K, Yokoh H, Ishikawa K, Yokote K, Kuzuya T, Miki E, Mori C, Nomura F.
Accelerated oligosaccharide absorption and altered serum metabolites during oral glucose tolerance test in young Japanese with impaired glucose tolerance.
J Diabetes Investig. 2017 Aug 2. doi: 10.1111/jdi.12719. [Epub ahead of print] PMID: 28766917

Masae Otake,Kenichi Sakurai,Masahiro Watanabe,Chisato Mori,
Association between serum folate levels and caffeine-containing drinks in pregnant woman in Chiba-Japan Enviornment and Children’s Study.
Journal of Epidemiology.2017 Aug 27.

Sugiura S1,2, Matsuura Y3, Suzuki T4, Nishikawa S1, Mori C4, Kuniyoshi K1.
Variant course of extensor pollicis brevis tendon in the third extensor compartment.
Surg Radiol Anat. 2017 Nov 14. doi: 10.1007/s00276-017-1923-y.
PMID: 29138875

Weiwei Jin1, Masae Otake 1, Akifumi Eguchi 1, Kenichi Sakurai1, Hiroko Nakaoka1, Masahiro Watanabe 1, Emiko Todaka1 & Chisato Mori1,2
Dietary Habits and Cooking Methods Could Reduce Avoidable Exposure to PCBs in Maternal and Cord Sera .
Scientific Report,2017Dec11. doi: 10.1038⁄s41598-017-17656-9,

Takumi Kitamoto a, b, c, Kenichi Sakurai d, Eun Young Lee a, Koutaro Yokote b, Domenico Accili c, Takashi Miki a
Distinct roles of systemic and local actions of insulin on pancreatic β-cells.
Metabolism,Volume 82, May 2018, Pages 100-110

Kazue Ishitsuka, Shoji F. Nakayama, Reiko Kishi, Chisato Mori, Zentaro Yamagata, Yukihiro Ohya, Toshihiro Kawamoto and Michihiro Kamijima
Japan Environment and Children’s Study: backgrounds, activities, and future directions in global perspectives
Environmental Health and Preventive Medicine201722:61
Received: 19 May 2017,Accepted: 28 June,2017Published: 14 July 2017

Lampa E, Eguchi A, Todaka E, Mori C.
Fetal exposure markers of dioxins and dioxin-like PCBs.
Environ Sci Pollut Res Int. 2018 Feb 15. doi: 10.1007/s11356-018-1447-y. [Epub ahead of print] PMID: 29450771

Miyako Suzuki, M.D., Ph.D; Magali Millecamps, Ph.D; Seiji Ohtori, M.D., Ph.D; Chisato Mori, M.D., Ph.D; Laura S Stone, Ph.D
Anti-Nerve Growth Factor Therapy Attenuates Cutaneous Hypersensitivity and Musculoskeletal Discomfort in Mice with Osteoporosis
PAIN Reports

Takeda H, Ueda Y, Inuzuka T, Yamashita Y, Osaki Y, Nasu A, Umeda M, Takemura R, Seno H, Sekine A, Marusawa H.
Evolution of multi-drug resistant HCV clones from pre-existing resistant-associated variants during direct-acting antiviral therapy determined by third-generation sequencing.
Sci Rep. 2017 Mar 31;7:45605. doi: 10.1038/srep45605.
PMID: 28361915

Matsumoto T, Tabara Y, Murase K, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Muro S, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Nakayama T, Mishima M, Matsuda F, Chin K.
Combined association of clinical and lifestyle factors with non-restorative sleep: The Nagahama Study.
PLoS One. 2017 Mar 9;12(3):e0171849.doi:10.1371/journal.pone.0171849. eCollection 2017.
PMID: 28278155

Matsumoto H, Izuhara Y, Niimi A, Tabara Y, Nagasaki T, Kanemitsu Y, Murase K, Oguma T, Ito I, Muro S, Sekine A, Matsuda F, Kosugi S, Nakayama T, Chin K, Mishima M; Nagahama Study Collaboration Group.
Risks and Cough-Aggravating Factors in Prolonged Cough.Epidemiological Observations from the Nagahama Cohort Study.
Ann Am Thorac Soc. 2017 May;14(5):698-705. doi: 10.1513/AnnalsATS.201608-616BC.
PMID: 28186843

Eguchi Akifumi, Sakurai Kenichi, Watanabe Masahiro, Mori Chisato
Exploration of potential biomarkers and related biological pathways for PCB exposure in maternal and cord serum: A pilot birth cohort study in Chiba, Japan
ENVIRONMENT INTERNATIONAL 102 157-164 2017年5月

Sasho T, Katsuragi J, Yamaguchi S, Haneishi H, Aizimu T, Tanaka T, Watanabe A, Sato Y, Akagi R, Matsumoto K, Uno T, Motoori K
Associations of three-dimensional T1 rho MR mapping and three-dimensional T2 mapping with macroscopic and histologic grading as a biomarker for early articular degeneration of knee cartilage
Clin Rheumatol 2017 Apr29 doi: 10.1007/s10067-017-3645-2. [Epub ahead of print]

Sadamasu, S. Yamaguchi, R. Nakagawa, S. Kimura, J. Endo, R. Akagi, T. Sasho
The recognition and incidence of peroneal tendon dislocation associated with a fracture of the talus
Bone Joint J 2017 Apr;99-B(4):489-493.

Sasaki T, Akagi R, Akatsu Y, Fukawa T, Hoshi H, Yamamoto Y, Enomoto T, Sato Y, Nakagawa R, Takahashi K, Yamaguchi S, Sasho T. The effect of systemic administration of G-CSF on a full-thickness cartilage defect in a rabbit model –MSC proliferation as presumed mechanism- Bone Joint J 2017 99-B: 489-493.

Hoshi H, Akagi R, Yamaguchi S, Muramatsu Y, Akatsu Y, Yamamoto Y, Sasaki T, Takahashi K, Sasho T. Effect of inhibiting MMP13 and ADAMTS5 by intra-articular injection of small interfering RNA in a surgically induced osteoarthritis model of mice.
Cell Tissue Res 2017 Jan 24.

Endo J, Sasho T, Akagi R, Muramatsu Y, Watanabe A, Akatsu Y, Fukawa T, Tahara M, Yamaguchi S.
Comparative Analysis of Gene Expression between Cartilage andMenisci in Early-Phase Osteoarthritis of the Knee-An Animal Model Study.
J KneeSurg. 2017 Sep 15.

Nakagawa R, Yamaguchi S, Kimura S, Sadamasu A, Yamamoto Y, Sato Y, Akagi R,Sasho T, Ohtori S.
Association of Anxiety and Depression With Pain and Quality ofLife in Patients With Chronic Foot and Ankle Diseases.
Foot Ankle Int. 2017Nov;38(11):1192-1198.

Kawahara T, Sasho T, Katsuragi J, Ohnishi T, Haneishi H.
Relationship between knee osteoarthritis and meniscal shape in observation of Japanese patients by using magnetic resonance imaging.
J Orthop Surg Res. 2017 Jun 26; 12(1):97.

Fukawa T, Yamaguchi S, Akatsu Y, Yamamoto Y, Akagi R, Sasho T.
Safety andEfficacy of Intra-articular Injection of Platelet-Rich Plasma in Patients WithAnkle Osteoarthritis.
Foot Ankle Int. 2017 ;38(6):596-604.

Matsuki K, Matsuki KO, Kenmoku T, Yamaguchi S, Sasho T,
Banks SA. In vivo kinematics of early-stage osteoarthritic knees during pivot and squat activities.
Gait Posture. 2017 Oct;58:214-219.

Kenmoku T, Nemoto N, Iwakura N, Ochiai N, Uchida K, Saisu T, Ohtori S, Nakagawa K, Sasho T, Takaso M. Extracorporeal shock wave treatment can selectively destroy end plates in neuromuscular junctions.
Muscle Nerve. 2018 Mar;57(3):466-472.

Akagi R, Akatsu Y, Fisch KM, Alvarez-Garcia O, Teramura T, Muramatsu Y, Saito M, Sasho T, Su AI, Lotz MK.
Dysregulated circadian rhythm pathway in human osteoarthritis: NR1D1 and BMAL1 suppression alters TGF-β signaling in chondrocytes.
Osteoarthritis Cartilage. 2017 Jun;25(6):943-951.

Gero, K., K. Kondo, N. Kondo, K. Shirai and I. Kawachi
Associations of relative deprivation and income rank with depressive symptoms among older adults in Japan
Social Science & Medicine 189: 138-144.

Nemoto Y, Saito T, Kanamori S, Tsuji T, Shirai K, Kikuchi H, Maruo K, Kondo K, Arao T:
An additive effect of leading roles on the association between social participation and dementia onset among Japanese older adults: The AGES cohort study. BMC Geriatrics – BGTC-D-17-00347R2

Cable N, Hiyoshi A, Kondo N, Aida J, Sjöqvist H, Kondo K
Identifying frail-related biomarkers among community-dwelling older adults in Japan: A research example from the Japan Gerontological Evaluation Study. Journal: Biomed Research International, 2017 (in press).

Saito T, Murata C, Saito M, Takeda T, Kondo K
Influence of social relationship domains and their combinations on incident dementia: a prospective cohort study.
J Epidemiol Community Health. 2018 Jan;72(1):7-12. doi: 10.1136/jech-2017-209811. Epub 2017 Oct 31.

Murayama H, Fujiwara T, Tani Y, Amemiya A, Matsuyama Y, Nagamine Y, KondoK
Long-term impact of childhood disadvantage on late-life functional decline among older Japanese: Results from the JAGES prospective cohort study.
Journal of Gerontology: Biological Sciences & Medical Sciences. (in press)

Saito T, Murata C, Aida J, Kondo K
Cohort study on living arrangements of older men and women and risk for basic activities of daily living disability: findings from the AGES project.
BMC Geriatr. 2017 Aug 16;17(1):183.

Shobugawa Y, Fujiwara T, Tashiro A, Saito R, and Kondo K
Social participation and risk of influenza infection in older adults: A cross-sectional study.
BMJ Open, 2017;0:e016876. doi:10.1136/ bmjopen-2017-016876(in press).

Hikichi H, Sawada Y, Tsuboya T, Aida J, Kondo K, Koyama S, Kawachi I
Residential relocation and change in social capital: A natural experiment from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
Science Advances, 2017

Amemiya A, Murayama H, Tani Y, Kondo K, Fujiwara T
Adverse childhood experiences and higher-level functional limitations among older Japanese people: results from the JAGES study.
Journal of Gerontology: Medical Sciences: in press, 2017

Hikichi H, Tsuboya T, Aida J, Matsuyama Y, Kondo K, Subramanian S, Kawachi I
Social Capital Prevents Cognitive Decline in the Aftermath of a Natural Disaster: A Quasi-Experiment from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
The Lancet Planetary Health 1 (3), 2017

Inoue Y, Andrew S, Yazawa A, Aida J, Kawachi I, Kondo K, Fujiwara T
Adverse childhood experiences, exposure to a natural disaster and posttraumatic stress disorder among survivors of the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami.
Epidemiology and Psychiatric Sciences: 1-9, 2017

Fujiwara T, Takamoto I, Amemiya A, Hanazato M, Suzuki N, Nagamine Y, Sasaki Y, Tani Y, Yazawa A, Inoue Y, Shirai K, Shobugawa Y, Kondo N, Kondo K
Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study.
Social Science & Medicine 182: 45-51, 2017

Noriko C, Chandola T, Aida J, Sekine M, Netuveli G
Can sleep disturbance influence changes in mental health status? Longitudinal research evidence from ageing studies in England and Japan.
Sleep Medicine 30: 216-221, 2017

Honjo K, Tani Y, Saito M, Sasaki Y, Kondo K, Kawachi I, Kondo N
Living alone or with others and depressive symptoms, and effect modification by residential social cohesion among older adults in Japan: JAGES longitudinal study.
Journal of Epidemiology, 2017(in press).

Murata C, Saito T, Tsuji T, Saito M, Kondo K.
A 10-Year Follow-Up Study of Social Ties and Functional Health among the Old: The AGES Project.
International Journal of Environmental Research and Public Health 2017;14:717.

Sasaki Y, Aida J, Tsuji T,Miyaguni Y, Tani Y, Koyama S, Matsuyama Y, Sato Y, Tsuboya T, Nagamine Y, Kameda Y, Saito T, Kakimoto K, Kondo K, and Ichiro Kawachi
Does the Type of Residential Housing Matter for Depressive Symptoms in the Aftermath of a Disaster? Insights from the Great East Japan Earthquake and Tsunami.
Am J Epidemiol (accepted).

Matsuyama Y,Aida J,Watt R,Tsuboya T,Koyama S,Sato Y,Kondo K,Osaka K
Dental Status and Compression of Life Expectancy with Disability.
J Dent Res. 2017 Jun 1:22034517713166. doi: 10.1177/0022034517713166.

Shiba K, Kondo N, Kondo K, Kawachi I
Retirement and mental health: dose social participation mitigate the association? A fixed-effects longitudinal analysis.
BMC public health 17 (1): 526, 2017.

Hikichi H, Kondo K, Takeda T, et al.
Social interaction and cognitive decline: Results of a 7-year community intervention. Alzheimer’s & Dementia
Translational Research & Clinical Interventions 3: 23-32, 2017

Matsuyama Y,Aida J,Tsuboya T,Hikichi H,Kondo K,Kawachi I,Osaka K
Are Lowered Socioeconomic Circumstances Causally Related to Tooth Loss? A Natural Experiment Involving the 2011 Great East Japan Earthquake.
z Am J Epidemiol 1-9, 2017(in press)

Tsuji T,Sasaki Y,Matsuyama Y,Sato Y,Aida JKondo K,Kawachi I
Reducing depressive symptoms after the Great East Japan Earthquake in older survivors through group exercise participation and regular walking:a prospective observational study.
BMJ Open 7(3);e013706,2017.

Haseda M,Kondo N,Ashida T,Tani Y,Takagi D,Kondo K
Community social capital, built environment and income-based inequality in depressive symptoms among older people in Japan: An ecological study from JAGES project.
Journal of Epidemiology2017(in press)

Saito M, Kondo N, Aida J, Kawachi I, Oyama S, Ojima T, Kondo K
Development of an instrument for community-level health related social capital among Japanese older people: The JAGES Project.
Journal of Epidemiology,Volume 27, Issue 5, May 2017, Pages 221–227.

Tsuboya T,Aida J,Hikichi H,S.V.Subramanian,Kondo K,Osaka K,Kawachi I
Predictors of decline in IADL functioning among older survivors following the Great East Japan earthquake: A prospective study.
Social Science & Medicine,Volume176,2017,Pages34–41.

Tani Y, Kondo N, Noma H, Miyaguni Y, Saito M, Kondo K
Eating Alone Yet Living With Others Is Associated With Mortality in Older Men: The JAGES Cohort Survey.
The journals of gerontology Series B, Psychological sciences and social sciences. 2017.

Matsuyama Y, Aida J, Tsuboya T, Hikichi H, Kondo K, Kawachi I, et al.
Are lowered socioeconomic circumstances causally related tooth loss? A natural experiment involving the 2011 Great East Japan Earthquake.
American Journal of Epidemiology. 2017:1-9.

Matsuyama Y, Aida J, G WR, Tsuboya T, Koyama S, Sato Y, et al.
Dental status and compression of life expectancy with disability in Japan.
Journal of Dental Research. 2017:22034517713166.

Hiroyuki H, Katsunori K, Tokunori T, Ichiro K.
Social interaction and cognitive decline: Results of a 7-year community intervention.
Alzheimer’s & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions. 2017;3(1):23-32.

Yokobayashi K,Kawachi I, Kondo K, Kondo N,Nagamine Y,Tani Y,Shirai K,Tazuma S,JAGES group
Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study.
PLoS One12(1):e0169904. doi: 10.1371/journal.pone.0169904. eCollection 2017.

【査読論文】和文

近藤克則, 亀田義人
特集-健康格差-貧困と精神医療
批評社,PSYCHIATRY,2017;88:32-40

渡邉良太, 竹田徳則, 林尊弘, 金森悟, 辻大士, 近藤克則.
フレイルから改善した地域在住高齢者の特徴
JAGES縦断研究. 総合リハ.

宮國康弘, 佐々木由理, 辻大士, 亀田義人, 横山芽衣子, 近藤克則.
地域診断支援システム開発のための多地域大規模疫学調査の概要.
新情報 2017; 105: 27-37

細川陸也, 近藤克則, 伊藤美智予, 宮國康弘, 水谷聖子, 後藤文枝, 阿部吉晋, 柘植由美, 半田裕子, 尾島俊之
研究報告「健康交流の家」の利用による健康への効果検証
Effect of Home for Health care on Health Improvement,Bulletin of Social Medicine, Vol.34(2)2017

井手一茂,宮國康弘,中村恒穂,近藤克則
個人および地域レベルにおける要介護リスク指標とソーシャルキャピタル指標の関連の違い
JAGES2010横断研究.厚生の指標(平成30年4月号掲載予定)

田代敦志, 相田潤, 菖蒲川由郷, 藤山友紀, 山本龍生, 齋藤玲子, 近藤克則
高齢者における所得格差と残存歯数の関連
JAGES2013新潟市データ. 日本公衆衛生雑誌 64 (4): 190-196, 2017

辻大士, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則
基本チェックリストと健診データを用いた縦断研究に基づく要支援・要介護リスク評価尺度の開発.
日本公衆衛生雑誌 64 (5): 246-257, 2017

斉藤雅茂,宮國康弘,斎藤民,尾島俊之,近藤克則
近隣住民による独居高齢者への見守り活動のプロセスと未充足ニーズの評価;見守り活動は支援すべき人々をカバーできているのか
鉄道弘済会社会 福祉研究第129号,2017年7月

宮國康弘
地域福祉実践における評価の考え方と方法
地域福祉実践研究 2017; 8: 3-9.

近藤克則
健康ゴールド免許導入の前に知るべきこと
月刊/保険診療 72(6) : 41-47, 2017.保険診療1706月視点.pdf(『月刊/保険診療』2017年6月号視点『「健康ゴールド免許」導入の前に知るべきこと』より。医学通信社:http://www.igakutushin.co.jp/)

辻大士, 笹川修, 中村信次, 小平英志, 近藤克則, 山崎喜比古
大学生におけるスポーツ系の部・サークル活動参加とストレス対処力,うつ・不安感の縦断研究: 2年間(3時点)の追跡調査に基づく分析.
運動疫学研究 19(1): 24-35, 2017.

坪井宏仁,平井寛,近藤克則
家庭の外では,社会的サポートは,受けるより与えるほうが,抑うつの改善によさそうである.
日本心身医学雑誌57(3), 296-296, 2017.

亀田義人,近藤克則
地域包括ケア「見える化」システムと社会参加戦略,
Geriatric Medicine 55(2):145-149,2017

近藤克則
健康格差日本の経済成長にも影響「格差社会」の是正を急げ
くらしとからだ 91:3-5,2017

近藤克則
講演 健康格差社会にどう立ち向かうか 臨床医への提言 (特集 「医療・介護活動の新しい2つの柱」をどう実践するか)
民医連医療 (535), 22-27, 2017

亀田義人,近藤克則
医療機関における社会的弱者対策の現状と課題 (特集 健康格差対策) — (医療現場での健康格差対策)
治療 99(1), 28-32, 2017

長嶺由衣子,近藤克則
健康格差対策と予防政策 : 海外から学ぶこと (特集 健康格差対策) — (健康格差とその対策)
治療 99(1), 18-22, 2017

服部真治, 市田行信, 和田有理, 近藤克則
高齢者のボランティア活動―生きがい・高次生活機能・背景要因
生きがい研究,2017;23:28-46

【その他学術論文・プロシーディングス】

塚田かおり,中岡宏子,戸髙恵美子,志賀里美,森千里
千葉大学予防医学センターによる国際水準の教育展開
-ジュネーブ国際機関視察研修に参加して-
千葉医学雑誌.2017年4月.93 (2) : 39~78

戸髙恵美子,森千里
環境改善型好循環ライフサイクルの提案~より健康な未来世代のために~
医薬ジャーナル 2017年9月号(Vol.53 No.9)

鈴木都,折田純久,稲毛一秀,森千里,大鳥精司
骨粗鬆症(椎体骨折なし)
オルソペディクス 2017年8月15日発行(Vol.30 No.8)

森千里
Sustainable Developmentを目指した予防医学
医学のあゆみ 2018年3月10日発行(Vol.264 No.10)921-922

櫻井健一
複合的観点からみた糖尿病の予防医学
医学のあゆみ 2018年3月10日発行(Vol.264 No.10)1069-1073

花里真道,近藤克則
健康長寿コミュニティ実現へ向けて”ゼロ次予防”戦略に基づく商業施設デザインの可能性
SC Japan today 2017年11月1日発行 (503), 42-46

花里真道
健康・ウェルビーイングを支援する環境―建造環境・自然環境・社会環境に注目した健康まちづくり・デザインの可能性―
心身健康科学 2018年2月1日発行 14 巻 (2018) 1 号

斉藤雅茂
〔特集:高齢者の孤立を考える〕高齢者の社会的孤立予防・軽減にむけた地域診断の意義と可能性
Aging & Health(公益財団法人 長寿科学振興財団)

柳奈津代, 近藤克則
特別寄稿 エビデンス明らかになる「健康づくりの場」のメリット 「憩いのサロン」創設の武豊町では要介護認定率が半減 社会環境整備にシフトする政策の潮流.
Drug magazine 60(5), 42-45, 2017-05,42-45_0502_特別寄稿.pdf

長嶺由衣子
患者と地域を新時代の処方箋
知っ得! 理論② 健康の社会的決定要因;2018-1

長嶺由衣子,近藤克則
ライフコースの観点からみたコホート研究とその成果「高齢者住民のコホートJAGES(日本老年学的評価研究)」
医学のあゆみ;2018-1,264卷4号,p319-322

佐粧 孝久
先読み「早期変形性膝関節症」 膝OA発生を予想するMRI所見 OAIのデータを利用して
Bone Joint Nerve 2016 6巻 491-495.

【著書】

櫻井健一
(2017.1)第4章1.3 低血糖症のアプローチと鑑別診断:ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブック Ver.3
岩岡秀明/栗林伸一 編著、中外医学社 東京、222-228

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

森千里
Mission&Passion ~発生学・産婦人科研修から社会医学そして医学研究を基にした予防医学へ~
第17回長崎産科婦人科臨床懇話会,長崎県長崎市,2017年4月22日特別講演2

森千里
化学物質の健康への影響を考える
杉並消費者グループ連絡会主催 学習会,東京都杉並区,2017年7月22日講演

森千里
曾孫が語る 医学者・鴎外が見た百年後の日本
ミネルヴァ書房「究」セミナー,京都府京都市,2017年7月28日講演

森千里
出生コホートにおけるOmics解析による最新知見と環境曝露削減の取り組み
第6回日本DOHaD学会学術集会,東京都新宿区,2017年8月26日教育講演(2)

森千里
曾孫が語る 医学者・鴎外が見た百年後の日本
ミネルヴァ書房「究」セミナー,京都府京都市,2017年9月1日,講演

森千里
曾孫が語る 医学者・鴎外が見た百年後の日本
ミネルヴァ書房「究」セミナー,京都府京都市,2017年9月22日,講演

櫻井健一
千葉大学の出生コホート C-MACH について
DOHaD 疫学セミナー第4回例会,東京都千代田区,2017年9月30日,講演2

森千里
曾孫が語る 医学者・鴎外が見た百年後の日本
ミネルヴァ書房「究」セミナー,京都府京都市,2017年10月6日,講演

森千里
千葉出生コホート研究から分かってきた環境と次世代の健康
第76回日本公衆衛生学会総会市民公開シンポジウム2,鹿児島県鹿児島市,2017年11月2日,講演

森千里
化学物質の健康への影響を考える
生活クラブ生協埼玉 熊谷ブロック講演会,埼玉県比企郡小川町,2017年11月16日,講演

森千里
環境改善型予防医学とケミレスタウン・プロジェクト
平成29年室内環境学会学術大会シンポジウム,佐賀県佐賀市,2017年12月13日,講演

森千里
森鷗外と予防医学ー曾祖父の足あとを訪ねて
産業医科大学森鷗外フェア,福岡県北九州市,2018年1月5日,講演

森千里
環境と健康について
柏南交友会,千葉県柏市,2018年2月22日,講演

櫻井健一
Omics解析を活用した出生コホート研究の可能性
第88回日本衛生学会学術総会シンポジウム3,東京都大田区,2018年3月22日,講演

森千里
子供の健康と環境と予防医学
くすり・たべもの・からだの協議会第13回講演会,静岡県静岡市,2018年3月24日,講演

花里真道
健康・ウェルビーイングを支援する環境 ―建造環境・自然環境・社会環境に注目した健康まちづくり・デザインの可能性―
第25回 日本心身健康科学会, 東京都文京区, 2017年 9月 9日,特別講演

佐粧孝久
超早期変形性膝関節症のマススクリーングに向けた取り組み
第88回千葉関節外科研究会,千葉県千葉市,2017年3月9日

近藤克則
コホート研究からの新たな挑戦 ―ビッグデータの更なる活用を目指して―
第59回日本老年社会科学会大会,愛知県名古屋市,2017.6.16

近藤克則
高齢期の健康格差の縮小に向けた予防策 ―JAGES プロジェクトの知見から―
第59回日本老年社会科学会大会,愛知県名古屋市, 2017.6.16

近藤克則
明治維新と薩摩と公衆衛生~公衆衛生の黎明期を支えた地から未来への発信~
第76回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017.11.1

近藤克則
東日本大震災からの教訓 震災による健康被害の社会的決定要因
第76回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017.11.1

近藤克則
地域自殺対策計画の推進に向けて-関連制度・施策と自殺対策の連動
第76回日本公衆衛生学会総会,2017年11月1日,鹿児島県鹿児島市

近藤克則
健康格差社会への処方箋Prescriptions for Health Gap Society
第58 回日本熱帯医学会大会・第32 回日本国際保健医療学会学術大会・第21 回日本渡航医学会学術集会 合同大会,東京都文京区,2017年11月26日

近藤克則
高齢期の健康格差の縮小に向けた予防策 ―JAGES プロジェクトの知見から―
第59回日本老年社会科学会大会,愛知県名古屋市,2017年6月16日

近藤克則
健康日本21(第2次)の視点からみた介護予防の推進
第59回日本老年社会科学会大会,愛知県名古屋市,2017年6月16日

近藤克則
小児の貧困と健康
千葉県小児科医会学術集会,千葉県千葉市,2017年4月22日

近藤克則
健康格差社会における薬剤師の役割
一般社団法人日本女性薬剤師会,東京都墨田区,2017年6月25日

近藤克則
人口減少社会を問い直す
第57回農村医学夏期大学講座,長野県佐久市,2017年7月22日

近藤克則
データヘルス時代の健康作り.
第34回「健康なまちづくり」シンポジウム,東京都千代田区,2017年8月24日

近藤克則
現代の健康格差社会が抱える問題について
学術・運動交流集会,熊本県玉名市,2017年10月29日

近藤克則
江戸・明治時代からいきづくモノづくり・健康づくり~愛知の食文化と健康~
一般社団法人日本看護研究学会第43回学術集会,愛知県東海市,2017年8月30日

近藤克則
健康な社会づくりをめざしてー健康自己責任論を超えて何をなすべきか―.
医療科学研究所シンポジウム,東京都千代田区,2017年9月15日

近藤克則
健康格差について.
兵庫県公衆衛生協会集会兼中央研修会,兵庫県神戸市,2018年1月13日

近藤克則
KDBシステム等利活用に関するプレゼンテーション(2)KDBシステム等利活用状況調査から得られた課題について (3)前回の部会における意見の整理・検討について(4)その他
ビッグデータ利活用推進委員会KDB等利活用部会,東京都千代田区,2018年1月31日

【一般発表】国外

C. Mori, A. Eguchi, K. Sakurai, K. H. Miyaso, M. Watanabe, E. Todaka
Maternal PCB exposure might affect not only maternal and foetal metabolome, but also maternal gut microbiome and foetal DNA methylation.
53rd Congress of the European Societies of Toxicology
Bratislava from the 10th to the 13th of September, 2017.

Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Emiko Todaka, Chisato Mori, Akifumi Eguchi
An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human
Healthy Buildings 2017 Europe,Monday, 3rd July ,2017,Session P0196

Emiko Todaka
“Recent findings on “Sick building syndrome”
Healthy Buildings 2017 Europe,Tuesday, 4th July ,2017,WHO Special Session

Chisato Mori,Ms. Weiwei Jin, Dr. Akifumi Eguchi, Dr. Masahiro Watanabe, Dr. Masae Otake, Dr. Kenichi Sakurai, Dr. Emiko Todaka
Relationship between serum PCB levels and dietary habit data from brief-type self-administered diet history questionnaire in primipara participants from C-MACH cohort, Japan
DIOXIN 2017, Vancouver Canada,August 21,2017,POSTER PRESENTATIONS P78-H

Akifumi Eguchi,Dr. Takeshi Enomoto, Dr. Chisato Mori
Development of the analytical method of for persistent organic pollutants (POPs) in serum using gas chromatography – negative ion chemical ionization mass spectrometry
DIOXIN 2017, Vancouver Canada,August 22,2017,POSTER PRESENTATIONS P154-A

Chisato Mori, Emiko Todaka
Emerging Issues of Global Health and Areas of Future Collboration between Germany and Japan.
German-Japanese Symposium on Global Health in Berlin, October 13, 2017,

K Nomiyama, Y Yamamoto, H Mizukawa, M Takiguchi, A Eguchi, S Nakayama, Y Ikenaka, M Ishizuka, T Kunisue, S Tanabe
DecaBDE might be associated with inhibition of thyroid hormone levels in serum of Japanese cats
発表種別:ポスター . 会議名:DIOXIN 2017 . 2017/8

Sasho T, et al.
Osteophyte formation on medial wall of the intercondylar notch of femur is an early sign of osteoarthritic knee development using osteoarthritis initiative data
OARSI 2017 ,Las Vegas US,Aplil 28,2017

Watanabe Y, Saka N, Shingai S, Matsukuma H, Yoshizawa E, Okada T, Kondo K
Psychosocial factors that influence the health of dialysis patients.P13-5.
WONCA ASIA PACIFIC REGIONAL CONFERENCE 2017,PATAYA,THAILAND,2017.11.1~4

Yanagi N, Fujiwara T, Hata A, Kondo K
Association between childhood socioeconomic status and sleep quality among old age in Japan.
10th European Public Health Conference,Stockholm, Sweden,2017.11.02

【一般発表】国内

鈴木都
卵巣摘出骨粗鬆症モデルマウスに発現する慢性疼痛に対する薬物療法の効果
第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会,北海道札幌市,2017年4月15日口頭発表:3-8-F84-2

櫻井健一、橘香穂里、渡邉応宏、宮宗秀伸、森千里
臍帯DNAメチル化と母体腸内細菌叢および臍帯血インスリン値との関連
第60回日本糖尿病学会年次学術集会,愛知県名古屋市,2017年5月19日口頭発表:Ⅱ-15-1

佐藤由美、櫻井健一、渡邉応宏、橘香穂里、森千里
母体腸内細菌叢の構成と臍帯血レプチン濃度との関連性
第60回日本糖尿病学会年次学術集会,愛知県名古屋市,2017年5月18日口頭発表:Ⅱ-9-18

橋本尚武、櫻井健一、三村正裕、高綱陽子、栗林伸一、江本直也、小谷野肇、藤田伸輔、竹本稔、海村孝子、篠宮正樹
千葉県における糖尿病及び糖尿病網膜症診療についての実態調査
第60回日本糖尿病学会年次学術集会,愛知県名古屋市,2017年5月18-20日

江口哲史,榎本剛司,森千里
ガスクロマトグラフ-陰イオン化学イオン化法質量分析法による血清中残留性有機汚染物質 (POPs) の分析法検討
日本質量分析学会第65回質量分析総合討論会,茨城県つくば市,2017年5月19日オーラルセッション:3D-O2-1505

江口 哲史 ,榎本 剛司 ,森 千里
GC-NICI/MS による血清中の POPs 一斉分 析法の開発
第26回環境化学討論会,静岡県静岡市.2017年6月7日8日,ポスター発表:P-013.

佐藤由美 ,櫻井健一 ,渡邉応宏 ,森 千里
母体腸内細菌叢と児の出生時の発育状態との関連性
第21回腸内細菌学会,兵庫県神戸市,平成29年6月15日(木)・16日(金),口頭発表:A–15

鈴木 都,Magali Millecamps,Lina Naso,折田 純久 ,稲毛 一秀,大鳥 精司,森 千里, Laura S. Stone
卵巣摘出骨粗鬆症マウスに発現する疼痛の特性と薬物療法の効果についての検討
第39回日本疼痛学会,兵庫県神戸市,2017年6月 17日,口頭発表:B7-3

Weiwei Jin,Akifumi Eguchi,Masae Otake,Masahiro Watanabe,Hiroko Nakaoka,Kenichi Sakurai,Emiko Todaka,Chisato Mori
Diet and cooking methods could change the PCB levels in human.
第26回日本臨床環境医学会学術集会,東京都港区,2017年6月24日,ポスター発表P-03

森 千里,江口 哲史,櫻井 健一,宮宗 秀伸,渡邉 応宏,戸高 恵美子
環境が及ぼす子どもたちへの健康影響
第26回日本臨床環境医学会学術集会,東京都港区,2017年6月24日,口頭発表S1-01

鈴木規道,中岡宏子,中山誠健,高谷一成,森千里
環境と健康を考えた未来世代のための街づくり 研究事例の紹介
第26回日本臨床環境医学会学術集会,東京都港区,2017年6月24日,口頭発表S1-02

中岡宏子,鈴木規道,中山誠健,高谷一成,森千里
環境改善型予防医学とケミレスタウンプロジェクト
第26回日本臨床環境医学会学術集会,東京都港区,2017年6月24日,口頭発表S1-03

中山誠健,高谷一成,鈴木規道,中岡宏子,森千里
ケミレスタウンプロジェクト・フェーズⅢ 2017-2022での展望
第26回日本臨床環境医学会学術集会,東京都港区,2017年6月24日,口頭発表S1-04

山本緑,森千里,羽田明
幼児を持つ母親の遺伝リテラシーと遺伝子検査に対する意識について
第24回日本遺伝子診療学会大会,千葉県千葉市,2017年7月14日,口頭発表0-01

Akifumi Eguchi,Kei Nomiyama,Kenichi Sakurai,Pham Thi Kim Trang,Pham Hung Viet,Shin Takahashi,Hisato Iwata,Shinsuke Tanabe,Emiko Todaka,Chisato Mori
Exploration of lead exposure related biological pathways in Vietnamese acid-lead battery recycling workers.
Chemical Hazard Symposium,2017年8月2日,北海道札幌市,口頭発表

川波亜紀子,大竹正枝,渡邉応宏,櫻井健一,森千里
母の妊娠後期の食事パターンと産後のボンディングとの関連
第6回日本DOHaD学会学術集会,東京都新宿区,2017年8月26日,ポスター発表P1-29

大竹正枝,渡邉応宏,櫻井健一,森千里
Association between Maternal under-reporting of Food Questionnaire and some factors in pregnant women, C-MACH
第6回日本DOHaD学会学術集会,東京都新宿区,2017年8月27日,ポスター発表P2-23

石川敦雄,西田恵,鈴木規道,吉田紘明,古賀千絵,西垣美穂,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その1:調査概要および基本統計量
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40527

花里真道,石川敦雄,西田恵,鈴木規道,吉田紘明,古賀千絵,西垣美穂,原裕介
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その2:自席の環境と健康関連QOL との相関分析
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40528

原裕介,石川敦雄,西田恵,鈴木規道,吉田紘明,古賀千絵,西垣美穂,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その3:自席の環境と職業性ストレス( 仕事の負担・遂行状況) との相関分析
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40529

吉田紘明,石川敦雄,西田恵,鈴木規道,古賀千絵,西垣美穂,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その4:自席の環境と職業性ストレス( 社会資源,総合評価) との相関分析
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40530

西垣美穂,石川敦雄,西田恵,鈴木規道,吉田紘明,古賀千絵,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その5:プレゼンティーズム指標および健康関連QOL と職業性ストレスの相関分析
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40531

古賀千絵,西田恵,鈴木規道,吉田紘明,石川敦雄,西垣美穂,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その6:心理ストレスと自席環境の関連について~上司、同僚、家族の支援は緩和要因になるか?
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40532

西田恵,石川敦雄,鈴木規道,吉田紘明,古賀千絵,西垣美穂,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その7:休憩行動とワーク・エンゲイジメント、健康との関係
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40533

鈴木規道,石川敦雄,西田恵,吉田紘明,古賀千絵,西垣美穂,原裕介,花里真道
オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか?:その8 年齢・性別・勤務階数ごとにみた階段の利用実態と会談環境の評価
2017年度日本建築学会大会,広島県広島市,2017年9月2日,口頭発表:40534

高谷一成,中岡宏子,鈴木規道,中山誠健,下田美智子,森千里
リアルタイムVOC分析のためのイオン付着法を用いたイオン移動度分析装置の開発
原子衝突学会第42回年会,東京都千代田区,2017年9月8~9日,ポスター発表:1P04

鈴木都
卵巣摘出骨粗鬆症マウスに発現する疼痛の特性と薬理学的介入による 疼痛行動の変化についての検討
第19回日本骨粗鬆症学会,大阪市北区 ,2017年10月20日,一般演題(口演)20 基礎研究0119

鈴木都
第32回日本整形外科学会基礎学術集会,沖縄県宜野湾市,2017年10月26日

花里真道
高齢者の閉じこもりと地域の歩道の関連: JAGES横断研究
第76回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017年10月31日,口頭発表O-0601-2

古賀千絵
高齢者における身体的虐待と要介護認定の関係に ついて-JAGES縦断研究-
第76回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017年10月31日,口頭発表O-2302-5

山本緑
授乳時の母親の行動に関する背景要因の探索およ び養育態度との関連
第76回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017年10月31日,ポスター発表P-0504-2

鈴木都,折田純久,稲毛一秀,阿部幸喜,木下英幸,井上雅寛,乗本将揮,海村朋孝,大島精司,森千里
TRPV1 Reporter Mouse(TdTomato Mouse)を用いた卵巣摘出骨粗鬆症
第10回日本運動器疼痛学会,福島県福島市,2017年11月19日,ポスター発表P-018

川波亜紀子,森千里
母親の産後10か月におけるボンディング(児への情緒的絆)形成要因についての検討
日本乳幼児精神保健学会FOURWINDS第20回全国学術集会20周年記念大会,東京都渋谷区,2017年11月25日~26日,ポスターセッションP3-4

花里真道
オフィスワーカーのひとり作業、打合せ、会議と心理ストレスの関連
日本行動医学会第24回学術総会,2017年12月1日,口頭発表

ChisatoMori,AkifumiEguchi, HidenobuMiyaso, Kenichi Sakurai
The relationship between congener profiles of PCBs and levels of metabolome in maternal serum and H19 methylation in cord tissues.
環境ホルモン学会第20回研究発表会,兵庫県神戸市,2017年12月12日, ポスター発表P34

Weiwei Jin,Akifumi Eguchi,Masae Otake,Kenichi Sakurai,Hiroko Nakaoka,Masahiro Watanabe,Emiko Todaka,Chisato Mori
Relationship between residue levels of PCBs in maternal and cord serum with dietary habits and cooking methods:Possibility of reduce avoidable exposure to PCBs
環境ホルモン学会第20回研究発表会, 兵庫県神戸市,2017年12月12日,ポスター発表P33

下田美智子,中岡宏子,鈴木規道,中山誠健,高谷一成,戸髙恵美子,森千里
室内空気曝露とヒトの生理指標による健康影響評価
平成29年室内環境学会学術大会,佐賀県佐賀市,2017年12月13~14日,ポスター発表P-60

中山誠健,鈴木規道,高谷一成,下田美智子,花里真道,戸髙恵美子,森千里
室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査その1住居環境および個人属性とシックハウス症候群に関する記述統計
平成29年室内環境学会学術大会,佐賀県佐賀市,2017年12月13~14日,ポスター発表P-61

鈴木規道,中山誠健,高谷一成,下田美智子,花里真道,戸髙恵美子,森千里
室内空気質に関する意識・住環境・個人属性アンケート調査その2住居環境および個人属性とシックハウス症候群に関する記述統計
平成29年室内環境学会学術大会,佐賀県佐賀市,2017年12月13~14日,ポスター発表P-62

中岡宏子,鈴木規道,下田美智子,中山誠健,高谷一成,戸髙恵美子,森千里
化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係についてその2
平成29年室内環境学会学術大会,佐賀県佐賀市,2017年12月13~14日,ポスター発表P‐63

花里真道
地域志向の健康まちづくり戦略の研究
COC公開フォーラム 地域コミュニティのための研究と教育 研究報告会&交流会,千葉大学西千葉キャンパス,
2017年12月22日,口頭発表

山本緑,森千里,羽田明
出生コホート調査参加者の協力意識および遺伝子解析に対する考え方
第28回日本疫学術総会,福島県福島市,2018年2月3日,ポスターセッション(23)P-143

橋本尚武,櫻井健一,三村正裕,高綱陽子,栗林伸一,江本直也,小谷野肇,藤田伸輔,竹本稔,海村孝子,篠宮正樹
千葉県における糖尿病及び糖尿病網膜症診療についての実態調査
第60回日本糖尿病学会年次学術集会,愛知県名古屋市,2017年5月18~20日

花里真道
健康・ウェルビーイングを支援する環境 ―建造環境・自然環境・社会環境に注目した健康まちづくり・デザインの可能性―
第25回 日本心身健康科学会招待講演,東京都文京区, 2017年9月

西田恵, 石川敦雄, 鈴木規道, 吉田紘明, 古賀千絵, 西垣美穂, 原裕介, 花里真道 オフィスにおける交流行動とワーク・エンゲイジメントの関連
第24 回日本行動医学会学術総会,東京都中央区,2017年12月

石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 古賀千絵, 花里真道
オフィスにおける健康(その1)自席環境,人的支援と心理的ストレスの関連に着目して
第76回日本公衆衛生学会,鹿児島県鹿児島市,2017年11月

石川敦雄, 西田恵, 鈴木規道, 古賀千絵, 花里真道
オフィスにおける健康(その2)休憩行動とワーク・エンゲイジメントの関連に着目して
第76回日本公衆衛生学会,鹿児島県鹿児島市,2017年11月

斉藤雅茂,近藤克則,近藤尚己,相田潤,尾島俊之
地域単位のソーシャル・キャピタルが高齢者のその後の孤立化に及ぼす影響 ―JAGESプロジェクト2010・2013パネルデータより―
第59回日本老年社会科学会大会 ,愛知県名古屋市,2017.6.16

Sasaki Yuri , Aida Jun , Tsuji Taishi ,Miyaguni Yasuhiro , Tani Yukako , Koyama Shihoko , Matsuyama Yusuke , Sato Yukihiro , Kakimoto Kazuhiro , Kondo Katsunori
Does the change of neighborhood tie of older survivors in a disaster area associatewith the incidence of depressive symptoms? A longitudinal data analysis.
グローバルヘルス合同大会2017,東京都文京区,2017.11.24~26

近藤克則
日本老年学的評価研究(JAGES)2010-2016コホートプロファイル
第28回日本疫学会学術総会,福島県福島市,2018.2.1~3

近藤克則
人生100年時代の健康作り~ウェルネスマネジメントに学ぶQMSの在り方~
情報通信ネットワーク産業協会,東京都港区,2017年6月21日,口頭発表

近藤克則
Social Determinants of Health
国際保健学,東京都中央区,2017年7月1日,口頭発表

近藤克則
介護予防の課題の見える化と地域資源の開発支援~JAGES HEARTを通じて
第3回地域包括ケアシステム特別オープンセミナー,東京都文京区,2017年7月12日,口頭発表

近藤克則
社会疫学のエビデンスに基づく保健・医療・介護問題
シンポジウム「保健・医療・介護政策を問う」,東京都千代田区,2017年7月15日,口頭発表

近藤克則
地域づくりによる介護予防の進め方
2017年公衆衛生セミナー「日本における健康の社会決定要因」における講演,大阪府吹田市,2017年8月19日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会にどう立ち向かうか
北海道民医連友の会活動交流集会,北海道釧路市,2017年9月10日,口頭発表

近藤克則
健康格差とその対策.
千葉県医師会母子保健研修会,千葉県千葉市,2017年10月14日,口頭発表

近藤克則
新たな地域リハビリテーションの展開-自治体病院への期待
第56回全国自治体病院学会,千葉県千葉市,2017年10月20日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会
第48回愛知民主医療機関学術運動交流集会,愛知県名古屋市,2017年11月23日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋
全日本民医連近畿地方協議会,東海・北陸地協幹部養成学校,大阪府大阪市,2017年11月11日,口頭発表

近藤克則
名古屋市調査と地域診断から見えてきた認知症を予防する暮らし
平成29年度名東区認知症市民講演会,愛知県名古屋市,2017年9月29日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋
全国保険医団体連合会事務局幹部学集会,東京都渋谷区,2017年12月4日,口頭発表

近藤克則
今のまま元気で過ごしたい!Dr近藤の健康への処方箋
地域住民向け医療講演会,千葉県船橋市,2017年8月1日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋
市川市医師会月齢学術講演会,千葉県市川市,2017年12月5日,口頭発表

近藤克則
健康格差が生じる原因とその解決策
明治安田生命保険相互会社講演会,東京都千代田区,2017年11月21日,口頭発表

近藤克則
格差社会と健康~社会疫学の観点から
兵庫県保険医協会年次総会,大阪府大阪市,2018年2月17日,口頭発表

近藤克則
社会参加と健康寿命
兵庫県保険医協会北阪神支部総会,兵庫県宝塚市,2017年11月11日,口頭発表

近藤克則
科学研究費補助金 基盤B「冬季積雪寒冷地の自宅住環境が高齢者の生活習慣や健康状態におよぼす影響の解明」に係る特別セミナー
北海道大学特別セミナー,北海道札幌市,2017年9月11日,口頭発表

近藤克則
地域医療構想と地域包括ケアの展開
乃木坂スクール平成29年後期コース,東京都港区,2017年10月17日,口頭発表

近藤克則
地域づくりによる健康づくり~JAGES「健康とくらしの調査」から~
第7回世界健康首都会議,長野県松本市,2017年11月16日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋-貧困がもたらす命の格差-.
東京保険医協会主催・政策講演会,東京都新宿区,2018年1月25日,口頭発表

近藤克則
地域のつながりで健康寿命を延ばす!~『情けは人の為ならず』を実践しよう~(仮)
神戸市地域支援者向け介護予防講演会,兵庫県神戸市,2017年11月10日,口頭発表

近藤克則
研究班会議:社会疫学からみたAIの影響 ソーシャル・キャピタル研究会:健康格差社会への処方箋-社会は健康とどう結びついているのか
研究班会議ソーシャルキャピタル研究会,東京都千代田区,2017年10月21日,口頭発表

近藤克則
何が健康と寿命を左右するのか?健康格差を縮小するまちづくり」~健康創造都市KOBEへ
地域保健事業関連研修, 兵庫県神戸市,2017年10月27日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋
グローバルヘルス合同大会2017,東京都文京区,2017年11月26日,口頭発表

近藤克則
データに基づき介護予防を推進するために
福岡市 保健福祉局高齢社会部福祉・介護予防課による研修,福岡県福岡市,2017年10月30日,口頭発表

近藤克則
地域診断に基づく健康なまちづくり~健康とくらしの調査から見えてくるもの
平成29年度介護予防研修(実践編),神奈川県横浜市,2017年12月19日,口頭発表

近藤克則
社会参加と健康づくり
いきいき大学講演会,千葉県千葉市,2018年2月12日,口頭発表

近藤克則
JAGES調査を活用した地域診断力養成研修
地域包括支援センター職員研修,千葉県柏市,2018年1月15日,口頭発表

近藤克則
健康なまちづくりによる介護予防
尼崎ヘルスアップ戦略特別講演会,兵庫県尼崎市,2017年11月9日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会の処方箋
全日本民主医療官連合会講演会,東京都中央区,2017年11月5日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋-都市型モデルの開発を目指して-
第37回iroriワークショップ,東京都港区,2018年1月18日,口頭発表

近藤克則
データに基づく健康づくり~健康な生活習慣を支える環境づくり~
岐阜県議会「これからの健康・医療・福祉対策特別委員会」,岐阜県岐阜市,2017年12月13日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会とその処方箋 特に社会・経済的因子から
岡山県市町村保健師研究協議会専門研修,岡山県岡山市,2017年12月22日,口頭発表

近藤克則
人生100年時代に保険者が持つべき視点~データを踏まえた事例から~
データヘルス・予防サービス見本市2017,愛知県名古屋市,2017年12月13日,口頭発表

近藤克則
講演「データヘルス時代の健康なまちづくり」研修会「市町村の健康指標と社会参加割合」
平成29年度福井県市町国民健康保険運営協議会委員等研修会,福井県福井市,2018年1月19日,口頭発表

近藤克則
運動グループへの参加による健康長寿効果
2020年東京オリンピック・パラリンピックのレガシーとしての健康・タバコフリー社会づくりに関する国際会議」,東京都千代田区

近藤克則
「深刻化する格差社会と公衆衛生の課題」社会福祉の政策化、保健師は今何をすべきか~一億総活躍社会における自助・共助・公助の問題~
第50回全国保健師活動研究集会,東京都中野区,2018年1月27日,口頭発表

近藤克則
地域包括ケアの見える化と地域マネジメント
地域包括ケアイノベーションフォーラム・第25回ワークショップ,東京都千代田区,2018年1月17日,口頭発表

近藤克則
健康格差社会への処方箋
第55回月例社会保障研究会,東京都千代田区,2018年3月14日,口頭発表

近藤克則
AMED-RISTEXエイジングシンポジウム~デジタルヘルスの評価と現場への適用から
Ageingに関連する研究機関、研究者、企業等,東京都中央区,2018年2月26日・2018年2月27日,口頭発表

【その他の講演】

森千里
Mission & Passion ~発生学・産婦人科研修から社会医学そして医学研究を基にした予防医学へ~
第17回 長崎産科婦人科臨床懇話会,長崎県長崎市,2017年4月22日,講演2

森千里
千葉出生コホート研究から分かってきた環境と次世代の健康
第76回日本公衆衛生学会総会 市民公開シンポジウム2,鹿児島県鹿児島市, 2017年11月2日,講演

佐藤由美、櫻井健一、渡邉応宏、森千里
母体の食事と腸内細菌叢、児の出生時の発育状態との関連性
第6回日本DOHaD学会学術集会, 東京都文京区,2017年8月27日,口頭発表

【受賞歴】

佐々木由理、相田潤、辻大士、宮國康弘、田代藍、小山史穂子、松山祐輔、佐藤遊洋、近藤克則:社会的サポートは被災後の高齢者のうつ発生を抑制するか-JAGES 2010-13縦断分析-
最優秀口演賞受賞
第 76 回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017.10.31

田代藍、近藤克則
口演賞受賞
第 76 回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017.10.31

林尊弘、近藤克則
ポスター賞受賞
第 76 回日本公衆衛生学会総会,鹿児島県鹿児島市,2017.10.31

雨宮愛理, 近藤尚己, 斉藤雅茂, 高木大資, 齋藤順子, 長谷田真帆, 谷友香子, 近藤克則
優秀演題賞受賞
第28回日本疫学会学術総会,福島県福島市,2018年2月2日

田代敦志,菖蒲川由郷,齋藤玲子,近藤克則
第18回川井記念賞受賞
一般財団法人厚生労働統計協会

報道

【新聞】

森千里
100年後の日本、見通した鴎外,ひ孫で医師の森千里さん、京で講演
伊勢新聞 2017年8月13日

森千里
100年後の日本、見通した鴎外,ひ孫で医師の森千里さん、京で講演
京都新聞2017年8月18日

鈴木規道
千葉大と積水ハウス室内環境の共同研究
日本経済新聞2017年11月10日

森千里
快適な室内環境とは
読売新聞2017年11月10日

予防医学センター
5年かけ健康的な住環境創造
フジサンケイビジネスアイ2017年11月21日

森千里
「空気環境」研究の実験住宅
住宅新報2017年11月21日

予防医学センター
積水ハ、千葉大と空気質の健康効果検証
不動産経済通信2017年11月20日

鈴木規道
注目グリーン技術,良い空気の住宅2軒で比較実験,健康対策から快適さ追求へ
日経産業新聞2017年11月21日

森千里,戸髙恵美子
Maladies et environnement:les medecins de demain sauront nice-matin,2017年12月9日

戸髙恵美子
12月11日に環境ホルモン学会で設立され、シンポジウムが行われた「女性研究者を応援する会」について
毎日新聞夕刊2017年12月12日 10面

予防医学センター
積水ハウスがシックハウス対策仕様を開発
インフィル・テクノロジー,vol 39

森千里
鷗外 医学者としても大仕事 ひ孫の森千里さん、功績語る
毎日新聞北九州版朝刊,2018年1月13日

予防医学センター
千葉大学と5年間の共同研究
積水ハウスひと,Vol.525

【ラジオ】

近藤克則
ラジオNIKKEI「小児科診療UP-to-DATE」.健康格差社会への処方箋
2017年11月22日(金) 21:00‐21:15

近藤克則
荻上チキSession-22.世界糖尿病デー
2017年11月14日(火) 23:20-23:30

特許

櫻井健一、森千里、江口哲史、山本緑
妊娠糖尿病の発症リスクの診断用バイオマーカー
特許出願番号2017-146681,出願日:2017年7月28日

2016年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Sugata Y, Miyaso H, Odaka Y, Komiyama M, Sakamoto N, Mori C, Matsuno Y
Levels of formaldehyde vapor released from embalmed cadavers in each dissection stage.
Environ Sci Pollut Res Int. 2016 Aug;23(16):16176-82. doi: 10.1007/s11356-016-6744-8.Epub 2016 May 6.
PMID: 27151243

Yamamoto M, Fujita M, Mori C, Hata A.
Survey of motivation to participate in a birth cohort.
J Hum Genet. 2016 Sep;61(9):787-91. doi: 10.1038/jhg.2016.60.Epub 2016 Jun 2.
PMID: 27251007

Eguchi A, Miyaso H, Mori C.
The effects of early postnatal exposure to a low dose of decabromodiphenyl ether (BDE-209) on serum metabolites in male mice.
J Toxicol Sci. 2016;41(5):667-75. doi: 10.2131/jts.41.667.
PMID: 27665776

Tachibana K, Sakurai K, Watanabe M, Miyaso H, Mori C.
Associations between changes in the maternal gut microbiome and differentially methylated regions of diabetes-associated genes in fetuses: A pilot study from a birth cohort study.
J Diabetes Investig. 2016 Nov 18. doi: 10.1111/jdi.12598. [Epub ahead of print] PMID: 27863092

Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C.
Assessment of questionnaire-based PCB exposure focused on food frequency in birth cohorts in Japan.
Environ Sci Pollut Res Int. 2017 Feb;24(4):3531-3538. doi: 10.1007/s11356-016-8119-6. Epub 2016 Nov 22.
PMID: 27878486

Eguchi A, Sakurai K, Watanabe M, Mori C.
Exploration of potential biomarkers and related biological pathways for PCB exposure in maternal and cord serum: A pilot birth cohort study in Chiba, Japan.
Environ Int. 2017 Mar 2. pii: S0160-4120(16)30716-4. doi: 10.1016/j.envint.2017.02.011. [Epub ahead of print] PMID: 28262321

Suzuki M, Millecamps M, Naso L, Ohtori S, Mori C, Stone LS.
Chronic Osteoporotic Pain in Mice: Cutaneous and Deep Musculoskeletal Pain Are Partially Independent of Bone Resorption and Differentially Sensitive to Pharmacological Interventions.
J Osteoporos. 2017;2017:7582716. doi: 10.1155/2017/7582716.
PMID: 28299231

Takeda H, Ueda Y, Inuzuka T, Yamashita Y, Osaki Y, Nasu A, Umeda M, Takemura R, Seno H, Sekine A, Marusawa H.
Evolution of multi-drug resistant HCV clones from pre-existing resistant-associated variants during direct-acting antiviral therapy determined by third-generation sequencing.
Sci Rep. 2017 Mar 31;7:45605. doi: 10.1038/srep45605.
PMID: 28361915

Matsumoto T, Tabara Y, Murase K, Takahashi Y, Setoh K, Kawaguchi T, Muro S, Kadotani H, Kosugi S, Sekine A, Yamada R, Nakayama T, Mishima M, Matsuda F, Chin K.
Combined association of clinical and lifestyle factors with non-restorative sleep: The Nagahama Study.
PLoS One. 2017 Mar 9;12(3):e0171849. doi: 10.1371/journal.pone.0171849. eCollection 2017
PMID: 28278155

Matsumoto H, Izuhara Y, Niimi A, Tabara Y, Nagasaki T, Kanemitsu Y, Murase K, Oguma T, Ito I, Muro S, Sekine A, Matsuda F, Kosugi S, Nakayama T, Chin K, Mishima M; Nagahama Study Collaboration Group.
Risks and Cough-Aggravating Factors in Prolonged Cough. Epidemiological Observations from the Nagahama Cohort Study.
Ann Am Thorac Soc. 2017 May;14(5):698-705. doi: 10.1513/AnnalsATS.201608-616BC.
PMID: 28186843

Kume S, Kondo M, Maeda S, Nishio Y, Yanagimachi T, Fujita Y, Haneda M, Kondo K, Sekine A, Araki SI, Araki H, Chin-Kanasaki M, Ugi S, Koya D, Kitahara S, Maeda K, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H.
Hypothalamic AMP-Activated Protein Kinase Regulates Biphasic Insulin Secretion from Pancreatic β Cells during Fasting and in Type 2 Diabetes.
EBioMedicine. 2016 Oct 28. pii: S2352-3964(16)30499-6. doi: 10.1016/j.ebiom.2016.10.038.[Epub ahead of print] PMID: 28029601

Kume S, Kondo M, Maeda S, Nishio Y, Yanagimachi T, Fujita Y, Haneda M, Kondo K, Sekine A, Araki SI, Araki H, Chin-Kanasaki M, Ugi S, Koya D, Kitahara S, Maeda K, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H.
Hypothalamic AMP-Activated Protein Kinase Regulates Biphasic Insulin Secretion from Pancreatic ? Cells during Fasting and in Type 2 Diabetes.
EBioMedicine. 2016 Nov;13:168-180. doi: 10.1016/j.ebiom.2016.10.038. Epub 2016 Oct 28.
PMID: 28005533

Muro S, Tabara Y, Matsumoto H, Setoh K, Kawaguchi T, Takahashi M, Ito I, Ito Y, Murase K, Terao C, Kosugi S, Yamada R, Sekine A, Nakayama T, Chin K, Mishima M, Matsuda F; Nagahama Study Group.
Relationship Among Chlamydia and Mycoplasma Pneumoniae Seropositivity, IKZF1 Genotype and Chronic Obstructive Pulmonary Disease in A General Japanese Population: The Nagahama Study.
Medicine (Baltimore). 2016 Apr;95(15):e3371. doi: 10.1097/MD.0000000000003371.
PMID: 27082601

Y. Izuhara, H. Matsumoto, T. Nagasaki, Y. Kanemitsu, K. Murase, I. Ito, T. Oguma, S. Muro, K. Asai, Y. Tabara, K. Takahashi, K. Bessho, A. Sekine, S. Kosugi, R. Yamada, T. Nakayama, F. Matsuda, A. Niimi, K. Chin, M. Mishima and on behalf of the Nagahama Study Group.
Mouth breathing, another risk factor for asthma: the Nagahama Study.
Allergy 71.2016 Jul;71(7):1031-6. doi: 10.1111/all.12885. Epub 2016 Apr 1.
PMID: 26991116

Inoue Y, Stickley A, Yazawa A, Shirai K, Amemiya A, Kondo N, Kondo K, Ojima T, Hanazato M, Suzuki N, Fujiwara T.
Neighborhood Characteristics and Cardiovascular Risk among Older People in Japan: Findings from the JAGES Project.
PLoS One. 2016 Oct 7;11(10):e0164525. doi: 10.1371/journal.pone.0164525. eCollection 2016.
PMID: 27716825

Hoshi H, Akagi R, Yamaguchi S, Muramatsu Y, Akatsu Y, Yamamoto Y, Sasaki T, Takahashi K, Sasho T.
Effect of inhibiting MMP13 and ADAMTS5 by intra-articular injection of small interfering RNA in a surgically induced osteoarthritis model of mice.
Cell Tissue Res. 2017 May;368(2):379-387. doi: 10.1007/s00441-016-2563-y. Epub 2017 Jan 24.
PMID: 28120109

Sasaki T, Akagi R, Akatsu Y, Fukawa T, Hoshi H, Yamamoto Y, Enomoto T, Sato Y, Nakagawa R, Takahashi K, Yamaguchi S, Sasho T.
The effect of systemic administration of G-CSF on a full-thickness cartilage defect in a rabbit model MSC proliferation as presumed mechanism: G-CSF for cartilage repair.
Bone Joint Res. 2017 Mar;6(3):123-131. doi: 10.1302/2046-3758.63.BJR-2016-0083.
PMID: 28258115

Inoue Y, Stickley A, Yazawa A, Shirai K, Amemiya A, Kondo N, Kondo K, Ojima T, Hanazato M, Suzuki N, Fujiwara T.
Neighborhood Characteristics and Cardiovascular Risk among Older People in Japan: Findings from the JAGES Project.
PLoS One. 2016 Oct 7;11(10):e0164525. doi: 10.1371/journal.pone.0164525. eCollection 2016.
PMID: 27716825

Koyama S, Aida J, Saito M, Kondo N, Sato Y, Matsuyama Y, Tani Y, Sasaki Y,
Kondo K, Ojima T, Yamamoto T, Tsuboya T, Osaka K.
Community social capital and tooth loss in Japanese older people: a longitudinal cohort study.
BMJ Open. 2016.4.5. 6(4): e010768. doi: 10.1136/bmjopen-2015-010768.
PMID: 27048636

Koyama S, Aida J, Kondo K, Yamamoto T, Saito M, Ohtsuka R, Nakade M, Osaka K.
Does poor dental health predict becoming homebound among older Japanese?
BMC Oral Health. 2016.4.30. 16(1):51. doi: 10.1186/s12903-016-0209-9.
PMID: 27136935

Ishikawa Y, Kondo N, Kondo K, Saito T, Hayashi H, Kawachi I; JAGES group.
Social participation and mortality: does social position in civic groups matter?
BMC Public Health. 2016.5.12. 16:394. doi: 10.1186/s12889-016-3082-1.
PMID: 27175729

Tsuboi H, Hirai H, Kondo K.
Giving social support to outside family may be a desirable buffer against depressive symptoms in community-dwelling older adults: Japan gerontological evaluation study.
Biopsychosoc Med. 2016.5.24. 10:18. doi: 10.1186/s13030-016-0064-6.
PMID: 27226808

Hikichi H, Aida J, Tsuboya T, Kondo K, Kawachi I.
Can Community Social Cohesion Prevent Posttraumatic Stress Disorder in the Aftermath of a Disaster? A Natural Experiment From the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami.
Am J Epidemiol. 2016.5. 183(10):902-10. doi: 10.1093/aje/kwv335.
PMID: 27026337

Nakamura M, Ojima T, Nakade M, Ohtsuka R, Yamamoto T, Suzuki K, Kondo K.
Poor Oral Health and Diet in Relation to Weight Loss, Stable Underweight, and Obesity in Community-Dwelling Older Adults: A Cross-Sectional Study From the JAGES 2010 Project.
J Epidemiol. 2016.6.5. 26(6):322-9. doi: 10.2188/jea.JE20150144.
PMID: 26830348

Kondo K.
Progress in Aging Epidemiology in Japan: The JAGES Project.
J Epidemiol. 2016.7.5. 26(7): 331-6. doi: 10.2188/jea.JE20160093.
PMID: 27349200

Tsuboya T, Aida J, Hikichi H, Subramanian SV, Kondo K, Osaka K, Kawachi I.
Predictors of depressive symptoms following the Great East Japan earthquake: A prospective study.
Soc Sci Med. 2016.7. 161:47-54. doi: 10.1016/j.socscimed.2016.05.026.
PMID: 27239707

Tani Y, Kondo N, Nagamine Y, Shinozaki T, Kondo K, Kawachi I, Fujiwara T.
Childhood socioeconomic disadvantage is associated with lower mortality in older Japanese men: the JAGES cohort study.
Int J Epidemiol. 2016.8. 45(4):1226-1235.
PMID: 27401729

Ashida T, Kondo N, Kondo K.
Social participation and the onset of functional disability by socioeconomic status and activity type: The JAGES cohort study.
Prev Med. 2016.8. 89:121-8. doi: 10.1016/j.ypmed.2016.05.006.
PMID: 27235600

Tani Y, Fujiwara T, Kondo N, Noma H, Sasaki Y, Kondo K.
Childhood socioeconomic status and onset of depression among Japanese older adults: The JAGES prospective cohort study.
Am J Geriatr Psychiatry. 2016.9. 24(9):717-26. doi: 10.1016/j.jagp.2016.06.001. Epub 2016.6.6.
PMID: 27569265

Hayashi K, Kawachi I, Ohira T, Kondo K, Shirai K, Kondo N.
Laughter is the Best Medicine? A Cross-Sectional Study of Cardiovascular Disease Among Older Japanese Adults.
J Epidemiol. 2016.10.5. 26(10): 546-52.
PMID: 26972732

Hikichi H, Aida J, Kondo K, Tsuboya T, Matsuyama Y, Subramanian SV, Kawachi I.
Increased risk of dementia in the aftermath of the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2016.11.24. 113(45): E6911-E6918. pii: 201607793.
PMID: 27791093

Inoue Y, Stickley A, Yazawa A, Shirai K, Amemiya A, Kondo N, Kondo K, Ojima T, Hanazato M, Suzuki N, Fujiwara T.
Neighborhood Characteristics and Cardiovascular Risk among Older People in Japan: Findings from the JAGES Project.
PLoS ONE. 2016.10.7. 11(10): e0164525. doi: 10.1371/journal.pone.0164525.
PMID: 27716825

Sato Y, Aida J, Kondo K, Tsuboya T, Watt RG, Yamamoto T, Koyama S, Matsuyama Y, Osaka K
Tooth Loss and Decline in Functional Capacity: A Prospective Cohort Study from the Japan Gerontological Evaluation Study.
Journal of the American Geriatrics Society. (64)11: 2336–42. 2016.11. Version of Record online: 9 SEP 2016, DOI: 10.1111/jgs.14324.
PMID: 27613339

Yamamoto T, Aida J, Kondo K, Fuchida S, Tani Y, Saito M, Sasaki Y.
Oral health and incident depressive symptoms: JAGES project longitudinal study in older Japanese.
Journal of the American Geriatrics Society. 2017 May;65(5):1079-1084. doi: 10.1111/jgs.14777. Epub 2017 Feb 6.
PMID: 28165614

Yazawa A, Inoue Y, Fujiwara T, Stickley A, Shirai K, Amemiya A, KondoN, Watanabe C, Kondo K
Association between social participation and hypertension among older people in Japan: The JAGES Study. Hypertens Res. 2016 Nov;39(11):818-824. doi: 10.1038/hr.2016.78. Epub 2016 Jul 7.
PMID: 27383510

Kanamori S, Takamiya T, Inoue S, Kai Y, Kawachi I, Kondo K.
Exercising alone versus with others and associations with subjective health status in older Japanese: The JAGES Cohort Study.
Sci Rep. 2016 Dec 15;6:39151. doi: 10.1038/srep39151.
PMID: 27974855

Shiba K, Kondo N, Kondo K.
Informal and Formal Social Support and Caregiver Burden: The AGES Caregiver Survey.
J Epidemiol. 2016 Dec 5;26(12):622-628. Epub 2016 May 14.
PMID: 27180934

Hikichi H, Kondo K, Takeda T, Kawachi I.
Social interaction and cognitive decline: Results of 7-years community intervention.
Alzheimer’s & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions. 2016.12.21.

Matsuyama Y, Fujiwara T, Aida J, Watt RG, Kondo N, Yamamoto T, Kondo K, OsakaK.
Experience of childhood abuse and later number of remaining teeth in older Japanese: a life-course study from Japan Gerontological Evaluation Study project.
Community Dent Oral Epidemiol. 2016 Dec;44(6):531-539. doi: 10.1111/cdoe.12246. Epub 2016 Jul 15.
PMID: 27417875

Inoue Y, Stickley A, Yazawa A, Fujiwara T, Kondo K, Kondo N.
Month of birth is associated with mortality among older people in Japan: Findings from the JAGES cohort.
Chronobiol Int. 2016;33(4):441-7. doi: 10.3109/07420528.2016.1152977. Epub 2016 Mar 24.
PMID: 27010376

Tani Y, Kondo N, Noma H, Miyaguni Y, Saito M, Kondo K.
Eating Alone Yet Living With Others Is Associated With Mortality in Older Men: The JAGES Cohort Survey. J Gerontol B Psychol Sci Soc Sci. 2017 Jan 15. pii: gbw211. doi: 10.1093/geronb/gbw211. [Epub ahead of print] PMID: 28093448

Yokobayashi K, Kawachi I, Kondo K, Kondo N, Nagamine Y, Tani Y, Shirai K, Tazuma S; JAGES group.
Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study.
PLoS One. 2017 Jan 6;12(1):e0169904. doi: 10.1371/journal.pone.0169904. eCollection 2017.
PMID: 28060887

Tsuji T, Sasaki Y, Matsuyama Y, Sato Y, Aida J, Kondo K, Kawachi I
Reducing depressive symptoms after the Great East Japan Earthquake in older survivors through group exercise participation and regular walking: a prospective observational study.
BMJ Open. 2017 Mar 3;7(3):e013706. doi: 10.1136/bmjopen-2016-013706.
PMID: 28258173

Tsuboya T, Aida J, Hikichi H, Subramanian SV, Kondo K, Osaka K, Kawachi I
Predictors of decline in IADL functioning among older survivors following the Great East Japan earthquake: A prospective study.
Soc Sci Med. 2017 Mar;176:34-41. doi: 10.1016/j.socscimed.2017.01.022. Epub 2017 Jan 18.
PMID: 28122269

【査読論文】和文

伊藤美智予,近藤克則,中村裕子:
要介護認定データから作成したケアの質評価指標の妥当性の検証 : ブラインドスタディによる特別養護老人ホームへの訪問調査を通して.
社会福祉学. 2016年5月. 57(1): 58-70.

芦田登代, 近藤尚己, 近藤克則.
介護予防の優先順位づけのためのデータ可視化ツールの開発.
厚生の指標. 2016年7月. 63(7): 7-13.

山谷麻由美, 近藤克則, 近藤尚己, 荒木典子, 藤原晴美.
長崎県松浦市における地域診断支援ツールを活用した高齢者サロンの展開 :JAGESプロジェクト.
日本公衆衛生雑誌. 2016年9月15日. 63(9): 578-85

山北満哉, 金森悟, 近藤尚己, 近藤克則.
日本人高齢者における定期的なスポーツグループへの参加に関連する要因:JAGES 横断研究:PLoS One に掲載された英語論文の二次出版.
運動疫学研究. 2016年9月. 18(2): 122-36.

竹田徳則, 近藤克則, 平井寛, 尾島俊之, 村田千代栄, 鈴木佳代, 斉藤雅茂, 三澤仁平:
認知症を伴う要介護認定発生のリスクスコアの開発:5年間のAGESコホート研究.
日本認知症予防学会誌.2016年3月. 4 (1): 25-35

【その他学術論文・プロシーディングス】

庄司竜麻,中岡宏子,戸髙恵美子,柏原 誠,志賀里美,川波亜希子,古賀千絵,森 千里
「グローバルヘルス」への千葉大学の取り組み-日独共同集中講義(ベルリン)・国際機関研修(ジュネーブ)に参加して-
千葉医学雑誌. 2016年4月. 92(2):51-55

上野光一,佐藤洋美
薬物動態と薬力学における性差
医学のあゆみ 260巻12号 2017年3月25日号

井出博生,藤田伸輔
医師の需給推計
医療経済研究 2016年.26(2):76-87

近藤克則
社会環境の整備、地域づくり 千葉大学 予防医学センター教授 近藤克則さん (特集 健康格差:その縮小に向けて):(健康格差縮小の鍵).
へるすあっぷ21. 2016年4月. 378: 10-11.

亀田義人, 近藤克則.
脳卒中の社会経済的リスク要因 (特集 脳卒中:新時代の治療を求めて):(特論).
日本臨床. 2016年4月. 74(4): 690-6.

宮國康弘, 近藤克則.
健康格差の現状と対策のヒント:労働と関わる健康格差 (特集 健康格差を問う) .
労働の科学. 2016年4月. 71(4):196-9.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第4回)研究構想・デザイン・計画.
総合リハビリテーション. 2016年4月. 44(4): 337-9.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第11回)考察の考え方・書き方.
総合リハビリテーション. 2016年11月. 44(11): 1009-13.

長嶺由衣子, 近藤克則.
市町村における子ども医療費助成制度導入前後の受診動向 : 制度導入前後のA市レセプト分析より.
社会保険旬報. 2016年9月11日. 2652: 16-22.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第10回)分析と結果の記述.
総合リハビリテーション. 2016年10月. 44(10): 923-6.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第9回)データの収集と分析.
総合リハビリテーション. 2016年9月. 44(9): 827-30.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第8回)採択される研究助成申請書の書き方.
総合リハビリテーション. 2016年8月. 44(8): 723-6.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第7回)対象と方法.
総合リハビリテーション. 2016年7月. 44(7): 634-7.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第6回)「背景と目的」とレビュー.
総合リハビリテーション. 2016年6月. 44(6): 534-7.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第5回)論文の種類と原著論文の構成.
総合リハビリテーション. 2016年5月. 44(5): 432-5.

近藤克則.
集中講座 研究入門(第12回)全体の推敲と要旨.
総合リハビリテーション.2016年12月. 44 (12): 1116-1119

近藤克則.
集中講座 研究入門(第13回)投稿・学会発表.
総合リハビリテーション.2017年1月. 45 (1):65-67

近藤克則.
集中講座 研究入門(第14回)Q&Aその1-学びの場、臨床と研究の両立.
総合リハビリテーション.2017年2月. 45 (2): 157-160

近藤克則.
集中講座 研究入門(第15回)Q&Aその2-研究テーマの決め方、研究者の成長、プロセス、ライフワーク.
総合リハビリテーション.2017年3月.45 (3): 257-260

近藤克則.
『健康寿命』について考えてみました-寝たきり防止で健康長寿!!.
第一生命健康保険組合GENKI2017春.2017年3月. (176): 23-25

近藤克則.
高齢者を健康にする社会的要因と地域づくり.
FJC.2017年2月. 43: 8-9

近藤克則
第一特集1:健康格差 日本の経済成長にも影響「健康格差」の是正を急げ.
くらしとからだ,2017年2月1日. vol 91.3-5

近藤克則
【コメント掲載】明日の健康は今の自分の体を知るところから.
リビング名古屋中央.2017年2月11日.492号: 7

亀田義人, 近藤克則
2.地域包括ケア「見える化」システムと社会参加戦略.
Geriatric Medicine 55 (2).2017年2月1日. 145-149

濱田由香里, 近藤克則
事例集 新しい健康日本21へのヒント 「スナックママさんゲートキーパー養成事業」を通した社会環境の改善につながる保健活動-長崎県県央保健所における自殺対策の取り組み.
保健師ジャーナル 72 (5).2016年5月. 408-414

【著書】

近藤克則.
ケアと健康:社会・地域・病い 講座ケア 新たな人間:社会像に向けて.
ミネルヴァ書房. 2016年9月10日.

引地博之, 近藤克則
QOLと現代社会:「生活の質」を高める条件を学際的に研究する.
第6章 地域社会とQOL:ソーシャル・キャピタルと心の健康.pp 139-158

近藤克則
健康格差社会への処方箋.
医学書院,2017年1月30日.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】国外

Mori Chisato
New Collaboration between German and Japanese Universities:Chiba University and Charite Medical College.
JANET FORUM 2016,Berlin,Germany.2016.6.30.

Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Chie koga, Hiroko Nakaoka, Chisato Mori.
A study of design for reduction and monitoring of volatile organic compounds in indoor air: the case of a commercial bank in Japan,
The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016, (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

Norimichi SUZUKI, Masamichi HANAZATO,Hiroko NAKAOKA , Tomomi YAMADA , Akihfumi Eguchi, Chie Koga, Chisato MORI.
Emission rates and substances from low volatile organic compounds(VOCs) paints and sealers,
The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016 (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Akifumi Eguch, Chisato Mori (2016).
An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human.
The Fifth International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016 (October 28-November 01, 2016, Taichung, Taiwan)

【招待講演】国内

Chisato Mori,Emuko Tadaka.
Establishment of sustainable health science for future generations.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.27.Luncheon Seminar.

Emiko Todaka,Hiroko Nakaoka,Masamichi Hanazato,Chisato Mori.
Environmental Preventive Medicine: Example of Chemiless Town Project.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.27.Symposium:S1-03-2

Hiroko Nakaoka,Emiko Todaka,Masamichi Hanazato,Norimichi Suzuki,Akifumi Eguchi,Msahiro Watanabe,Michiko Shimoda,Chisato Mori.
Correlation of symptoms of sick building syndrome to odor concentration levels.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.27.Symposium:S1-03-5

森 千里,江口 哲史,宮宗 秀伸,山本 緑,渡邉 応宏,鈴木 規道,戸高 恵美子,櫻井 健一
マルチオミックス解析を用いた千葉出生コホートでの小児環境保健分野での新知見
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日特別セッション口頭発表:特S2-1

江口 哲史,櫻井 健一,渡邉 応宏,森 千里
メタボローム解析による母体血清および臍帯血清中PCBs曝露マーカーの探索
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日特別セッション口頭発表:特S2-2

鈴木 規道,江口 哲史,渡邉 応宏,花里 真道,吉田 紘明,森 千里
近隣の植生環境と健康影響の探索的解析
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日特別セッション口頭発表:特S2-3

渡邉 応宏,江口 哲史,櫻井 健一,森 千里
出生コホート調査における母親の食事パターンとPCB曝露との関連の調査
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日特別セッション口頭発表:特S2-4

森 千里
未来世代の健康づくり
第6回健康を考える講演会,2017年2月19日,長野県長野市,講演

森 千里
出生コホート研究と予防
第87回日本衛生学会学術総会,宮崎県宮崎市,2017年3月26日,シンポジウム3

近藤克則.
どうなる? 日本の医療の姿:これからの医療提供体制、新専門医制度がつくる医師制度.
第31回保団連 医療研究フォーラム. 京都府京都市. 2016年10月9日. シンポジウム.

近藤克則.
地域包括ケア時代の介護予防.
第58回日本老年医学会学術集会. 石川県金沢市. 2016年6月9日. シンポジウム8: 4.

近藤克則.
貧困はどのようにして健康に影響するか.
第2回貧困と子どもの健康シンポジウム. 東京都文京区. 2016年12月4日. シンポジウム.

近藤克則.
健康なまちづくりに向けて.
健康社会と空間・まちづくりシンポジウム. 東京都千代田区. 2016年6月14日. 基調講演.

近藤克則.
健康社会と空間づくり・まちづくり:多様な視点から考える、これからの空間・まち.
健康社会と空間・まちづくりシンポジウム. 東京都千代田区. 2016年6月14日. パネルディスカッション.

近藤克則.
ソーシャル・キャピタルと健康:関連の実証から応用へ.
第68回北海道公衆衛生学会. 北海道札幌市. 2016年10月1日. 特別講演

近藤克則.
地域や社会経済状況による集団間の健康格差.
平成28年度ウィンターセミナー, 千葉県千葉市,千葉県ちば県民保健予防財団講堂ちば県民保健予防財団講堂, 2017年2月10日

近藤克則.
地域や社会経済状況による集団間の健康格差.
平成28年度ウィンターセミナー, 千葉県千葉市,千葉県ちば県民保健予防財団講堂ちば県民保健予防財団講堂, 2017年2月10日

【一般発表】国外

Chisato Mori,Hidenobu Miyaso,Akifumi Eguchi,Yoshiharu Matsuno,Midori Yamamoto,Masahiro Watanabe,Hiroko Nakaoka,Emiko Todaka,Hideoki Fukuoka,Akira Hata,Kenichi Sakurai
Recent findings of our Japanese birth cohort study with omics analysis: Chiba study of Mother and Children’s Health (C-MACH)
28th Annual Conference International Society for Environmental
Epidemiology(ISEE2016),Rome,Italy.2016.9.1.Poster:P1-154

Hiroko Nakaoka,Emiko Todaka,Masamichi Hanazato,Norimichi Suzuki,Akifumi Eguchi,Michiko Shimoda,Chisato Mori.
Correlation between indoor complaints and exposure to environmental factors in indoor air.
28th Annual Conference International Society for Environmental
Epidemiology(ISEE2016),Rome,Italy.2016.9.1.Poster:P2-143

Masamichi Hanazato, Norimichi Suzuki, Chie koga, Hiroko Nakaoka, Chisato Mori
A study of design for reduction and monitoring of volatile organic compounds in indoor air: the case of a commercial bank in Japan.
International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SSL6001

Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Hiroko Nakaoka, Tomomi Yamada, Akifumi Eguchi, Chie koga, Chisato Mori.
Emission rates and substances from low volatile organic compounds(VOCs) paints.
International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SSL6002

Hiroko Nakaoka, Norimichi Suzuki, Masamichi Hanazato, Akifumi Eguchi, Chisato Mori.
An approach to make a healthy indoor environment in order to prevent adverse effects on human.
International Multi-Conference on Engineering and Technology Innovation 2016
(IMETI2016).Taichung,Taiwan.2016.10.30.Poster:SSL6003

C.Mori,A.Eguch,K.Sakurai,andE.Todaka,Sponsor:M.Eddy
Risk Analysis of Fetal Exposure of PCBs with’Omics Analysis Using Maternal Blood,Umbilical Cord,and Cord Blood in Birth Cohort Study.
56th Annual Meeting and ToxExpo(SOT2017),Baltimore,USA.2017.3.14.Poster:P545

K. Nomiyama, Y. Yamamoto, H. Mizukawa, K. Takaguchi, M. Takiguchi, A. Eguchi, S. Nakayama, Y. Ikenaka, M. Ishizuka, T. Kunisue, S. Tanabe
Contamination status of organohalogen compounds and their hydroxylated metabolites in pet cats and dogs: effects on thyroid hormones homeostasis
36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants(Dioxin 2016),
Florence, Italy,2016.8.30.Poster:S4.200

Shunsuke Doi, Hiroo Ide, Shinji Ogawa, Takahiro Suzuki, Shinsuke Fujita.
Microsimulation modeling to analyze patient accessibility using geographic information systems.
Wennberg International Collaborative, Pisa, Italy, 2016 4.

Miyako Suzuki, Magali Millechamps, Lina Naso, Chisato Mori, Seiji Ohtori and Laura S Stone
Osteoporosis-related Radiating Pain Following Ovariectomy in Mice is Attenuated by Pregabalin and Bisphosphonates
The International Society for the Study of the Lumbar Spine (5/16-20/16 Singapore) Oral Presentation

Yanagi N, Fujiwara T, Hata A, Kondo K.
Association between childhood socioeconomic status and vegetable/fruit consumption by age group in elderly Japanese: JAGES Project.
2016 Epidemiology Congress of the Americas. Miami, USA. 2016.6.21. Poster Session 1: 0265-S/P.

Tsuji T, Kondo K, Tsunoda K, Yoon J, Okura T.
Evaluation of physical function in older adults at individual and community levels.
The 28th International Sport Science Congress: IN COMMEMORATION OF THE 1988 SEOUL OLYMPIC GAMES. Seoul, Korea. 2016.8.26. Disciplinary Session.

Ando E, Nomura T, Aida J, Hikichi H, Inoue K, Hosaka Y, Tabata T, Kondo K, Kawachi I.
Association of dog ownership with cognitive decline amongcommunity-dwelling older residents in Japan: longitudinal analysis.
APACPH2016 The 48th Asia-Pacific Academic Consortium for Pubic Health Conference. Tokyo, Japan. 2016.9.18. Oral Session 8: Aging, 8-3-O.

Yanagi N, Fujiwara T, Hata A, Kondo K.
Association between adverse childhood experiences and vegetable consumption in older age in Japan.
9th European Public Health Conference. Vienna, Austria. 2016.10.10. Poster walks1: 3.R.10.

Sakurai K, Tachibana K, Watanabe M, Miyaso H, Mori C. (2016)
Association between maternal gut microbiome and epigenetic alterations of fetal tissue.
pptox V (Kitakyushu, Japan)

Sato Y, Sakurai K, Watanabe M, Tachibana K, Mori C. (2016)
Association between maternal gut microbiome and neonatal anthropometric data.
pptox V (Kitakyushu, Japan)

Watanabe M, Otake M, Sakurai K, Mori C (2016)
Maternal dietary patterns in pregnancy in Japan: Chiba study of Mother and Children’s Health.
ISEE/ISES AC2016 (Spporo, Japan)

Kawanami A, Sakurai K, Shimizu E, Mori C. (2016)
Association between developmental delay of infants and mothers’ bonding disorder at 12 months postpartum. ISEE/ISES AC2016 (Spporo, Japan)

Eguchi A, Sakurai K, Suzuki N, Watanabe M, Mori C. (2016)
PCB levels in human serum in C-Mach cohort, Chiba, Japan: A pilot study. 36th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants.
Dioxin 2016 (Firenze, Italy)

Watanabe M, Otake M, Sakurai K, Eguchi A, Mori C. (2016)
The relationship between maternal dietary patterns and blood PCBs levels: Chiba study of Mother and Children’s Health.
pptox V (Kitakyushu, Japan)

Otake M, Watanabe M, Sakurai K, Mori C. (2016)
The association between serum folate and caffeine-containing drinks in pregnant women in Chiba – Japan Environment and Children’s study.
pptox V (Kitakyushu, Japan)

Watanabe M, Otake M, Sakurai K, Mori C (2016)
Maternal dietary patterns in pregnancy in Japan: Chiba study of Mother and Children’s Health.
ISEE/ISES AC2016 (Spporo, Japan)

Watanabe M, Otake M, Sakurai K, Mori C (2016)
Maternal dietary patterns in pregnancy in Japan: Chiba study of Mother and Children’s Health.
ISEE/ISES AC2016 (Spporo, Japan)

【一般発表】国内

Akiko Kawanami,Kenichi Sakurai,Eiji Shimizu,Chisato Mori.
Association between developmental delay of infants and mothers’ bonding disorder at 12 months postpartum.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.27.Poster:P1-9-66

Norimichi Suzuki,Hiroko Nakaoka,Masamichi Hanazato,Akifumi Eguchi,Michiko Shimoda,Satomi Shiga,Chisato Mori.
Contributing chemicals to TVOC value as a risk indicator of indoor air quality.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.28.Poster:P2-5-27

Midori Yamamoto,Chisato Mori,Akira Hata.
How often fetuses and infants are exposed to chemical substances in daily life?
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.28.Poster:P2-6-41

Masahiro Watanabe,Masae Otake,Kenichi Sakurai,Chisato Mori.
Maternal dietary patterns in pregnancy in Japan: Chiba study of Mother and Children’s Health.
Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016. (ISEE-ISES AC2016),Sapporo-city,Hokkaido,2016.6.28.Poster:P2-8-47

花里真道,古賀千絵,鈴木規道
地域診断時に活用する地図の空間補間に関する研究(地域別の社会参加の状況)JAGESプロジェクトから
2016年度日本建築学会大会,福岡県福岡市,2016年8月28日,口頭発表:7370

古賀千絵,鈴木規道,花里真道
地域診断時に活用する地図の空間補間に関する研究(空間補間法の予測精度の検証)JAGESプロジェクトから
2016年度日本建築学会大会,福岡県福岡市,2016年8月28日,口頭発表:7371

鈴木規道, 花里真道, 古賀千絵
新築住宅 51棟における竣工直後の室内空気 中化学物質濃度について
日本建築学会大会 福岡大学,福岡県福岡市,2016年8月,学術講演梗概集P655-656

江口哲史,櫻井健一,渡邉応宏,森 千里
メタボローム解析による血清中PCBs曝露マーカーの探索
第22回日本環境毒性学会研究発表会,愛知県松山市,2016年9月6日口頭発表:S-3

野見山桂,山本恭央,水川葉月,江口哲史,滝口満喜,中山翔太,池中良徳,石塚真由美,国末達也,田辺信介
有機ハロゲン化合物によるペット動物の汚染実態と甲状腺ホルモンへの影響
第22回日本環境毒性学会研究発表会,愛知県松山市,2016年9月6日口頭発表:OB-3

花里 真道,鈴木 規道,古賀 千絵,林 尊弘,辻 大士,近藤 克則
高齢者の転倒と地域環境の関連:JAGES2010データから
第75回日本公衆衛生学会総会,大阪府大阪市,2016年10月27日.口頭発表:O-0605-5

山本 緑.羽田 明
乳幼児期の母児コミュニケーションにかかわる母親のメンタルヘルスおよび背景因子探索
第75回日本公衆衛生学会総会,大阪府大阪市,2016年10月28日.口頭発表:O-0504-3

Kenichi Sakurai,Kaori Tachibana,Masahiro Watanabe,Hedenobu Miyaso,Chisato Mori
Association between maternal gut microbiome and epigenetic alterations of fetal tissue.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-05

Midori Yamamoto,Akira Hata,Chisato Mori
Association of antibiotics usage in pregnancy with postpartum depression and mother to infant bonding failure.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-09

Yumi SATO,Kenichi SAKURAI,Masahiro WATANABE,Kaori TACHIBANA,Chisato MORI
Association between maternal gut microbiome and neonatal anthropometric data.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-11

Chisato Mori,Akifumi Eguch,Kenichi Sakurai
Metabolome analysis of PCB exposure in maternal and umbilical cord serum in Chiba study of Mother and Children’s Health (C-MACH).
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-15

Masahiro Watanabe,Masae Otake,Kenichi Sakurai,Akifumi Eguchi,Chisato Mori
The relationship between maternal dietary patterns and blood PCB levels: Chiba study of Mother and Children’s Health.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-17

Masae Otake,Masahiro Watanabe,Kenichi Sakurai,Chisato Mori
The association between serum folate and caffeine-containing drinks in pregnant women in Chiba – Japan Environment and Children’s study.
5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity(pptox V).Kitakyushu-city,Fukuoka.2016.11.14-15.Poster:P-21

森 千里,江口 哲史
残留性有機汚染物質曝露によるマウス・ヒト(出生コホート)の影響評価におけるメタボローム解析の試み
第24回精子形成・精巣毒性研究会,東京都文京区,2016年12月3日,口頭発表:3

田村 沙弥, 阿草 哲郎, 平野 将司, 江口 哲史, 野見山 桂, 田辺 信介, 金 恩英,岩田 久人
PCBs のin vivo 曝露によるビーグル犬の肝トランスクリプトームとメタボロームへの影響
環境ホルモン学会第19回研究発表会,茨城県つくば市,2016年12月8日ポスター発表:P1-D-4

中岡 宏子,鈴木 規道,下田 美智子,山田 智美,花里 真道,戸高 恵美子,森 千里
新築住宅における室内空気曝露評価(1) - ヨーロッパ曝露評価法を用いて-
平成28年室内環境学会学術大会,茨城県つくば市,2016年12月15日ポスター発表:P-12

下田 美智子,中岡 宏子,鈴木 規道,山田 智美,花里 真道,戸高 恵美子,森 千里
新築住宅における室内空気曝露評価(2)-健康影響アンケートを用いて-
平成28年室内環境学会学術大会,茨城県つくば市,2016年12月15日ポスター発表:P-13

鈴木 規道,中岡 宏子,下田 美智子,花里 真道,森 千里
新築住宅における竣工3か月後のVOCs濃度の経時変化について
平成28年室内環境学会学術大会,茨城県つくば市,2016年12月15日ポスター発表:P-14

古賀千絵, 花里真道, 鈴木規道, 近藤克則.
高齢者における身体的虐待と幼少期の逆境体験の関連について
第27回 日本疫学会学術総会(甲府, 2017.1.27) 抄録集p136.

土井俊祐, 井出博生, 竹内公一, 藤田伸輔.
Personal Health Recordにおける患者のオプトインとアクセスコントロール機構の開発
生体医工学シンポジウム2016, 北海道旭川市,2016年9月18日口頭発表 2A-1-5,P105

土井俊祐, 井出博生, 小川真司, 鈴木隆弘, 藤田伸輔.
GISによる在宅医療受療率の地域差の要因分析
第20医療情報学春季学術大会, 島根県松江市, 2016年6月3日.一般口演 セッション2 O-2,P58-9

林尊弘, 近藤克則, 山田実, 松本大輔.
高齢者のスポーツの趣味と転倒発生との関連:JAGESコホートデータ.
第58回日本老年医学会学術集会. 石川県金沢市. 2016年6月8日. 口頭発表: O-76.

金森悟, 高宮朋子, 井上茂, 辻大士, 近藤克則.
高齢者のグループ運動と2年後の抑うつ傾向の発症.
第19回日本運動疫学会学術総会. 東京都西東京市. 2016年6月18-19日.

辻大士, 宮國康弘, 金森悟, 近藤克則.
高齢者における地域のスポーツグループ参加者割合と個人の抑うつ傾向の関連:JAGESプロジェクトにおける横断的マルチレベル分析.
第19回日本運動疫学会学術総会. 東京都西東京市. 2016年6月18-19日. 口頭発表.

尾島俊之, 竹田徳則, 宮國康弘, 相田潤, 横山由香里, 村田千代栄, 鄭丞媛, 中村廣隆, 岡田栄作, 中村美詠子, 斉藤雅茂, 近藤尚己, 近藤克則.
認知症要介護認定に関連する環境要因:JAGESプロジェクト.
第52回日本循環器病予防学会学術集会. 埼玉県さいたま市. 2016年6月17日. 一般演題B 認知症とコホート: 6.

近藤克則.
要介護リスク得点の開発:JAGES(日本老年学的評価研究)プロジェクト.
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会. 京都府京都市. 2016年6月11日. パネルディスカッション 地域のリハビリテーション: 3-14-P5-4.

岡田栄作, 近藤克則, 宮國康弘, 尾島俊之.
日常生活圏域ニーズ調査結果を用いた2次予防事業対象者の地域診断指標の開発.
第57回日本社会医学会総会. 滋賀県草津市. 2016年8月6日. 一般演題 「地域保健」: Ⅲ-3-3.

近藤克則, 細川陸也, 伊藤美智予, 宮國康弘, 水谷聖子, 肥田佳美, 後藤文枝, 阿部吉晋, 柘植由美, 早川祐子, 半田裕子, 青木祥太, 川角智子, 尾島俊之.
「健康交流の家」開設による健康への効果検証(第1報):事後的調査における交流機会と主観的健康感の変化.
第57回日本社会医学会総会. 滋賀県草津市. 2016年8月6日. 一般演題 「地域保健」: Ⅲ-3-1.

細川陸也, 近藤克則, 伊藤美智予, 宮國康弘, 水谷聖子, 肥田佳美, 後藤文枝, 阿部吉晋, 柘植由美, 早川祐子, 半田裕子, 青木祥太, 川角智子, 尾島俊之.
「健康交流の家」開設による健康への効果検証(第2報):縦断調査における社会参加と活動能力の変化.
第57回日本社会医学会総会. 滋賀県草津市. 2016年8月6日. 一般演題 「地域保健」: Ⅲ-3-2.

大田康博, 近藤克則, 斉藤雅茂, 宮國康弘, 山崎喜比古.
高齢者の健康度自己評価と「インターネットのコミュニケーション利用」:JAGES.
第57回日本社会医学会総会. 滋賀県草津市. 2016年8月7日. 一般演題 「高齢者支援」 :Ⅲ-5-4.

上山崎悦代, 杉本浩章, 篠田道子, 原沢優子, 松田実樹, 近藤克則.
終末期ケアにおける多職種協働を促進する研修プログラムの検証.
第9回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会. 東京都品川区. 2016年8月21日. 一般演題ポスター3: P-3-2.

飯塚玄明, 佐々木由理, 辻大士, 近藤克則.
高齢者における社会参加は検診受診を促進するか:JAGES2010-13縦断データ分析.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月26日.優秀口演選考会: 6.

佐々木由理, 宮國康弘, 辻大士, 亀田義人, 小山史穂子, 松山祐輔, 佐藤遊洋, 相田潤, 近藤克則.
被災地の高齢者のうつ発生と近所づきあいの程度の関連:JAGES 2010-13縦断データ分析.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0601-1.

芦田登代, 近藤尚己, 近藤克則.
参加している地域組織の多様性と健康との関連:JAGESプロジェクト.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0601-4.

竹田徳則, 平井寛, 近藤克則, 加藤清人, 鄭丞媛.
通いの場は何名程度のボランティアで運営されているか?:JAGES参加8市町の分析.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0601-6.

平井寛, 尾島俊之, 近藤尚己, 白井こころ, 近藤克則.
高齢者における買い物環境と食物摂取との関連の検討.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0603-3.

辻大士, 高木大資, 大鶴朋子, 大野孝司, 近藤尚己, 近藤克則.
行政が保有する介護・健診データ連携による要介護リスク指標作成の試み.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0604-1.

花里真道, 鈴木規道, 古賀千絵, 林尊弘, 辻大士, 近藤克則.
高齢者の転倒と地域環境の関連:JAGES2010データから.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0605-5.

菖蒲川由郷, 太田亜里美, 鈴木翼, 坪川トモ子, 渡邉路子, 近藤克則, 齋藤玲子, 近藤尚己.
高齢者の近所づきあいと“やせ”の関連は農村と都市で異なるか?:JAGES新潟研究より.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0803-1.

柳奈津代, 藤原武男, 羽田明, 近藤克則.
高齢期の睡眠の質と子ども期から高齢期への社会経済的地位変化の関連:JAGES 2010.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0803-2.

渡邉路子, 菖蒲川由郷, 齋藤玲子, 鈴木翼, 田代敦志, 太田亜里美, 坪川トモ子, 近藤克則, 近藤尚己, 斉藤雅茂.
高齢者の睡眠の質と社会的決定要因の検討:JAGES2010調査結果の解析.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0803-3.

横田千尋, 佐々木由理, 辻大士, 亀田義人, 宮國康弘, 柳奈津代, 古賀千絵, 近藤克則.
高齢者における市町村毎の歩行習慣者割合と近隣環境認知の関連性:JAGES地域相関研究.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-0803-4.

長谷田真帆, 近藤尚己, 高木大資, 近藤克則.
データ活用と部署間連携に関する自治体職員支援の効果検証:JAGES自治体担当者調査より.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. 口頭発表: O-1501-1.

井階友貴, 近藤尚己, 近藤克則.
福井県高浜町における地域医療に関する住民有志団体活動の認識と健康行動との関連.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月27日. ポスター発表: P-0206-1.

渡邉良太, 竹田徳則, 林尊弘, 金森悟, 辻大士, 近藤克則.
地域在住高齢者のフレイル発生と歩行時間との関連:JAGESパネルデータを用いて.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0605-2.

林尊弘, 近藤克則, 松本大輔, 山田実.
スポーツグループへの参加と転倒発生とに関わる要因:JAGES縦断データ分析.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0606-1.

加藤清人, 竹田徳則, 近藤克則, 平井寛, 鄭丞媛.
通いの場の参加者における要介護リスク者割合の分析:JAGESプロジェクト.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0607-7.

近藤克則, 白井こころ, 佐藤峻, 奥園桜子.
地域診断指標としての高齢者における幸福感指標の検討:JAGES 2010-13縦断研究.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0608-2.

白井こころ, 磯博康, 尾島俊之, 相田潤, 松山祐輔, 藤原武男, 雨宮愛理, 近藤尚己, 村山洋史, 斉藤民, 辻大士, 奥園桜子, 佐藤峻, 近藤克則.
地域在住高齢者の”幸福感”と死亡・認知症発症との関連についての検討:JAGES Project.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0608-3.

亀田義人, 宮國康弘, 辻大士, 佐々木由理, 近藤克則.
高齢期の運動における行動変容ステージの社会的決定要因JAGES project.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0801-5.

宮國康弘, 田淵貴大, 相田潤, 斉藤雅茂, 尾島俊之, 白井こころ, 近藤克則.
地域レベルの社会的サポートと認知症発症との関連:JAGES縦断研究.
第75回日本公衆衛生学会総会. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0801-6.

Sasaki Y, Aida J, Miyaguni Y, Tsuji T, Nagamine Y, Tani Y, Saito T, Kakimoto K, Kondo K.
Can types of residence after the Great East Japan Earthquake predict the incidence of depressive symptoms? The Iwanuma project, The JAGES prospective cohort study.
第31回日本国際保健医療学会学術大会2016. 福岡県久留米市. 2016年12月3日. 口頭発表: O-02-02.

齋藤順子, 近藤尚己, 斉藤雅茂, 谷友香子, 長谷田真帆, 田淵貴大, 近藤克則
高齢者における要介護状態の変化パターンと閉じこもりとの関連:JAGESコホート研究.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府.2017年1月27日.ポスター発表:P-217

林尊弘, 近藤克則, 竹田徳則, 引地博之
憩いのサロン参加と手段的日常生活活動との関連:愛知県武豊町におけるコホート分析.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.ポスター発表:P-233

柳奈津代, 羽田明, 藤原武男, 近藤克則
子ども期の社会経済的地位と高齢期の野菜・果物接種頻度の関連:JAGES2010.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.口頭発表:O-33

平井寛, 近藤尚己, 尾島俊之, 近藤克則
要介護期間が短い高齢者の特徴-13年間の縦断研究 JAGES Project.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府.2017年1月27日.ポスター発表:P-210

尾島俊之, 倉田貞美, 加賀田聡子, 堀井聡子, 横山由香里, 相田潤, 斎藤雅茂, 近藤尚己, 近藤克則 Age and Dementia Friendly Cities指標の開発と地域格差診断.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.口頭発表:O-47

梅森幸, 相田潤, 坪谷透, 礪波健一, 田淵貴大, 俣木志朗, 近藤克則
高齢者における受動喫煙と残存歯数の関係:JAGES横断研究.
第27回日本疫学会学術総会 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.ポスター発表:P-229

辻大士, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則
要介護リスク得点の開発 ― 健診データは予測妥当性を向上させるか?
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.口頭発表:O-48

菖蒲川由郷, 中谷友樹, 田代敦志, 齋藤玲子, 近藤克則
地理的加重回帰分析による高齢者うつ要因の地域差の解明.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.ポスター発表:P-181

佐々木由理, 相田潤, 辻大士, 佐藤遊洋, 宮國康弘, 近藤克則
震災2年半後の高齢者のうつと死別経験-日本老年学的評価研究(JAGES)岩沼プロジェクトの縦断研究
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1

高木大資, 近藤尚己, 辻大士, 近藤克則
介護予防に有効な地域資源は、″隣の隣″の小学校区まで.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.ポスター発表:P-216

古賀千絵, 花里真道, 鈴木規道, 近藤克則
高齢者における身体的虐待と幼少期の逆境体験の関連について.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日.ポスター発表:P-175

近藤克則, 平松誠, 宮國康弘, 斉藤雅茂
日常生活圏域ニーズ調査データによる地域診断は可能か:JAGESプロジェクト.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日. ポスター発表:O-52

宮國康弘, 近藤克則, 平松誠, 斉藤雅茂.
地域診断指標の研究:「通いの場」の箇所数・社会参加割合と要支援・介護認定率の関連.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日,ポスター発表:P-182

亀田義人, 近藤克則, 佐々木由理, 辻大士, 宮國康弘
高齢期の運動の行動変容ステージモデルと健康の社会的決定要因の関係 JAGES横断研究.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日,ポスター発表:P-186

岡部大地, 辻大士, 近藤克則
高齢者では生活機能と特定健診項目のどちらが健康寿命喪失のリスクか:JAGESコホート研究.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日,ポスター発表:P-180

芦田登代, 澤田康幸, 近藤克則
双極割引は健康行動にどのように影響するか:東日本大震災被害者のフィールド実験に基づいたエビデンス.
第27回日本疫学会学術総会, 山梨県甲府市,ベルクラシック甲府, 2017年1月27日,ポスター発表:P-178

櫻井健一、橘香穂里、井上宏実、石川耕、森千里(2016.5.19-21)
妊娠糖尿病に対する不飽和脂肪酸摂取状況の影響
第59回日本糖尿病学会年次学術集会(京都)

李恩瑛、櫻井健一、張錫麟、戸田知得、箕越靖彦、三木隆司(2015.5.23)
皮下脂肪移植による高脂肪食感受性糖尿病マウスの高血糖改善メカニズム
第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)

大竹正枝、江口哲史、櫻井健一、渡邉応宏、鈴木規道、森千里
Association between serum folate and dietary patterns in pregnant women in Chiba - Japan Environment and Children’s study
第5回日本DOHaD研究会学術集会,2016年7月23日,ポスターセッション22

江口哲史, 櫻井健一, 渡邉応宏, 森千里(2016.9.6-7)
メタボローム解析による血清中PCBs曝露マーカーの探索 C-MACHコホートにおけるPCBs曝露とその影響の解析第22回日本環境毒性学会研究発表会(松山)

渡邉応宏,櫻井健一,山本緑,森千里
大規模疫学調査の謝礼授受における電子ギフトの導入と参加者の反応
第27回 日本疫学会学術総会,山梨県甲府市,2017年1月  ポスタセッション1-C3 P-099

山本緑,羽田明,森千里
小児の採血を伴う出生コホート調査に参加する母親の意識について
第27回 日本疫学会学術総会,山梨県甲府市,2017年1月27日,ポスタセッション1-B2 P-051

【その他の講演】

藤田伸輔
在宅医療の推進と介護連携
成田市庁内職員研修会,2016年5月9日,講演

森千里
化学物質曝露と子どもの健康
第24回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県柏市,2016年5月18日,講演1

中岡宏子
室内空気曝露と健康影響
第24回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県柏市,2016年5月18日,講演2

鈴木規道
ケミレスタウンプロジェクト・フェーズⅡ研究成果報告
第24回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県柏市,2016年5月18日,講演3

藤田伸輔
多職種連携パートナーからみた介護福祉の役割
千葉県介護福祉士会総会,2016年5月22日,講演

近藤克則
健康社会とまちづくり
健康社会と空間・まちづくりシンポジウム,東京都千代田区,2016年6月14日,基調講演

藤田伸輔
地域包括ケアシステムの構築における看護職への期待
千葉県看護協会・千葉県看護連盟合同研修会,2016年6月17日,講演

戸髙恵美子
環境と子どもの健康影響(室内空気を含む)
室内空気環境シンポジウム,東京都千代田区,2016年6月29日,講演2

森千里,戸髙恵美子
環境改善と健康増進~室内環境を例として~
室内空気環境シンポジウム,東京都千代田区,2016年6月29日,パネルディスカッション

櫻井健一
糖尿病治療におけるもう一つのオプション-週1回投与GLP-1受容体作動薬のポジショニング-
第3回香取郡市糖尿病フォーラム,2016年6月30日

藤田伸輔
多職種連携による在宅医療・在宅生活における栄養士への期待
日本栄養士会関東甲信越・京浜ブロック研修会,2016年9月3日,講演

藤田伸輔
在宅医療連携に関して
成田市医師団,2016年10月21日,講演

鈴木都
骨粗鬆症に発現する痛みのメカニズム 及び治療に関する研究の実際
第2回 千葉骨粗鬆症研究会 2016. 10. 22 千葉市 口頭発表

山本緑
エコチル調査でわかってきたこと
第25回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県木更津市,2016年11月23日,講演1

藤田伸輔
多職種連携による在宅医療・在宅生活を考える
富士北麓在宅医療連携の会,2016年11月26日,講演

戸高恵美子.
健康に住まうためにできること シックハウス予防の今、そしてこれから.
リビングデザインセンターOZON プロフェッショナルセミナー.東京都新宿区.2016年12月13日

藤田伸輔
地域包括ケアシステムの構築等に向けた大学病院の役割-人材育成を中心に-
熊本大学医学部附属病院地域医療連携センター講演会,2017年1月18日,講演

藤田伸輔
多職種連携による在宅医療・在宅生活を考える
市川市医師会研修会,2017年1月21日,講演

藤田伸輔
超高齢社会を生きる
千葉芸術文化塾(千葉市文化振興財団),2017年2月3日,講演

山本緑
エコチル調査から見える地域の特徴について
黒潮ブロック保健所保健師研修会,千葉県館山市,2017年2月27日,講演

江口 哲史
血清中における残留性有機汚染物質の測定高度化について
第26回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2017年3月4日,講演1

山本 緑
エコチル調査千葉ユニットセンターのデータからわかったこと-産前・産後の母親の喫煙状況について-
第26回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2017年3月4日,講演2

戸髙 恵美子
世界のコホート調査とWHOの役割
第26回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2017年3月4日,講演3

森 千里
環境と子どもの健康について“コホート調査の必要性”
第26回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2017年3月4日,講演4

森 千里
予防医学センター国際交流概要
予防医学センター国際交流報告会,千葉県千葉市,2017年3月6日,講演

戸髙 恵美子
WHOでの国際交流報告
予防医学センター国際交流報告会,千葉県千葉市,2017年3月6日,講演

山本緑
エコチル調査集計結果から 母親の喫煙状況について
平成28年度安房保健所母子保健推進協議会,千葉県館山市,2017年3月10日,講演

佐々木由理.
高齢者とうつ:健康格差社会への挑戦.
八千代市ふれあい大学健康福祉コース. 千葉県八千代市. 2016年9月9日.

近藤克則.
予防政策のパラダイム拡張.
第1回健康寿命延伸と介護予防を考える会. 愛知県名古屋市. 2016年9月15日.

辻大士.
社会参加で健康長寿:生涯大学校から始める地域活動と健幸華齢.
千葉県生涯大学校外房学園・学園企画講座(2). 千葉県茂原市. 2016年9月28日.

近藤克則.
地域診断に基づく介護予防を目指した保健活動:ソーシャルキャピタルに着目した健康なまちづくり.
平成28年度磯子区地区診断研修. 神奈川県横浜市. 2016年11月1日.

近藤克則.
予防カルチャー:暮らせば健康になるまち.
第6回世界健康首都会議. 長野県松本市. 2016年11月11日. パネルディスカッション.

近藤克則.
健康格差と老人クラブ活動.
平成28年度第2回友愛活動研修会. 神奈川県横浜市. 2016年11月14日.

近藤克則.
健康格差になぜ取り組むべきか.
いのちと暮らしを脅かす安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉関係者の会連続企画第二弾健康格差社会にどう向き合うか憲法が危ない!健康も危ない!. 東京都渋谷区. 2016年11月26日.

近藤克則.
ソーシャル・キャピタルと健康づくり:介護予防から自殺予防まで.
平成28年度自殺対策研修会. 福岡県春日市. 2016年11月29日.

近藤克則.
高齢になっても安心して暮らせるまちづくり:常滑市に必要なまちづくりのために、今私たちができることは.
平成28年度常滑市介護予防・生活支援体制整備事業 公開講座(一般向け). 愛知県常滑市. 2016年12月2日.

近藤克則.
地域づくりによる介護予防:地域包括支援センターの役割.
横浜市社会福祉協議会高齢福祉部会地域ケアプラザ分科会地域包括研修会主任ケアマネージャー分科会研修会. 神奈川県横浜市. 2016年12月5日.

佐々木由理.
社会環境と健康:老後うつも、お茶して笑って回復??.
ボランティア講座2016. 千葉県船橋市. 2016年12月9日.

近藤克則.
何が健康と寿命を左右するのか:始める、考える、動かす健康格差対策の7原則.
神戸市地域保健事業関連研修. 兵庫県神戸市. 2016年12月9日.

近藤克則.
社会参加で認知症予防.
厚生労働科学研究・研究成果等普及啓発事業による成果発表会(一般向け): 社会参加促進による認知症予防. 愛知県東海市. 2016年12月13日.

近藤克則.
ソーシャルキャピタルと健康-科学的探究から応用へ.
新潟のソーシャルキャピタルを考える会2017.新潟県新潟市.2017年2月19日

近藤克則
講演:健康長寿社会づくりと健康格差対策.
21世紀医療問題分析研究会, 東京都千代田区, 2017年3月6日

近藤克則.
高齢者における社会参加と健康のいい関係.
エイジフレンドリーシティ宝塚行動計画策定記念講演会, 宝塚ホテル, 2017年3月25日

近藤克則
「健康格差社会」への処方箋-政策・実践へのヒント.
平成28年度生活習慣病研修会, 千葉県千葉市, 2017年1月21日

近藤克則
全体テーマ「医療介護改革の行方~2018年に向けて~」.
平成29年新春座談会, 東京都千代田区. 2017年1月11日.

【受賞歴】

徳永誠, 近藤克則.
大腿骨頸部骨折(近位部骨折)の訓練単位数と退院時運動FIMとの関係:日本リハビリテーション・データベースの分析.
Jpn J Rehabil Med 2015. 52(12): 751-9. 2015.
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会. 最優秀論文賞. 京都府京都市. 2016年6月9日.

辻大士, 宮國康弘, 金森悟, 近藤克則.
高齢者における地域のスポーツグループ参加者割合と個人の抑うつ傾向の関連:JAGESプロジェクトにおける横断的マルチレベル分析.
第19回日本運動疫学会学術総会. 優秀演題賞. 2016年6月18-19日. 一般発表.

細川陸也, 近藤克則, 伊藤美智予, 宮國康弘, 水谷聖子, 肥田佳美, 後藤文枝, 阿部吉晋, 柘植由美,早川祐子, 半田裕子, 青木祥太, 川角智子, 尾島俊之.
「健康交流の家」開設による健康への効果検証(第2報):縦断調査における社会参加と活動能力の変化.
第57回日本社会医学会総会. 奨励賞. 滋賀県草津市. 2016年8月6日. 一般演題 : Ⅲ-3-2.

Ando E, Nomura T, Aida J, Hikichi H, Inoue K, Hosaka Y, Tabata T, Kondo K, Kawachi I.
Association of dog ownership with cognitive decline amongcommunity-dwelling older residents in Japan: longitudinal analysis.
APACPH2016 The 48th Asia-Pacific Academic Consortium for Pubic Health Conference. Tokyo, Japan. 2016.9.18. Oral Session 8: Aging, 8-3-O. Young Oral Presentation Award.

宮國康弘, 田淵貴大, 相田潤, 斉藤雅茂, 尾島俊之, 白井こころ, 近藤克則.
地域レベルの社会的サポートと認知症発症との関連:JAGES縦断研究.
第75回日本公衆衛生学会総会. ポスター賞. 大阪府大阪市. 2016年10月28日. ポスター発表: P-0801-6.

Kamada T, Okuno S, Araki Y, Okada E, Ojima T, Kondo K.
Regional comparison of risk factors related to the onset of certification of long-term care need in community-dwelling elderly people in Japan: Follow-up study of participants in the JAGES project.
第21回静岡健康・長寿学術フォーラム. ポスター賞受賞. 静岡県静岡市. 2016年11月25日.

上野光一
NDBレセプト情報オープンデータにみる薬剤提供実態の男女差
第10回日本性差医学・医療学会学術集会,ポスター賞,愛知県名古屋市,2017年1月28日

報道

【新聞】

予防医学センター
積水ハウス 空気環境配慮仕様9割に 室内空気シンポで報告
週刊住宅,2016年7月4日

予防医学センター
積水ハ、千葉大と室内空気環境でシンポ
日刊不動産経済通信,2016年7月4日

予防医学センター
竹中公務店 健康増進する建物研究 千葉大に寄付研究部門
日刊工業新聞,2016年10月6日

森 千里
エコチル調査 千葉大院 森千里教授に聞く
朝日新聞(千葉版 首都圏13版),2016年11月5日

近藤克則.
なぜ大事?SDH(健康の社会的決定要因)の視点:千葉大学教授・近藤克則さんに聞く.
民医連新聞. 第1618号. 2016年4月18日.

【ラジオ】

近藤克則.
CBCラジオ「きく!ラジオ」健康生活コーナー
2016年9月23日(月)-27日(金). 12:30-13:00

近藤克則.
TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」誰にでも可能性はある。健康格差の実態とは?
2016年10月17日(月). 22:45-23:40

近藤克則.
CBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」
2016年10月29日(土). 10:15-

【その他】

山本 緑
千葉ユニットセンターの活動
月刊チャイルドヘルス4月号,2016年4月1日

佐粧 孝久
変形性膝関節症
日医ニュースNo.461,2016年6月5日

近藤克則
“外出しやすい町づくり”で介護予防.
Medical Tribune. 49(16). 2016年4月25日.

近藤克則.
体を売ることを考えてしまいます:貧困がうつを生む(コメント).
AERA. 29(27)1569:26-7. 2016年6月20日.

近藤克則.
個人では変えられない「上流の社会環境」を変えないと、健康格差はなくせません.
週刊通販生活(WEB版インタビュー記事). 2016年7月5日.

近藤克則.
「殺せ」ブログの長谷川豊アナと「健康ゴールド免許」の小泉進次郎氏は同類なのか?(インタビュー).
THE HUFFINGTON POST. 2016年11月24日.

特許

三木隆司,李 恩瑛,江口哲史,櫻井健一
境界型糖尿病の診断用バイオマーカー
特許出願2016-176169 出願日:2016年9月9日

2015年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Akatsu Y, Yamaguchi S, Mukoyama S, Morikawa T, Yamaguchi T, Tsuchiya K, Iwasaki J, Akagi R, Muramatsu Y, Katsuragi J, Fukawa T, Endo J, Takahashi K, Sasho T.
Accuracy of high-resolution ultrasound in the detection of meniscal tears and determination of the visible area of menisci.
J Bone Joint Surg Am. 2015.5.20. 97:10. 799-806. doi: 10.2106/JBJS.N.01055. PubMed PMID: 25995490.

Koike M, Nojiri H, Ozawa Y, Watanabe K, Muramatsu Y, Kaneko H, Morikawa D, Kobayashi K, Saita Y, Sasho T, Shirasawa T, Yokote K, Kaneko K, Shimizu T.
Mechanical overloading causes mitochondrial superoxide and SOD2 imbalance in chondrocytes resulting in cartilage degeneration.
Sci Rep. 2015.6.25. 5:11722. doi: 10.1038/srep11722. PubMed PMID: 26108578; PubMed Central PMCID: PMC4480010.

Yamaguchi S, Endo J, Yamamoto Y, Sasho T.
Double-Row Bridging Suture Fixation Augmented With Double Krackow Suture for the Repair of Avulsion of the Ossified Achilles Tendon: A Technical Tip.
Foot Ankle Int. 2015.7. 36(7):849-52. doi:10.1177/1071100715575001. Epub 2015 Mar 5. PubMed PMID: 25743427.

Eguchi A, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Todaka E, Mori C.
Maternal-fetal transfer rates of PCBs, OCPs, PBDEs, and dioxin-like compounds predicted through quantitative structure-activity relationship modeling.
Environ Sci Pollut Res Int. 2015.9.23. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 26396019.

Yamaguchi S, Kitamura M, Ushikubo T, Murata A, Akagi R, Sasho T.
Effect of Laterally Wedged Insoles on the External Knee Adduction Moment across Different Reference Frames.
PLoS One. 2015.9.23. 10:9. e0138554. doi:10.1371/journal.pone.0138554. eCollection 2015. PubMed PMID: 26397375; PubMed Central PMCID: PMC4580408.

Yamaguchi S, Sasho T, Endo J, Yamamoto Y, Akagi R, Sato Y, Takahashi K.
Shape of the lateral edge of the first metatarsal head changes depending on the rotation and inclination of the first metatarsal: a study using digitally reconstructed radiographs.
J Orthop Sci. 2015.9. 20:5. 868-74. doi:10.1007/s00776-015-0749-x. Epub 2015 Jul 16. PubMed PMID: 26179881.

Fukawa T, Yamaguchi S, Watanabe A, Sasho T, Akagi R, Muramatsu Y, Akatsu Y, Katsuragi J, Endo J, Osone F, Sato Y, Okubo T, Takahashi K.
Quantitative Assessment of Tendon Healing by Using MR T2 Mapping in a Rabbit Achilles Tendon Transection Model Treated with Platelet-rich Plasma.
Radiology. 2015.9. 276:3. 748-55. doi: 10.1148/radiol.2015141544. Epub 2015 Mar 27. PubMed PMID:25816105.

Lee EY, Sakurai K, Zhang X, Toda C, Tanaka T, Jiang M, Shirasawa T, Tachibana K, Yokote K, Vidal-Puig A, Minokoshi Y, Miki T.
Unsuppressed lipolysis in adipocytes is linked with enhanced gluconeogenesis and altered bile acid physiology in Insr(P1195L/+) mice fed high-fat-diet.
Sci Rep. 2015.11. 30:5:17565. doi: 10.1038/srep17565. PubMed PMID: 26615883; PubMed Central PMCID:PMC4663474.

Sakurai K, Miyaso H, Eguchi A, Matsuno Y, Yamamoto M, Todaka E, Fukuoka H, Hata A, Mori C; Chiba study of Mother and Children’s Health Group.
Chiba study of Mother and Children’s Health (C-MACH): cohort study with omics analyses.
BMJ Open. 2016.1.29. 6:1.e01053. doi: 10.1136/bmjopen-2015-010531. PubMed PMID:26826157; PubMed Central PMCID: PMC4735302.

Yamamoto Y, Yamaguchi S, Sasho T, Fukawa T, Akatsu Y, Nagashima K, Takahashi K.
Quantitative Ultrasound Elastography With an Acoustic Coupler for Achilles Tendon Elasticity: Measurement Repeatability and Normative Values.
J Ultrasound Med. 2016.1. 35:1. 159-66. doi: 10.7863/ultra.14.11042. Epub 2015 Dec 11. PubMed PMID: 26657752

Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C. Estimation of maternal blood PCB level using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort. Toxicology Letters. 2015.10. 238:2. S104. doi: 10.1016/j.toxlet.2015.08.342.

Yamaura K, Tanaka R, Bi Y, Fukata H, Oishi N, Sato H, Mori C, Ueno K. Protective effect of young green barley leaf (Hordeum vulgare L.) on restraint stress-induced decrease in hippocampal brain-derived neurotrophic factor in mice. Pharmacogn Mag. 2015 May;11(Suppl 1):S86-92. doi: 10.4103/0973-1296.157702. PMID: 26109779

【著書】

佐粧孝久.
「変形性膝関節症」 『Monthly Book Orthopaedics 28(10);保存療法でなおす運動器疾患 OAから外傷まで 増刊号』
全日本病院出版会. 2015年10月14日. 32-8.

佐粧孝久.
「特発性膝関節血症」吉矢晋一編『下肢臨床症候の診かた・考え方』
南山堂. 2015年10月. 162-4.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

戸髙恵美子.
近年の環境の変化と子どもの健康への影響について.
第14回日本旅行医学会大会. 東京都渋谷区. 2015年4月18日. ポスター発表:16:20‐17:00.

戸高 恵美子.
環境ホルモンを含む化学物質の子どもへの影響.
第18回環境ホルモン学会(内分泌撹乱化学物質学会). 栃木県下野市. 2015年12月11日. シンポジウム 4:15:40‐17:10.

【一般発表】国外

Sasaki T, Sasho T, Yamaguchi S, Akatsu Y, Katsuragi J, Fukawa T, Endo J, Hoshi H, Yamamoto Y, Takahashi K.
The effect of systemic adminstration of granulocytecolony stimulating factor(G-CSF) on full thickness cartilage deffect in a rabbit.
OARSI 2015. Washington, USA. 2015.5.1-2. 214.

Akagi R, Fisch K.M., Alvarez-Garcia O, Teramura T, Muramatsu Y, Saito M, Sasho T, Su A.I., Lotz M.K..
Dysregulated circadian rhythm pathway in human osteoarthritis: NR1D1 and BMAL1 suppression alters TGF and IL-1Β signaling in chondrocytes.
OARSI 2015. Washington, USA. 2015.5.2. 73.

Sasho T.
Correlation Betweeen Newly Developed 3D Cube Acquisition T1 rho And T2 Relaxation Mappily and Histological anrg Assessments in Earlv Phase Osteoarthritic Cartilage.
2015 ISAKOS Congress. Lyon, France. 2015.6.7-11. ePosters:405.

Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C.
Estimation of maternal blood PCB level using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort.
EUROTOX 2015, 51st Congress of the European Societies of Toxicology Bridging Sciences for Safety. Porto, Portugal. 2015.9.14. Poster Sessions:P03-053.

Nakaoka H, Suzuki N, Shiga S, Mori C.
Indoor air chemicals found after reports of office odor and SBS symptoms.
2015 International Symposium of Environmental Medicine. Taipei Taiwan. 2015.10.25. Poster:C5.

Suzuki N, Nakaoka H, Hanazato M, Mori C.
Volatile Organic Compounds in Indoor Air: A Review of Concentrations Measured in New Houses.
2015 International Symposium of Environmental Medicine. Taipei Taiwan. 2015.10.25. Poster:C8.

Hanazato M, Suzuki N, Nakaoka H, Mori C.
Time-dependent Change in the Indoor Chemical Concentrations: A Review of Concentrations Measured in New Houses.
2015 International Symposium of Environmental Medicine. Taipei Taiwan. 2015.10.25. Poster:C9.

Hanazato M, Otake M, Eguchi A, Suzuki N, Koga C, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C.
Relationship between maternal blood PCB level and distance towards the nearest fishing port in Japanese national birth cohort.
DOHaD 9th WORLD CONGRESS 2015. Cape town, South Africa. 2015.11.9. Poster-oral:4462.

Suzuki N, Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E, Mori C.
An attempt of development of PCBs exposure assessment using Food Frequency Questionnaire in Japanese national birth cohort.
DOHaD 9th WORLD CONGRESS 2015. Cape town, South Africa. 2015.11.9. Poster-oral:4446.

Mori C, Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Watanabe M, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E.
Preventive intervention to reduce human exposure of PCBs/Dioxins.
DOHaD 9th WORLD CONGRESS 2015. Cape town, South Africa. 2015.11.9. Poster-oral:5087.

Mori C, Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Watanabe M, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E.
Development of exposure assessment and preventive intervention of blood PCB level using Japanese birth cohort data.
International Workshop ANSES. Paris, France. 2016.01.22. Posters session:P1.

Yamaguchi S, Akagi R, Endo J, Yamamoto Y, Nakagawa R, Takahashi K, Sasho T.
High Incidence Avulsion Fracture at the Tip of the Fibula for Ankle Sprain in Children: A Prospective Study.
ORS 2016 Annual Meeting. Florida, USA. 2016.3.6. Poster:No.1209.

Sasaki T, Akagi R, Hoshi H, Ymamoto Y, Enomoto T, Sato Y, Nakagawa R, Takahashi K, Yamagushi S, Sasho T.
The effect of systemic of granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF) on an old full thickness cartilage defect in a rabbit.
ORS 2016 Annual Meeting. Florida, USA. 2016.3.7. Poster:No.1389.

Eguchi A, Miyaso H, Mori C.
Effects of Decabromodiphenyl Ether(BDE-209) on serum metabolites in early postnatalmice.
International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology, Matsuyama. Matsuyama, Japan. 2016.3.19. Poster Session:P-5.

Nishikawa H, Nomiyama K, Eguchi A, Mizukawa H, Ishizuka M, Ikenaka Y, S M, Nakayama M, Tanabe S.
TOXICOLOGICAL ASSESSMENT OF PCBS AND OH-PCBS IN CAT USING METABOLOMICS APPROACH.
International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology, Matsuyama. Matsuyama, Japan. 2016.3.19. Poster Session:P-38.

Nomiyama K, Eguchi A, Mizukawa H, Jean Yoo, Takaguchi K, Yamamoto Y, Oshihoi T, Iwata H, Kunisue T, Tanabe S.
TOXICOLOGICAL ASSESSMENT OF PCBS AND HYDROXY-METABOLITES (OH-PCBs) IN THE BRAIN OF DOGS USING METABOLOMICS APPROACH.
International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology, Matsuyama. Matsuyama, Japan. 2016.3.19. Poster Session:P-42.

Tamura S, Yoo J, Mizukawa H, Agusa T, Hirano M, Eguchi A, Nomiyama K, Tanabe S, Kim E, Iwata H.
HEPATIC TRANSCRIPTOME ANALYSIS TO ASSESS THE EFFECTS OF POLYCHLORINATED BIPHENYLS ON BEAGLE DOGS.
International Symposium on Environmental Chemistry and Toxicology, Matsuyama. Matsuyama, Japan. 2016.3.19. Poster Session:P-56.

【一般発表】国内

瀬戸博, 中岡宏子, 鈴木規道, 山田智美, 森千里.
化学物質過敏症が疑われる患者の曝露状況調査 その1.
第24回日本臨床環境医学会. 東京都港区. 2015年6月6日. 一般演題3:01-16.

野見山桂, 江口哲史, 水川葉月, Yoo Jean, 高口倖暉, 山本泰央, 忍穂井智子, 岩田久人, 国末達也, 田辺信介.
メタボローム解析によるイヌ脳中PCBs, OH-PCBs の毒性影響評価.
第24回環境化学討論会. 北海道札幌市. 2015年6月24日. 口頭発表:1A-2nd, 1A-06.

江口哲史, 榎本剛司, 沖本美帆, 森千里.
機械学習に基づくPCBsのGC保持時間予測モデル構築.
第24回環境化学討論会. 北海道札幌市. 2015年6月24日. 口頭発表:1B-4th, 1B-18.

古賀千絵, 鈴木規道, 花里真道.
柏市における生鮮食料品店数と人口数からみたフードアクセスの研究.
2015年度日本建築学会大会(関東). 神川県平塚市. 2015年9月5日. 口頭:7354.

鈴木規道, 花里真道, 古賀千絵.
柏市における生鮮食料品店数と高齢化率から見たフードアクセスの研究.
2015年度日本建築学会大会(関東). 神川県平塚市. 2015年9月5日. 口頭:7355.

花里真道, 鈴木規道, 古賀千絵, 鈴木雅之.
住宅における結露の有無と個人属性・住環境・地域環境に関する研究.
2015年度日本建築学会大会(関東). 神川県平塚市. 2015年9月6日. 口頭:41136.

山本緑, 羽田明.
妊産婦のメンタルヘルスと社会的背景との関連:エコチル調査千葉ユニットセンターのデータから.
第74回日本公衆衛生学会総会. 長崎県長崎市. 2015年11月4日. 一般演題:P-0101-8.

鈴木規道, 谷友香子, 花里真道, 近藤尚己, 近藤克則.
高齢者の食環境とうつ発症との関連:JAGESコホートデータ.
第74回日本公衆衛生学会総会. 長崎県長崎市. 2015年11月4日. P-1702-4.

古賀千絵, 花里真道, 鈴木規道, 引地博之, 鈴木佳代, 近藤克則.
高齢者における心理的虐待発生の地域差:JAGESプロジェクト.
第74回日本公衆衛生学会総会. 長崎県長崎市. 2015年11月6日. P-0706-5.

山本緑.
次世代のための環境疫学:子どもの健康と環境に関する全国調査.
第9回次世代を担う若手医療薬科学. 千葉県千葉市. 2015年11月8日. シンポジウム:S-3.

志賀里美, 中岡宏子, 鈴木規道, 山田智美, 戸髙恵美子, 森千里.
SBS症状の訴えのあったオフィスの室内空気環境調査.
H27年室内環境学会学術大会. 沖縄県宜野湾市. 2015年12月3日. ポスター発表:P-09.

鈴木規道, 中岡宏子, 山田智美, 志賀里美, 花里真道, 戸高恵美子, 森千里.
新築住宅における竣工直後の室内空気中化学物質濃度について.
H27年室内環境学会学術大会. 沖縄県宜野湾市. 2015年12月3日. ポスター発表:A-18.

中岡宏子, 鈴木規道, 山田智美, 江口哲史, 森千里.
化学物質過敏症疑いの患者の室内曝露と症状発現の関係について.
H27年室内環境学会学術大会. 沖縄県宜野湾市. 2015年12月3日. ポスター発表:A-19.

野見山桂, 江口哲史, 水川葉月, Yoo Jean, 高口倖暉, 山本泰央, 国末達也, 岩田久人, 田辺信介.
イヌ脳中 PCBs, OH-PCBs の毒性影響評価:メタボロミクスアプローチ.
環境ホルモン学会第18回研究発表会. 栃木県下野市. 2015年12月10日. ポスター発表:PD-17.

江口哲史, 宮宗秀伸, 森千里.
Effects of Decabromodiphenyl Ether(BDE-209) on Serum Metabolites in Early Postnatal Mice.
環境ホルモン学会第18回研究発表会. 栃木県下野市. 2015年12月10日. ポスター発表:PD-30.

江口哲史, 大竹正枝, 花里真道, 鈴木規道, 松野義晴, 中岡宏子, 戸高恵美子, 森千里.
食事摂取頻度調査およびアンケート調査結果を用いた血清中 PCB 濃度の推定.
環境ホルモン学会第18回研究発表会. 栃木県下野市. 2015年12月10日. ポスター発表:PE-3.

田村沙弥, 劉珍, 水川葉月, 阿草哲郎, 平野将司, 江口哲史, 野見山桂, 田辺信介, 金恩英, 岩田久人.
トランスクリプトーム解析による PCBs を曝露したイヌへの影響評価.
環境ホルモン学会第18回研究発表会. 栃木県下野市. 2015年12月11日. ポスター発表:PD-16.

山本緑, 森千里, 羽田明.
出生コホート調査における参加者の協力継続について:エコチル調査千葉ユニットセンターの状況.
第26回日本疫学会学術総会. 鳥取県米子市. 2016年1月23日. ポスターセッション:P2-090.

山本緑, 森千里, 羽田明.
妊婦および母親の喫煙にかかわる背景:エコチル調査千葉ユニットセンターのデータから.
第6回日本小児禁煙研究会学術集会. 大阪府大阪市. 2016年1月23日. 一般演題:Ⅲ-13.

【その他の講演】

鈴木 都
痛みの予防が骨粗鬆症患者を減らす-骨粗鬆症のよる痛みの実際と治療について-
第21回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県千葉市,2015年6月27日,講演1

櫻井 健一
糖尿病の「け」があると言われたら
第22回千葉大学予防医学センター市民講座,千葉県千葉市,2015年6月28日,講演1

佐粧孝久.
早期変形性膝関節症治療の診断と治療の可能性.
第9回かずさ整形外科セミナー. 千葉県千葉市. 2015年7月1日.

佐粧孝久.
変形性膝関節症の早期診断:予防可能な疾患なのでしょうか?
安房ゐのはな会総会・学術総会. 千葉県館山市. 2015年9月17日.

佐粧孝久.
中高年の膝の痛みと治療:膝の痛みは歳のせい?
市民公開講座:運動器の 10 年・骨と関節の日. 千葉県千葉市. 2015年10月3日.

Emiko Todaka
Health effect of environmental chemicals.
International Symposium “The health impact of environmental chemicals”,Chiba-city,Chiba.2015.10.28

森 千里
環境汚染物質による健康影響と成果報告
長期間体に残る環境汚染物質の健康影響とその対応策(シンポジウム),東京都中央区,2015年12月12日

江口 哲史
大規模コホート調査に対応した血清中PCBs測定技術の確立を目指して 長期間体に残る環境汚染物質の健康影響とその対応策(シンポジウム),東京都中央区,2015年12月12日

江口 哲史
微量PCBs分析法の確立と将来への発展
第23回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2016年3月27日

江口 哲史
微量PCBs分析法の確立と将来への発展
第23回千葉大学予防医学センター市民講座,東京都港区,2016年3月27日

【受賞歴】

Hanazato M, Suzuki N, Nakaoka H, Mori C.
Time-dependent Change in the Indoor Chemical Concentrations: A Review of Concentrations Measured in New Houses.
2015 International Symposium of Environmental Medicine. Taipei City, Taiwan. 2015.10.25. Poster:C9.

報道

【テレビ】

佐粧孝久.
TBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」ひざ痛
2015年10月4日(日) 07:00‐07:30

【ラジオ】

山本緑.
かずさエフエム「To.Ko.To.Nかずさ」あの人にあいたい(エコチル調査について)
2015年5月29日(金) 09:00‐10:00

【その他】

森 千里
予防医学センター活動報告
産学連携情報誌Mira-Kuru Vol.2,2015年4月30日

森 千里
母から子に移行する環境ホルモンの危険性
月刊地域保健2015年6月号,2015年6月1日

佐粧 孝久
膝関節外科における至適手術時機について
整形・災害外科11月号,2015年11月1日

山本緑.
「KK mom FES 2015 ~きさらづ きみつ まままつり~」エコチル調査のポスター展示
2015年11月15日(日) 10:00‐14:00

山本緑.
千葉ユニットセンターの取り組み 第4回エコチル調査国際シンポジウム
2015年12月15日(火)

2014年度

研究論文・書籍
【査読論文】英文

Mori C, Kakuta K, Matsuno Y, Todaka E, Watanabe M, Hanazato M, Kawashiro Y, Fukata H.
Polychlorinated biphenyl levels in the blood of Japanese individuals ranging from infants to over 80 years of age.
Environ Sci Pollut Res Int. 2014.5.21. 10. 6434-9. doi: 10.1007/s11356-013-1965-6. PubMed PMID: 23872889; PubMed Central PMCID: PMC4021163.

Nakaoka H, Todaka E, Seto H, Saito I, Hanazato M, Watanabe M, Mori C.
Correlating the symptoms of sick-building syndrome to indoor VOCs concentration levels and odour.
Indoor and Built Environment 2014. 2014.9.11. 23:6. 804–13. doi: 10.1177/1420326X13500975.

Miyaso H, Naito M, Hirai S, Matsuno Y, Komiyama M, Itoh M, Mori C.
Neonatal exposure to diethylstilbestrol causes granulomatous orchitis via epididymal inflammation.
Anat Sci Int. 2014.9. 89(4):215-23. doi:10.1007/s12565-013-0225-7. PubMed PMID: 24449359.

Odaka Y, Nakaoka H, Todaka E, Hanazato M, Seto H, Mori C.
Aldehyde Emissions from Lime Plaster Containing Vegetable Oil.
Indoor and Built Environmen. 2014.10.2. doi: 10.1177/1420326X14553998.

Mori C, Nakamura N, Todaka E, Fujisaki T, Matsuno Y, Nakaoka H, Hanazato M.
Correlation between human maternal-fetal placental transfer and molecular weight of PCB and dioxin congeners/isomers.
Chemosphere. 2014.11.11. 4:262-7. doi:10.1016/j.chemosphere.2014.04.095. PubMed PMID: 25113211.

Miyaso H, Nakamura N, Naito M, Hirai S, Matsuno Y, Itoh M, Mori C.
Early postnatal exposure to a low dose of decabromodiphenyl ether affects expression of androgen and thyroid hormone receptor-alpha and its splicing variants in mouse Sertoli cells.
PLoS One. 2014.12.5. 9(12):e114487. doi:10.1371/journal.pone.0114487. PubMed PMID: 25479311; PubMed Central PMCID:PMC4257688.

Endo J, Watanabe A, Sasho T, Yamaguchi S, Saito M, Akagi R, Muramatsu Y, Mukoyama S, Katsuragi J, Akatsu Y, Fukawa T, Okubo T, Osone F, Takahashi K.
Utility of T2 mapping and dGEMRIC for evaluation of cartilage repair after allograft chondrocyte implantation in a rabbit model.
Osteoarthritis Cartilage. 2015.2. 23:2. 280-8. doi: 10.1016/j.joca.2014.10.012. Epub 2014 Nov 6. PubMed PMID: 25450842.

Mukoyama S, Sasho T, Akatsu Y, Yamaguchi S, Muramatsu Y, Katsuragi J, Fukawa T, Endo J, Hoshi H, Yamamoto Y, Takahashi K.
Spontaneous repair of partial thickness linear cartilage injuries in immature rats.
Cell Tissue Res. 2015.2. 359:2. 513-20. doi: 10.1007/s00441-014-2041-3. Epub 2014 Nov 19. PubMed PMID:25407523.

Katsuragi J, Sasho T, Yamaguchi S, Sato Y, Watanabe A, Akagi R, Muramatsu Y, Mukoyama S, Akatsu Y, Fukawa T, Endo J, Hoshi H, Yamamoto Y, Sasaki T, Takahashi K.
Hidden osteophyte formation on plain X-ray is the predictive factor for development of knee osteoarthritis after 48 months: data from the Osteoarthritis Initiative.
Osteoarthritis Cartilage. 2015.3. 23:3. 383-90. doi:10.1016/j.joca.2014.11.026. Epub 2014 Dec 24. PubMed PMID: 25542776.

Yoji Mochida,Kenichi Sakurai,Yoshiharu Matsuno,Shingo Ochiai,Masahiro Watanabe,Chisato Mori Relationship between dioxin compounds and hepatic disorder with obesity in Japanese adult males  Accepted June 18, 2014 Jpn J Clin Ecol (Vol.23 No.1 49-60,2014)

【その他学術論文・プロシーディングス】

英文

Nakaoka H, Todaka E, Hanazato M, Seto H, Shimoda M, Mori C.
Aging variation in indoor air quality at experimental sites in Chemiless Town.
13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate 2014. 2014.7.7-12. Proceedings paper:HP0994.

和文

森千里, 柏原誠, 戸髙恵美子, 鈴木 都, 中岡宏子, 羽田明.
日独シンポジウム 「日本とドイツにおける予防医学と公衆衛生」を終えて.
千葉医学雑誌. 2014年8月. 90(4):131-5.

中岡宏子, 瀬戸博, 戸高恵美子, 森千里.
最近問題となる室内空気汚染物質とシックハウス症候群.
日本医事新報. 2015年3月14日. 4742:23-8.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【一般発表】国外

Hanazato M, Eguchi A, Todaka E, Matsuno Y, Nakaoka H, Koga C, Mori C.
Do PCBs, OCPs, and dioxin-like compounds with high molecular weight decrease human maternal-fetal placental transfer rates?
Dioxin 2014 34th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants. 2014.9.2. Madrid, Spain. Poster session 2: Biomonitoring in humans I 971.

Mori C, Otake M, Eguchi A, Hanazato M, Suzuki N, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E.
An attempt of development of PCBs exposure assessment using food frequency questionnaire in birth cohorts in Japan.
pptox IV Stressors in Disease and Implications for Human Health. 2014.10.28. Boston, USA. Posters:TUES-36.

Mori C, Eguchi A, Otake M, Hanazato M, Suzuki N, Watanabe M, Matsuno Y, Nakaoka H, Todaka E.
Possibility to reduce human PCBs exposure by intake of fruits and vegetables.
Society of Toxicology 54 th Annual Mettting and ToxExpo2015(SOT2015). San Diego, USA. 2015.3.25. Late Registration:Poster:Board-170.

【一般発表】国内

中岡宏子, 瀬戸博, 戸髙恵美子, 花里真道, 森千里.
ヒトが感じる臭気強度とシックハウス症候群症状の発現との関係.
第23回日本臨床環境医学会学術集会. 京都府京都市. 2014年6月14日. 一般発表:O-006.

山田智美, 瀬戸博, 中岡宏子, 戸髙恵美子, 花里真道, 森千里.
木質由来の化学物質の暴露評価:EUの企画をベースとして.
第23回日本臨床環境医学会学術集会. 京都府京都市. 2014年6月15日. ポスター発表:P-004.

花里真道.
次世代社会基盤の構築:予防医科学と建築・都市デザインの連携.
第12回日本予防医学会学術総会. 東京都江東区. 2014年6月28日. 産学連携シンポジウム:S1-7.

大竹正枝, 渡邉応宏, 花里真道, 中岡宏子, 松野義晴, 戸髙恵美子, 森千里.
血中PCB濃度と食事調査(FFQ)の関連性について.
第3回日本DOHaD研究会学術集会. 東京都世田谷区. 2014年7月25-26日. ポスター発表:P-31.

山本緑, 羽田明.
非喫煙妊婦における正期産の低出生体重出産要因の探索.
第73回日本公衆衛生学会総会. 栃木県宇都宮市. 2014年11月7日. 一般口演:O-0101-4.

鈴木規道, 花里真道, 瀬戸博, 山田智美, 古賀千絵, 森千里.
低VOC 塗料の放散物質および放散速度に関する研究.
平成26年室内環境学会学術大会. 東京都新宿区. 2014年12月5日. ポスター発表:P-15.

花里真道, 鈴木弘樹, 鈴木規道, 古賀千絵, 瀬戸博, 森千里.
室内化学物質を低減した商業施設の計画・工事監理と濃度評価.
平成26年室内環境学会学術大会. 東京都新宿区. 2014年12月5日. ポスター発表:P-16.

中岡宏子, 瀬戸博, 戸髙恵美子, 花里真道, 下田美智子, 森千里.
建物の経年にともなう室内空気質変動の多様性.
平成26年室内環境学会学術大会. 東京都新宿区. 2014年12月5日. ポスター発表:P-17.

大竹正枝, 中岡宏子, 戸髙恵美子, 花里真道, 瀬戸博, 小林梨奈.
木質部材に塗付した植物油成分からの揮発物質によると推察されるシックハウス事例.
平成26年室内環境学会学術大会. 東京都新宿区. 2014年12月5日. ポスター発表:P-19.

山田智美, 瀬戸博, 千代田守弘, 清水隆浩, 今澤剛, 箭内慎吾.
パッシブサンプラーを活用した総揮発性有機化合物(TVOC)測定法の開発(第三報).
平成26年室内環境学会学術大会. 東京都新宿区. 2014年12月5日. ポスター発表:P-29.

山本緑, 森千里, 羽田明.
エコチル調査に見る妊婦の食行動:千葉ユニットセンターのデータから.
環境ホルモン学会第17回研究発表会. 東京都文京区. 2014年12月10日. 口頭発表:ORAL-1#6.

山本緑, 森千里, 羽田明.
Social factors for smoking habit of mothers during pregnancy and breastfeeding.
第25回日本疫学会学術総会. 愛知県名古屋市. 2015年1月23日. 一般口演:O10-21.

【その他の講演】

山本緑.
エコチルアンケートの途中経過について:データから見えること.
千葉市緑区保健推進員・食生活指導員会議. 千葉県千葉市. 2014年7月28日.

山本緑.
予防医学と薬剤師:子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査).
千葉大学大学院薬学研究院・薬友会・千葉医療薬学研究会第3回 薬剤師卒業後教育研修講座. 千葉県千葉市. 2014年11月9日.

山本緑.
千葉県における母親・父親の喫煙状況と社会的背景:エコチル調査中間報告から.
安房健康福祉センター禁煙支援者研修会. 千葉県館山市. 2015年2月4日.

佐粧孝久.
超早期変形性膝関節症の診断と早期介入の可能性.
東海整形外科医会. 神奈川県横浜市. 2015年3月8日.

山本緑.
エコチル調査に見る妊婦の食行動:千葉ユニットセンターのデータから.
第20回千葉大学予防医学センター市民講座:環境と子どもの健康. 東京都港区. 2015年3月15日. 講演3.

大竹正枝.
食事調査の必要性と栄養情報.
第17回千葉大学予防医学センター市民講座:「次世代のために、いまできること」~母体血中化学物質測定・食事調査の必要性と今後の展望~. 東京都港区. 2015年3月16日.

報道

【新聞】

戸髙 恵美子
ひと:戸髙 恵美子さん=研究者からWHO技官へ
毎日新聞,2014.4.17

森 千里
鷗外の脚気研究を講演
毎日新聞,2014.6.20

森 千里
森鷗外の思い胸に
読売新聞,2014.6.20

森 千里
森鷗外小倉赴任115年 文学碑前で「しのぶ会」
朝日新聞,2014.06.21

【その他】

近藤 克則
地域のつながり(ソーシャルキャピタル)の強化
健康づくり6月号No.434

森 千里
9歳から始める医学部受験対策
医学部進学ガイド2015,2014年10月9日

中岡 宏子
最近問題となる室内空気汚染物質とシックハウス症候群
日本医事新報No4742,2015年3月14日

2013年度

研究論文・書籍
【査読論文】

英文

Nakaoka H, Todaka E, Seto H, Saito I, Hanazato M, Watanabe M, Mori C.
Correlating the symptoms of sick-building syndrome to indoor VOCs concentration levels and odour.
Indoor and Built Environment. 2013.8.28. 23(6):804-13. doi: 10.1177/1420326X13500975.

Ochiai S, Shimojo N, Yuka I, Watanabe M, Matsuno Y, Suzuki S, Kohno Y, Mori C.
A pilot study for foetal exposure to multiple persistent organic pollutants and the development of infant atopic dermatitis in modern Japanese society.
Chemosphere. 2014.1. 94:48-52. doi: 10.1016/j.chemosphere.2013.09.009. PubMedPMID: 24080003.

和文

田島翔太, 大野暁彦, 花里真道, 森千里, 鈴木弘樹, 川瀬貴晴.
ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2012へ向けたゼロエネルギー住宅の開発と施工.
日本建築学会技術報告集. 2014年2月20日. 20(44):197-202.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)
【招待講演】

Nakaoka H, Todaka E, Seto H, Saito I, Hanazato M, Watanabe M, Mori C.
Correlation of symptoms of sick-building syndrome to chemical and odour concentration levels.
Conference of ISEE, ISES and ISIAQ, Environment and Health:Bridging South, North, East and West. Basel, Switzerland. 2013.8.23. Oral:O-4-16-03.

【一般発表】国外

Hanazato M, Todaka E, Nakaoka H, Seto H, Mori C.
Lowering TVOC is necessary to prevent sick building syndrome.
Conference of ISEE, ISES and ISIAQ, Environment and Health:Bridging South, North, East and West. Basel, Switzerland. 2013.8.21. POSTER VIEWING II:Poster:P-2-09-21.

Hanazato M, Watanabe M, Todaka E, Matsuno Y, Nakaoka H, Mori C.
Relationship between blood polychlorinated biphenyl level and distance towards the nearest fishing port: a birth cohort study.
The 8th World Congress on Developmental Origins of Health and Diseases(DOHaD 2013). Suntec, Singapore. 2013.12.17-20. DOHaD13-1262, S339.

【一般発表】国内

中岡宏子, 戸髙恵美子, 瀬戸博, 花里真道, 森千里.
新築住宅のリビングルームと寝室における室内化学物質濃度及び臭気とシックハウス症候群様症状との関係.
第22回日本臨床環境医学会学術集会. 東京都港区. 2013年6月8日. 一般演題:004.

関純枝, 戸髙恵美子, 中岡宏子, 渡邉応宏, 森千里.
妊娠中のコレステロール値と出生児の成長後の動脈硬化との関係を調べるための妊婦の現状報告.
第2回日本DOHaD研究会年会. 東京都新宿区 2013年6月8日.一般演題:18.

山本緑, 森千里, 羽田明.
エコチル調査千葉ユニットセンター 参加者理解度アンケートによる調査説明方法の妥当性評価.
日本人類遺伝学会第58回大会. 宮城県仙台市. 2013年11月22日. 一般ポスター:P94.

中岡宏子, 松下和彦, 瀬戸博, 戸髙恵美子, 花里真道, 森千里.
シックハウス症候群予防のための「化学物質敏感度チェック」の開発.
平成25年室内環境学会学術大会. 長崎県佐世保市. 2013年12月5日. ポスター講演:P-19.

Hanazato M, Suzuki N, Koga C, Otake M, Watanabe M, Todaka E, Yamamoto M, Nakaoka H, Mori C.
Relationship between seafood intake, residential area and blood PCB level among pregnant women in Chiba Prefecture, Japan.
第16回環境ホルモン学会研究発表会. 東京都文京区. 2013年12月13日. 口頭発表:セッション-4-E-6.

山本緑, 森千里, 羽田明.
千葉におけるエコチル調査参加妊婦およびパートナーの喫煙状況.
日本疫学会第24回学術総会. 宮城県仙台市. 2014年1月23日-25日.

【その他の講演】

山本緑.
ちばエコチル調査の現状報告.
第15回千葉大学予防医学センター市民講座:最近の子どもの環境と健康との関係について. 千葉県千葉市. 2013年7月7日.

山本緑.
疫学研究とGMRC.
日本人類遺伝学会 第6回GMRC制度講習会. 東京都中央区. 2014年3月8日.

【受賞歴】

中岡宏子, 瀬戸博, 戸高恵美子, 花里真道, 森千里.
臭気閾値比を使用した新しい室内空気質の評価方法の提案.
平成25年度室内環境学会学術大会大会長奨励賞(口頭発表部門). 長崎県佐世保市. 2013年12月5日. 口頭発表:B-03.

報道

【新聞】

森 千里
「鷗外と脚気」ひ孫の目で
読売新聞,2013年4月1日

予防医学センター
ちばエコチル調査:環境と子供の健康 国、14自治体妊婦対象に/千葉
毎日新聞,2014年2月20日

【テレビ】

予防医学センター
NHKニュース,母の生活が与える子の健康への影響調査
2014年1月21日

【その他】

森 千里
今、改めてきちんと知りたい環境ホルモンの現状とこれから。
雑誌ターザン639号,2013年11月28日

2012年度

研究論文・書籍
【査読論文】

英文

Miyaso H, Nakamura N, Matsuno Y, Kawashiro Y, Komiyama M, Mori C.
Postnatal exposure to low-dose decabromodiphenyl ether adversely affects mouse testes by increasing thyrosine phosphorylation level of cortactin.
J Toxicol Sci. 2012. 37(5):987-99. PubMed PMID: 23038006.

和文

小高陽子, 戸髙恵美子, 瀬戸博, 齋藤育江, 中岡宏子, 花里真道, 森千里.
植物油添加漆喰から揮発するアルデヒド類によるシックハウス症候群誘発の可能性.
臨床環境医学. 2012年12月31日. 21(2):192-200.

花里真道, 鈴木弘樹, 栗生明, 森千里.
住空間における総揮発性有機化合物濃度の予測と計画支援ツールの開発.
日本建築学会環境系論文集. 2013年1月. 78(683):81-8.

【その他学術論文・プロシーディングス】

森千里, 中岡宏子, 花里真道, 戸髙恵美子.
シックハウス症候群予防のための化学物質感受性セルフチェック「ケミレス必要度テスト」の開発:環境改善型予防医学による化学物質問題対策の実践例.
臨床環境医学. 2012年07月15日. 21(1):1-8.

森千里.
へその緒から環境が伝わる:胎児の環境.
癒しの環境. 2012年11月30日. 17(2):14-25,39.

講演発表(シンポジウム・学会発表・市民講座等)

【招待講演】

Mori C, Todaka E.
Environmental Contaminants and Children’s Health-for future generations.
Uppsala University, Uppsala blir på Arbets-och miljömedicin. Uppsala, Sweden. 2012.6.14.

【受賞歴】

中岡宏子.
優秀原著論文賞. 第21回日本臨床環境医学学術集会. 2012年6月2日.
(Nakaoka H, Todaka E, Hanazato M, Saito I, Seto H, Chemiless Town Project Consoritium, Mori C. Total odor threshold ratio can be a new method to evaluate indoor air quality.
臨床環境医学. 2011年. 20(2):115-22.)

報道

【新聞】

予防医学センター
化学物質の室内濃度総量抑制を
毎日新聞,2012年7月30日

森 千里
「環境ホルモン問題と出生コホート」テーマに将来世代への健康影響に注目し論議
教育医事新聞,2012年11月25日

森 千里
ひと:鷗外が脚気予防に取り組んでいた真実を知ってほしい
教育医事新報,2013年2月16日

予防医学センター
子どもの症状の対処学ぶ
房日新聞,2013年2月2日

【その他】

森 千里,戸髙 恵美子
千葉大学のケミレスタウン・プロジェクト
Medical Tribune,2012年10月25日

千葉大学予防医学センター Copyright(C) 2010 Center for Preventive Medical Sciences,
Chiba University. All rights reserved.