HOME  >   地域連携予防医学研究

地域連携予防医学プロジェクト

予防医学研究に総合的に取り組んでいる予防医学センターと住民の健康増進や保健指導等に取り組む自治体が連携し、都市型住民を対象としたコホート研究を推進すると共に、健康増進のための介入手法の検証を行い、予防医学普及による疾患発症の低減をめざしています。

予防プロジェクト

フレームワーク

  自治体 予防医学センター 地域住民
リソース 健診データ
レセプトデータ
専門的な解析技術  
実施事項 健診データ収集・管理|大学へ匿名化済みデータの提供|予防医学を推進する人材ネットワークの形成 長期追跡調査の推進|自治体の健診データ等の解析、およびそれを利用した予防医学推進の提言|予防医学推進の核となる人材の育成  
メリット 効果的な健康指導| 効率の良い保健行政 → 医療費の低減 長期追跡調査の10年前倒し効果|健康データ・試料の収集コスト・時間の軽減 健康的な生活が送れ、医療費支出が低減|効果的な健康指導|生活習慣病になりやすい因子を保有していた場合には、事前に予防ができる
ページ上部